000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

矢板 朝ノ練習会

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

管理人の部屋

2018.12.31
XML
カテゴリ:管理人の部屋
こんにちは

2018年12月30

今年を締めくくりとしてロングライドに出かけてきました。
今年の始動はブルベだったので〆もロングで

目的地は 千葉県 銚子の犬吠埼灯台

出発はAM4時
茨城県の岩瀬駅から つくばりんりんロードの始まりの場所

もちろんですが真っ暗

rblog-20181231095448-00.jpg


土浦までは40km静まりかえったサイクリンロードを南下
とりあえずライトはVOLT400一つで視界良好

20km付近でいつもの筑波山口
バス停併設なのでライトが眩しい

rblog-20181231095448-01.jpg


早くも事件です!
ボトルの水凍ってます。–5℃では仕方ないのですが


rblog-20181231095448-02.jpg

2時間ほどで土浦に到着
朝日が顔を出し始めましたが今が一番寒い。

霞ヶ浦を反時計回りに
今回「カスイチ」にはこだわらないので最短ルートで
ただ途中は湖畔を走ってみた

rblog-20181231095448-03.jpg

後に続くのですが今は無風で穏やかです


霞ヶ浦に別れを告げた後は、初の利根川
情報が少ないので不安でしたがご立派なサイクリングロードがありました。

ど平坦で永遠と海を目指す

rblog-20181231095448-04.jpg


これもまた2時間ほど
すごく長く感じたけどやっと目的地の犬吠埼灯台に到着
正直灯台とお土産屋さんしかないので写真だけで撮影して退散

今思えばなんでここを選んだのだろうか?

rblog-20181231095448-06.jpg


rblog-20181231095448-07.jpg


この後はお待ちかねの復路
(辛すぎて写真少ないです)
覚悟してましたが向かい風です

利根川にから外れてまた霞ヶ浦方面へ潮来を目指す!

ここが最初の難関
風を遮る物もなくひたすら風を受ける

全然進まないし脚が削られる

思わずインナーに入れてクルクル回す事に
平均速度は20km/hまで落ちてたけどこれが限界

潮来から霞ヶ浦東岸を北上して玉造の道の駅まで

ここは横風だったがペースは上げられず
相当疲弊して道の駅到着!
空腹に耐えきれず通称「下手物バーガー」前回はナマズバーガーでしたが今回は鴨で

rblog-20181231095448-08.jpg

正直味覚えていない
そのくらい消耗してた。

ここから土浦までが最後の試練
向かい風に正面から挑みます。
最初は霞ヶ浦沿いを走るが…

マジ無理

全然進まない!

呆れめて住宅の方に避難
少しはマシになるが辛いのに変わりなし!

ようやく土浦駅に到着
駅中にできたサイクルステーションに立ち寄り物色
自転車に優しい雰囲気で楽しめました。

rblog-20181231095448-09.jpg


土浦からは岩瀬駅までラストスパート
と言ってても40km
誤差のような距離に思えましたが辛かった〜
日も沈み気温が下がってきたせいで寒い!
なんか朝より寒くないかい!

たぶんエネルギーもエンプティで自家発熱も無かったのだろう
ぐったりして無事完走しました。


rblog-20181231095448-10.jpg

最後は近くの温泉で冷えた体を温めて
事故を起こさない様にしっかり帰りました



今回のまとめ
走行距離263km で自己最長距離更新

辛いを連発していますが終わってみればいい経験かと
2019年に目標にしている事に何か光が差した気がします。
来年は
フレッシュさんか?
400kmブルベ?
太平洋ー日本海横断

色々忙しそうです。

それではまた来年もよろしくお願いします。
良いお年を!






Last updated  2018.12.31 09:54:52
コメント(0) | コメントを書く


2018.11.18
カテゴリ:管理人の部屋
栃木県民の皆さんはご存知であろか

県北に有料道路が2本作られようとしていた過去を…
1本はご存知「日塩もみじライン」塩原と日光を結ぶ道路だ

そして2本目塩原と那須を繋ぐはずだった「塩那道路」である

昭和30年代 空前のスカイラインブームに乗っかり数十億円の予算を投じてその計画は始まったが、開通までもう少しの所で管理費含めた財政難により白紙化 いわゆる廃道化が決定したである


巨大な負の遺産がある事を知り
あるブログに出会い 「塩那 」に興味が湧きすぎてしまった
しかも自転車で体感したい!
そんな勢いだけて挑んだ塩那ヒルクライムのお話です



みなさん手元の地図を見てみよう!
那須塩原温泉付近ですよ!
ローディーには見逃せない道が見えるではないか!
海外の峠を思わせるつづら折り!

未だに266号線として地図上には健在している

なんと途中(8km)までは今でも行けるのだ


rblog-20181118195949-00.jpg

実際に下から見た写真がこれだ

山が刀で斬られたみたいに道路がはしっている

これ自転車で登るのか…

rblog-20181118195949-01.jpg

先に言っておくが塩那は11月30日までの開通で以降はゲートが閉ざされ冬眠に入る

rblog-20181118195949-02.jpg


この看板から急に来た 登り
斜度は8%くらい、無理せず一番軽いギヤでクルクル登る

路面はビックリするくらい綺麗で割れも少ない
ただ落ち葉が沿道に積もっている。

rblog-20181118195949-03.jpg

たまに踏む落ち葉のガサガサ音も心地よく
勾配を忘れるほど気持ちがいい。

標高を上げてくると始まるお待ちかねつづら折り!
渋峠ほどではないが、福島の吾妻スカイラインを思い出せるこの感じ上がらずには居られないでしょ!

rblog-20181118195949-04.jpg

吾妻と違うのは、車いや、人すら居ない事
車の音もなく自分の息とロードノイズ、チェーンの音だけが聞こえる贅沢にも独り占めできるのが塩那の特権だ
ただ熊だけは出ない事を祈っていた

中腹くらいのつづら折りも萌える

rblog-20181118195949-06.jpg

勾配は更に厳しくなりそろそろ頂上を感じられる

途中に悲しく斜めになった看板を発見
現在地からして相当長い道路を作った事を改めて認識できる
rblog-20181118195949-07.jpg

やはり頂上ふきは景色がいい
あの八方ヶ原をここで見れるとは
大パノラマです

rblog-20181118195949-09.jpg




頂上はこんな感じで駐車場と奥にゲートがある
ここまで期間内にこれるポイント


rblog-20181118195949-10.jpg

手だけゲートを超えてみた

rblog-20181118195949-11.jpg

もう廃道化が始まっています。
しみじみとゲートの先を眺めてみましたが何もないので下山します。

耳をすませるとバイクの音が聞こえた
物好きも居るんだな〜すれ違うまでは気を付け下り
その後はハイペースで
ダウンヒルは苦手ですが、久々に快調に下れた!

温泉まできて振り返ると
消える事ない傷を負った山がある
ヒルクライムには最高だがなんか切ないね

最後の締めでステッカー購入しプロジェクト終了です


負の峠 塩那 イイね






Last updated  2018.11.18 20:49:40
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.