000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

極上生徒街- declinare-

PR

プロフィール


矩継 琴葉

サイド自由欄

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009.03.11
XML
カテゴリ:はじめの一歩

泥仕合の青木w

※あらすじ
いろいろなジムの若手ホープの噛ませ犬役を引き受けることで、ボロボロになりながらチャンスを掴み、這い上がって来たナオ。だが、相手が可愛い後輩だと知った一歩は、なかなか意気が上がらない。そんな様子を見た記者の飯沼は、ナオが一歩を目標に頑張って来たことを明かして奮起を促した。
鴨川会長の分析によると、不器用なファイタータイプのナオは、玉砕覚悟で接近戦を挑んでくる。これまでに、ごくまれに、噛ませ犬が逆に噛み付くケースもあるのだ。必殺のデンプシーロールは使えないが、鴨川は、全てにおいて分がある一歩に、チャンピオンとして真正面から受けて立つよう指示した。
計量で一歩の顔を見たナオは、握手を拒絶し、ベルトを奪い取る、と告げた。噛ませ犬の勝利予告に、取材に駆けつけた記者たちは、驚きの声を上げる。一歩は、ヤル気満々のナオに、本気で戦うことを誓った。
翌日、試合を前に、控え室のナオは、一歩が本気で戦ってくれると知り、嬉しさを噛みしめていた。一歩の後ろ姿を見失いたくないナオは、いつか対戦することを夢見てボクシングを続けてきた。ナオがボクサーとしての寿命が短い“打たれるボクシング”を選んだのは、ベストの状態のうちに憧れの一歩と戦うため。ナオは、この試合を自分の引退試合と考えていた。
先輩の一歩に最高の自分を見せる――。会長の八戸もあっけに取られるほどの気迫でリングに向かうナオ。地元から駆けつけてきた応援団の声をバックにリングに立ったナオは、チャンピオン・一歩の入場を待った。

 

セミファイナルの青木はお馴染みの泥仕合

 

でも言い換えれば、それが売り的なところあるからなぁ

 

 

さてハンマーナオ戦開始直前です

 

 

計量する数日前までは、迷いがあった一歩でしたが

 

 

ゲロ道の苦労、憧れの存在へ近づくために茨の道を歩いてはい上がってきたことを知り

 


迷いを払拭

 

一方のゲロ道は、強気な発言を繰返していたものの

 

精神面はあの頃のまま

 

この試合は、一歩に自分の力を見て欲しいために出した不器用な答えでした

 


力の差は明白のような気もしますが

 

どんな試合を演じるか

 

 

いや、見せるのか

 

 

以下次回







最終更新日  2009.03.11 23:29:08



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.