1783607 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

南カリフォルニアの青い空

南カリフォルニアの青い空

2022.06.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
父の日を祝う






今年の2月で、私は80才になった。毎年、母の日は祝っていても、父の日は
忘れがちであった。ひとつには、父は、私がうまれて、すぐに戦争に行ってしまったわけで、戦地から心身ともにボロボロになって帰国したころ、私は3才になっていたこともあって、父というより、知らないやせこけた叔父さんであったから、
「これが、お父様よ」と母にいわれても、こわくて母の背中にかくれてしまったくらいで、父にしてみたらショックであり、可愛げのない子だったであろうと思う。




父にしてみれば、その後うまれた私の弟や妹が可愛かったに違いない。
今にして思えば、PTSD (戦争のトラウマ)も手伝って、物凄い酒乱になり、子供としては、酔っ払った父の思い出の方が多いのだが、素面の時の父は、本当に、なんでもできるスーパーマンであった。

学校でも成績は一番うえだったらしく、兎に角数学、科学、国語、英語など
私の学校の先生より出来たと思う。海軍中佐であったから、天気の予報の仕方、潮の流れ、星の位置をコンパスで計って、航海する方法などを教えてくれた。もうほとんど忘れてしまったが、潮の流れを馬鹿にしてはいけないこと、つまり表面が穏やかでも、海流はちがう方向に向かってる事もある、
あれ海でも、安全に泳いで岸に戻る方法もある。。。。というのは、実際に体験して、助かっていて、「Happy 介護」にも、その考え方を人生に当てはめて書いた章がある。

戦後の物資難時代でも、大工道具があれば、ベッド、ダイニングセット、寝椅子、ベンチなど、次々につくっていた。電気の故障も直し、井戸のポンプが壊れると、「空気がもれないように、ここにゴムをとりつけるんだよ」と
その理由も教えてくれたので、電気、水道など自分でも直せるようになっていたことが、結婚後も前夫と基礎から家を建てるのに役立った。

人間はネガティブな事のほうをよく覚えているので、酒乱のイメージの父の方が大きかったのだが、数年前に英語で短歌の本を書いているうちに、父の事がかわいそうになって来ていた。「今にわかるよ」と言ってた言葉が、頭を横切り、その日から父の良い方を見るようになった。上流家庭に育ち、
「xxxxさんは、えらい、えらい。あなたは出世しますよ」と、実母にほめられて、家族の皆からも大いに期待されていただけに、負け戦で、夢が
全部潰れてしまった時にめちゃめちゃになってしまった、と思ったのだろう。今のように、精神医もふんだんになく、アル中は病気だという扱いはしない時代であったから、自分でコントロールするしかなかったのだろう。

我が家にいた、お手伝いさんと再婚して、素面になったり、また飲んだりの繰り返しであったらしいが、戦争さえなかったら。。。。と考えると実に不運な人であったと思うと同時に、この歳になってやっと父の悩みがよくわかってきた。

15年位、音信不通になっていたのに、ある晩父が夢に現れて「なかなおりしようよ」と、床に横たわったまま手を差し伸べて、私と握手をしたのだが、
その朝起きて、手にまだその感覚が残っていた時に、妹経由でもらった住所に15年降りで子供二人の写真をいれた手紙を速達でだした。翌週に、異母姉妹から速達がきた、「父はxx日にひろこ。ゆるしてくれといいながら、しにました」と書いてあった。私は父の死を同時に夢でみていたのである。

(下の部分んがぬけていたので、追加します)

その時に、父と私の強いスピリットの繋がりを感じ、全てを許した。
スピリチュアルな人は「死に花をさかせる」とか「なかなおり」をするらしいが、父と私はその「なかなおり」をしたのである。今では、すんなりと
父の日に感謝の心を届けている。



 父の父、私の祖父は東郷平八郎の従兄弟です。







最終更新日  2022.06.21 00:41:22
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

Hirokochan

Hirokochan

お気に入りブログ

花紀行(6487)-プリン… New! 宮じいさんさん

シオカラトンボ_オ… New! いねねさん

ニセコ産塩トマトで… New! 松島タツオの楽しい家庭料理 札幌在住さん

ジャングル・ナイト… ナイトサファリさん
ちいさなしあわせ shachieさん

コメント新着

Hirokochan@ Re[1]:スペイン紀行・12 ロンダの闘牛場(06/23) maki5417さんへ 日本にいても、北海道や…
maki5417@ Re:スペイン紀行・12 ロンダの闘牛場(06/23) 私もアルバカーキーに行った時タクシーに…
Hirokochan@ Re[1]:スペイン紀行・11 赤い土色(06/22) maki5417さんへ 何処に泊まるのが一番良…
maki5417@ Re:スペイン紀行・11 赤い土色(06/22) チケットに時間が指定されていたので、ほ…

フリーページ


© Rakuten Group, Inc.