1697363 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

南カリフォルニアの青い空

2021.06.30
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


 今年50歳になった実子ブルックが2年生の頃だから、もう何年前になるだろうか。学校のサマーキャンプで、一週間ばかり親元から離れるプログラムがあった。たしか、科学の先生が計画したもので希望者だけだったが、ほぼクラスの全員が参加したように覚えてる。

 植物探検(食べられるもの、毒物のみわけかた)、石ころの勉強、星座の勉強、方角の勉強、昆虫、爬虫類の見分け方みたいな事が含まれていたと思うが、その中には「家族にハガキを送ろう」という時間があったので、家族も楽しみに待っていた。他の父兄達は、「早く家にかえりたい」「つまんない」「・・・をたべたいけど、がまんしてる」みたいな文句を数行しか書いてこなかった、と笑っていたが、驚いた事に、ブルックのは小さい字で、ぎっしり書いてあって、書ききれない部分は宛て名を書く側にも延長していた。

『毎日興味あることをしてる。乗馬したり、キャンプファイヤーで歌ったり、踊ったり、川で泳いだり、暗くなると肝試しもあって、僕はそれが一番好きだ』と始まって、どんなものを食べてるとか、ポイズンアイビー(ツタウルシ)の見分け方もならったよとか、人工呼吸のやり方も覚えたから家族をたすけられる、とか細かく書いてあったので、大体なにが起こっているかわかった。その中に一つだけ「マミーマミー」と毎晩泣いてばかりいてうるさいやつが、一緒のキャビンにいるのが、玉にきず。みたいなことも書いてあった。まさか、その子デレックが私の第二の息子になるとは想像だにしなかった。

 デレックは、両親がドイツから移民してきたので、家ではドイツ語も話していたようだ。金髪のオカッパで、図体は大きかったのに弱虫で皆からいじめられていたらしい。らしい、というのは同学年でも同級生ではなかったからだ。その内に、カブスカウトで一緒になったが、いつの間にかやめてしまったし、友達もあまりいなかった。

 それから中学になるまで、たまに顔を合わせた程度で、両親の名前もしらなかったが、中学PTAの会長になった事で、人々が色々な問題を私に相談するようになった。その一つが、『イジメ』であった。

 他の生徒のお弁当は取り上げる、給食用の金をまきあげる、野球帽をとりあげて崖の下になげてしまう、いいつけるとひどい目にあわせるぞ、という生徒が今、学校中で問題になってるのだというのだ。それが、よりによって、あの弱虫デレックであった。

 息子に聞いたら、「僕にはちかよらないから、よく知らない」といったが、その悪名高きデレックが、ある日我が家の玄関をノックした。
(続く)
 






最終更新日  2021.06.30 08:48:00
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Hirokochan

お気に入りブログ

花紀行(6235)-オセロ… New! 宮じいさんさん

創作イタリアンで深… New! 松島タツオの楽しい家庭料理 札幌在住さん

ナミテントウ_日差… New! いねねさん

ジャングル・ナイト… ナイトサファリさん
ちいさなしあわせ shachieさん

コメント新着

Hirokochan@ Re[1]:写真日記9月19日(09/20) maki5417さんへ ペティナといって、かな…
Hirokochan@ Re[1]:写真日記9月19日(09/20) maki5417さんへ ペティナといって、かな…
maki5417@ Re:写真日記9月19日(09/20) 人魚と言えば、映画の「スプラッシュ」を…
Hirokochan@ Re:ピーボディ―賞を獲得!!!!やったね!(06/25) いねねさんへ ありがとうございます。最…
いねね@ Re:ピーボディ―賞を獲得!!!!やったね!(06/25) Hirokochanさん_娘さんのピーボディー賞…

フリーページ


© Rakuten Group, Inc.