1839472 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

極上生徒街- declinare-

PR

プロフィール


矩継 琴葉

サイド自由欄

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009.02.11
XML
カテゴリ:アニメ全般

サイン

※あらすじ
対ブルーマーズ二回戦。リカオンズは、ランナーを出すものの2度にわたるバントと盗塁の失敗で得点できず、逆に二回にして5点のビハインドを許してしまった。この試合を落としたら年棒を半減される三原は、さすがに元気がない。

そんな中、自ら志願してマウンドに立った東亜は、サインが全て盗まれている、とキャッチャーの出口に告げて警戒するよう求めた。ただ、東亜自身も、敵がどうやってサインを盗み、どんな方法で選手に伝えているのか分からない。東亜は、こちらの動きを悟られないようにしながら、児島、出口の3人だけで敵のヤミ信号を探し出そうしたが、敵はなかなか尻尾を出さなかった。

七回表、リカオンズは、ランナー1、2塁でバッターが児島という反撃のチャンスを迎えた。ここで、ブルーマーズ監督の天堂は、リリーフに児島の苦手な吉国を立てる。この場面で、敵のヤミ信号を解明しようと考えた東亜は、スクイズのサインを出すよう三原に頼んだ。サインを受けて打席に立った児島は、スクイズを三塁側に転がすファール。この後、ブルーマーズ側のヤミ信号が出るとにらんだ東亜は、出口と共に懸命に探すが、やはり分からない。

カウントが1-3になった時、三原は、東亜の頼みで、再びスクイズのサインを出した。だが、事前に東亜から連絡を受けていた児島は、スクイズ封じで投げてきた吉国の低めのストレートを強振。ボールは、スタンドに一直線に飛び込み、点差は2点。東亜は、点差が縮まることで、ブルーマーズ側のヤミ信号が出る確率が高くなり、その秘密を解明するチャンスが増えると考えたのだ。

 

 

初回から先発がボコボコに打たれたのを見かねて

渡久地が2回から早くも登板

 

サイン交換がいらない渡久地なら盗めないですからね

 

で、攻撃の際には盗んだサインがどこから野手へ伝わっているのか探しますが

 

サッパリ分らず

 

点差が開いたのでやめた可能性があると判断

 

そこで児島を使いカマをかけ

 

再度、サインは確かに送られていることを確認

 

そしてそこから嘘のサインを発信させ、意図的にねらい球を投げさせて児島がホームラン

 

 

これで2点差に迫り

 

再びヤミ信号を発信させる準備が整うでした

 

 


まぁ、バカでもサインを盗めば打てるので 

 

逆にでたらめのサインを出して裏をかくことも出来ますよね

 

 

 

上手い例えがパッと浮かばないので例え無しで語るけど

 

 

ようは、サインを盗むと言うことは

 

 

100%ないし、8~9割、信じられますよね

 

となると、サインが盗まれていると分れば、逆にそれを利用できる

 

同じ常識を持っているのならば

 

セオリーとして狙ってくる場所が分るから

 

わざとサインを出し、欲しい球を要求できる

 

サインは盗まれているけど、逆に主導権を握れるわけですよ

 

 

つまり

 

A(低め狙い)→バント(嘘のサイン)→B(バントと信じる)→低め→A(ねらい球)→バッティング

 

というわけ

 

 

 

 

しかしビジターとはいえ、どこからでもサインを送れそうなだけに探し出すのは難しいかもね

 

 

売り子にも出来るし、応援歌でも出来るんじゃない?w

 

バックネット裏も怪しいけど

 

それじゃキャッチャーには伝わらないんだよなぁ

 

 

だったら、誰か1人に伝えて、そいつが別のヤツに教えてという細かい伝達を行なってる可能性も

 

 

む~難しいに







最終更新日  2009.02.11 19:30:31
[アニメ全般] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.