012186 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

fairy-cardのプライベートDiary

2014.11.05
XML
カテゴリ:母の介護日誌

毎年、秋に個展をしていて、ここ何年かは札幌市資料館でやっています。
資料館は会場が2階でエレベーターがないので、車椅子のお母さんには来てもらえないたと思い込んでいました。
以前職員の方に伺った時は、職員で車椅子ごと持ち上げて上げると聞いたことがあったのですが、
何年か前の改修後、電動リフトが事務所前の階段にできたのは知っていました。
ただ、使っているところを見たことがなく、車椅子のお母さんが使えるものなかどうかピンとこないまま、
連れてくるという発想がわかずに過ぎていました。
今年、何となくこれを使えば会場にも来もらえるかなと思い立ち、
子連れ出勤ならぬ、親連れ出勤が実現したのです。
車椅子からこの電動リフトの椅子に移ることさえできれば意外と簡単に上がることができ、心配することはありませんでした。
上がるときは手をつなぎ、お母さんは怖いということもなかったようです。

   IMG_2016.jpg 


最後の日曜月曜は雨になりそうだったので土曜日に。
その日は、まずは道庁前に新しくできた赤れんが広場に行って、イチョウ並木の中で写真撮影。
北大のイチョウ並木には2回くらい行ったことがあり、北大は並木道も長くて満喫できるけれど、
ちょっと遠かったし、道庁前のイチョウがきれいなことも知っていたので、一度連れて来たかったのです。
ちょっと散り加減ではあったけど、道庁バックのイチョウ並木は抜群の撮影スポットでした。

IMG_2012.jpg
赤れんがテラスで食事した後、道庁を抜け、ブラブラと大通公園の後半あたりを通って紅葉も見ながら資料館へ。
私は在廊前の2時までで、何となく一仕事終えた気分。

それでも、無事2階に上がり、介護が始まって以来はじめて私の個展会場を見てもらうことができました。
一通り作品を見てもらい、それでも2時から5時まで3時間は長くてかわいそうだったのですが、
すいた時に車椅子おして他の会場も見てこられました。
IMG_2015.jpg  IMG_2013.jpg    
ここはいくつかのお部屋で数グループの展示が常時あるので、いつも個展の時は他も覗いてみます。
でも一人だとサーッと通り過ぎることが多く、お母さんと一緒だと私もけっこうじっくり見ることができました。

今年の開催は、例年より遅く11月にかかる時期となってしまい、
帰る頃にはすっかり暗く、夜空がきれいで思わず夜の資料館を撮ってしまいした。
IMG_2017.jpg
 
紅葉は多少終わり気味だったので、少し早めの時期に取れた来年、きれいな紅葉の中また連れて来たいと思います。

 







Last updated  2014.11.05 23:46:04
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.