265065 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

戸締り役 工場長 tori の BYWAY PARADISE

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Recent Posts

Comments

戸締り役 工場長 tori@ Re[1]:ヤマハ トレール HT90 (07/23) New! >HONDA どーも~、元気に走ってる様です…
HONDA@ Re:ヤマハ トレール HT90  すごく綺麗に仕上がりますね。 わたすの …
戸締り役 工場長 tori@ Re[1]:春きたり(04/28) >ホンダさん コメントさんきゅうです。 …
ホンダ@ Re:春きたり(04/28) お待ちしてました。 色々ご多忙、又大変で…
戸締り役 工場長 tori@ Re[1]:暮れの御挨拶(12/31) >HONDAさん こちらこそ、いろいろお世話…
HONDA@ Re:暮れの御挨拶(12/31) 今年はタイミングよく、トリさんと初キャ…
HONDA@ Re:テント他、お試しツーリング 9月18~19日(09/27) お疲れさまでした。 薄暗い中でしたが、3…
戸締り役 工場長 tori@ Re[1]:2016 お盆休みツーリング 8月14日(08/27) >HONDAさん 確かに天気は最高でした、崩…
HONDA@ Re:2016 お盆休みツーリング 8月14日(08/27) 恒例ツーリング行けて良かったですね 天…

Category

Archives

2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

枝道、抜け道、山の道
おにぎり 戸締り役 工場長 tori の バイウェイパラダイスおにぎり


幹線の流れに乗せられてガンガン走ることに、
疲れを感じることありませんか?
トコトコとマイペースで枝道を繋ぐのもいいもんです。
わざわざ迂回して里山をめぐるのも楽しい。
林道に吸い込まれるのは、土と水と緑の香る道が心地よいから。
知らずに通り過ぎてた道は地図にタップリあるし、
まだまだ楽しめそ!

cx_yamaharuka_4

双葉 P R O L O G U E 双葉

「PRIBETA PARADISE BBS」の他アンダーグラウンドに存在した掲示板「YAMAPON SQUARE」など、

     過去の記録も含めた整理を、ブログで公開しなが進めることにしました。

         現在を基点に過去へ遡り、そして未来へ繋ぎましょ。


おにぎりはこだけ_320鵡川でシシャモ_320シシャモ&おにぎ_320缶コーヒー_320


★★★★★★ ご案内 ★★★★★★

貼ってちょうだい!話してたもれ!
Photo BBSです。
(クリック)

クローバーBYWAY PARADISE BBSクローバー
2017年07月23日
XML
カテゴリ:HT90
ひび割れが酷く今にも破裂しそうなタイヤは、もう同じものが手に入らない。
いわゆる「キャラメルタイヤ」、、もう死語なんでしょうかね?
パッと見よく似たものを選ぶ。

フロント:SHINKO シンコー:SR241 【2.75-19 43P】
リヤ:ダンロップ TRIALS UNIVERSAL F/R 共用 3.00-18 4PR WT

リヤの18インチはすでにメーカーで販売終了となっており、
残り少ない流通在庫をネットオークションで辛うじて入手できた。



タイヤ交換となれば、当然チェーンやスプロケットなど関連部も整備となり、
温水高圧洗浄+洗剤でも落ちなかった長年放置された油と土の塊を、
スクレーパーやワイヤーブラシで削る様に落としていく。
すると、隠れていた不良部分が、次々に見えてきてしまった・・(^^!
やっぱりか、、チェーンだめ、スプロケットだめ、、まあ、これぐらいはしかたない、
が、これもダメ、あれもダメ・・
ここもヤバソ、なんかヘン、と次々に・・
当然か、この古さですもの。
こうなたら、もうバラバラにしないと気持ちが悪くて、人様の命を預けられません。



で、こうなりまして、スイングアームは既にブラスト済み。

なんとも無さそうだけど、実は疑わしいところってのがありまして、視て回ります。
エンジンの、フラマグもポイント(コンタクトブレーカー)を使ってるので接点の点検。
古いものは、オイルシールが危険なことが多いので、とステーターを外してみると、
案の定、、クランクシャフトのオイルシールが抜けかかってマスタ‥クワバラクワバラ・・

ミッションの出力軸のシールも劣化(変質?)してユルユル。
リップからのオイル漏れが心配などというレベルでは無く、抜けそうなのであります。
なので外気に触れていたオイルシールは全部交換します。



肝心のシリンダー。
始動性良好だったけれど、あけてみたら、んん~。



ピストン&リングは、手に入りません。
輸出されなかったモデルなので、海外サイトでも見当たらない。



取り切れない深めの傷があるけれど、ピストンリングが無傷なのでOK。



シリンダー壁は軽くホーニングして、外をDブラスト後に耐熱塗料(黒)を塗布。
ヘッドはWブラスト後に耐熱塗料(透明)を塗布。



キャブレターはケミカル処理で綺麗になっていたけれど、マスキングしてWブラスト。



完全に艶消しの肌が、アルミらしい綺麗な肌になりました(^^)



ウエット(W)ブラスターの記事と重複ですが、その他も。



分解前、敷地内での軽い試運転で、クラッチも異状が無いので開けずに、
マスキングして丸っこwブラストで、クランクケース廻りも綺麗になしました。
シリンダーを組んで、エンジンはひとまずココでおしまい。



その他、諸々。



ライトステーはクロムメッキなので剥離目的じゃなければブラストは避けたいけれど、
ここまで錆びていれば話は別。



左右でビフォー&アフター。
いや、アフター&ビフォー、でしたw



メッキ層が無くならない程度に加減してやれば、すりガラス状でも錆よりはマシですな。
このあと、各メッキ部品を外注にて再メッキするかどうかは、依頼主との相談の予定。










Last updated  2017年07月23日 12時31分57秒
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.