1840001 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

極上生徒街- declinare-

PR

プロフィール


矩継 琴葉

サイド自由欄

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009.03.11
XML
カテゴリ:アニメ全般

城岡の弟が犯人だったとは

※あらすじ
ブルーマーズによって盗聴されていると気付いたものの、東亜は、肝心の盗聴器の隠し場所が分からなかった。東亜のサインが必ず監督の三原経由で出されることを考えると、その周辺が怪しいことになる。三原のユニホームに隠されている可能性がほとんどない、と考えた東亜は、試合中ほとんど動かない三原の居場所、ベンチ隅の定位置周辺が怪しいとにらんだ。

ところが、三原をその定位置から動かしてサインを出させても、リカオンズ側の作戦は、ブルーマーズにツツ抜け。追いつめられた東亜は、もう一度パターンを変えようと三原に近づく。その時、東亜は、ついに盗聴器の隠し場所に気付いた。そして、自分の推理を証明するために、東亜は、ベンチ前のボールの箱をひっくり返した。

たくさんのボールが転がり出るのを見た主審は、東亜に注意した。ボールボーイがグラウンドに転がったボールを拾い集める。東亜は、この時、再びサインの変更を指示。それまで相手打線に苦しめられていたリカオンズの投手・西岡は、相手打線を三者三振に討ち取ってしまった。

ブルーマーズ側の盗聴器は、三原が定位置から動いても、一緒にくっついて動ける場所――つまり三原に怪しまれずに近づけるボールボーイのポケットの中に隠されていたのだ。東亜から話を聞いた児島は、すぐにボールボーイを調べようと告げる。だが、東亜は、この盗聴器を逆に利用して反撃しようと提案。作戦は、すぐに実行に移された。五回表、リカオンズは、ブルーマーズの盗聴のウラをかく作戦で、反撃を開始して――。

 

 

盗聴器とかもう球界追放レベルだよw

 

でもまさか、ボールボーイに持たせていたとは

 

確かに、ベンチのすぐ脇にボールボーイや、ガールがいるけど

 

気付かなかった

 

 

監督と選手のズレを利用するとは渡久地も考えましたね

 

監督シカトしていれば、裏をかけるんだから

 

 

ズレといえば、相手の監督

 

 

何も知らない?のか悲しい感じ

 

 

選手全員悪いことしてるのに……

 

 

でもオーナーの目的は、試合内容ではなく

 

 

あくまで渡久地を潰すことにあるようで

 

 

まだ動きが見えないけど一体……

 

 

次回は、インチキナックル攻略ですね







最終更新日  2009.03.11 23:22:12
[アニメ全般] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.