1833026 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

極上生徒街- declinare-

PR

プロフィール


矩継 琴葉

サイド自由欄

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009.06.17
XML
カテゴリ:はじめの一歩

いや~面白かったw

蒼天航路といい、この時間帯は神だw

 

※あらすじ
鷹村が、王者・ホークに挑んだ世界J・ミドル級タイトルマッチの第7ラウンド。大観衆が鷹村の巻き返しを期待する中、ホークは鬼の形相で攻勢に出た。ホークの変則パンチの連打を顔面に受けた鷹村は、意識が吹っ飛んで防戦一方。ホークは、ここぞとばかりフィニッシュを決めようとパンチを繰り出した。

ところが、意識を超える野生の本能が甦った鷹村は、突然猛反撃を開始。壮絶な打ち合いの後、相手の懐に飛び込んだ鷹村は、ホークのリバー〈肝臓〉、テンプル〈コメカミ〉、アゴといった急所のみを鋭いパンチで狙い始めた。そして、鷹村のアッパーをアゴに受けたホークは、たまらずマットに膝から崩れ落ちた。

カウントを始めるレフェリーの指示でコーナーに戻った鷹村は、ようやく意識を取り戻した。自分が相手をダウンさせたと気付いた鷹村は、さらに闘志をむき出しにする。ホークがカウント8で立ち上がるや、鷹村は、KOを狙って突進。だが、第7ラウンドは、そこで終わった。

誰もが試合の終了を予想した第8ラウンド。鴨川から赤い手形を背中に付けられた鷹村は、「王様になって帰って来る」と告げ、笑みさえ見せながらリング中央へと進んだ。

このラウンド、ホークは、最初から怒涛のラッシュを見せた。この猛打の嵐をガードでこらえた鷹村は、右クロスで応える。互いの連打の後、鷹村のストレート、アッパーが立て続けにホークに命中。ホークは、上体反らしからのパンチで反撃する。

そんな中、鷹村は、相手の上体反らしからのパンチに、強烈なカウンターを合わせ、再びホークをリングに倒した。一歩をはじめジムの仲間たちが、渡、卓ら兄弟が、大観衆が鷹村のKO勝ちを祈る。王者の意地を見せるホークは、カウント8で立ち上がるが、鷹村の猛打を受けて再びダウン。ついに、勝利の女神は鷹村に微笑み、新世界チャンピオンが誕生したのだった。

 

ヒールが見るも無惨な姿でやられるってここまで爽快だとはw

 

まぁ見せ方も凄かったですけど

 

ストレス解消ですw

 

いや~マジで面白かったw

 

まだ続くのか?!と時間を見ながら興奮しながら見ていたので余計にw

 

あぁ~面白かった。







最終更新日  2009.06.17 21:21:30



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.