2246980 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アウトドア~な温泉日記

江戸の戊辰・・・

さて戊辰戦争のもう一方の主役、徳川に目を向けてみましょう。

大政奉還を行った慶喜の狙いは何だったのか、

それは徳川を中心とした近代国家の設立です。


大政奉還の目的は内戦を避けて幕府独裁制を修正し、

徳川宗家を筆頭とする諸侯らによる公議政体体制を樹立することでした、

薩摩、長州はこれに対し王政復古の大号令を発し対立は鮮明になっていきます。


さて、この時、諸藩の考えはどうであったのか、

薩摩、長州は大衆、諸藩の支持を受け戊辰戦争へと向かっていったのでしょうか、

そうではありません、

諸藩の支持を受けたのは意外にも徳川の方で、今でいう民主主義による多数決、話し合いでは到底勝ち目はなく、

装備が比較的近代化されていた薩摩、長州は戦争に持ち込めればなんとか勝ち目はあるかもしれない、という状況になります。


話し合いでは勝ち目のない薩摩、長州は戦争がしたかったのです、

旧幕府側に挑発を繰り返し何とか戦争に持ち込んだのが鳥羽伏見の戦いです、

手段を選んでいる余裕はない、勝てば官軍を地で行ったのが鳥羽伏見の戦いで、あれは軍事クーデターに他なりません。


こうして力で政権を奪い取った薩摩、長州が軍国に傾いていくのは当然の帰結であったと言えるでしょう。

将来の流血の火種がここに生まれます、

この時生まれた手段を択ばない勝てば官軍の軍国主義はやがてアジアの各地を血に染めていきます、

力こそ正義の時代がこうして幕を開け、

戦争の火種はやがてアジア各国を戦火で焼き尽くしていくこととなるのです。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.