2287946 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アウトドア~な温泉日記

2019年09月02日
XML
さて今日で長かった暮坂・草津キャンプのお話も終わり、
最後は帰り道の温泉のお話。。。。
20190818(四万温泉3)

今回草津温泉での仮湯はリゾートホテル系を選び老舗旅館を避けたわけですが、
それはそういう風情を重視した老舗旅館系の温泉は最終日に予定していたからでしてね。

いくつか候補があったのですが、今回は帰り道の温泉は四万温泉としました、
20190818(四万温泉1)

四万温泉にはですね、現存する日本最古の温泉旅館と言われている温泉がありましてね。
それがこの積善館です。
元禄7年関善兵衛が開業したのがこの積善館と言われています、これが現存するもっとも古い温泉旅館と言われていましてね、
20190818(四万温泉2)

この積善館本館の建物はジブリの千と千尋の神隠しの「油屋」のモデルの一つになったとも言われてまして。
建物もさることながらこちらの浴室の一つ「元禄の湯」は昭和5年から使われている、最古級の歴史を持つ浴室でしてね。
まあこの機会に是非にと思いましてね。。。。
20190818(四万温泉4)

ということで老舗の風情ってのはこっちがかなり強烈なものですから、
草津では逆にリゾートホテル系の温泉を選択したわけでして。

今回のキャンプ帰り道の温泉候補はですね。
20190818(四万温泉5)

日本秘湯の会のお宿、三国峠の一軒宿「貝掛温泉」、それに八ッ場ダムの建設で川底に沈むため新源泉を掘削して引っ越した「川原湯温泉」、それにこの四万温泉でして。。。。
まあダム見物のついでに新源泉に入るか、なかなか行きにくい三国峠の山間にある貝掛温泉にするか、はたまた日本最古の温泉旅館、この四万温泉にするかという選択でして。。。。
まあそれぞれに興味のある温泉ですのでどこでもよかったのですが家族の希望で四万温泉になりましてね。。。。
20190818(四万温泉6)

それに合わせてそれぞれが印象に残るよう草津の温泉もチョイスしているわけでして、
ここで山本館とか奈良屋とか選んでしまうと、最後の積善館で印象がぼやける可能性がありましたので。。。。

まあ一応温泉がメインのキャンプの時にはですね、選ぶ温泉の組み立てというのもありまして。。。。
ましてやこの近辺は温泉はいくらでもある温泉天国、選択の余地はいくらでもあるわけですので・・・・
20190818(四万温泉7)

これは飲泉用の温泉成分分析表、飲泉許可が下りている温泉は飲泉用の温泉成分分析表の掲示が義務付けれれてましてね。
まあそんなに美味しい物ではありませんが。。。。
20190818(四万温泉8)

こっちは元禄の湯の温泉成分分析表、
泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物硫酸塩泉です。
まあ四万温泉はそんなに癖の強い温泉ではありません、もともと草津の上がり湯として利用された温泉ですのでね、
酸性度が強く癖のある草津の湯、湯ただれなんかを起こすこともありますので、こういった温泉で肌を整えて帰るわけです。
20190818(四万温泉13)

浴室は当然撮影禁止なんでホームページから拝借。。。
これが浴室の写真です、昭和初期まだ大きな浴槽が一般的でない時代、こうして複数の浴槽を転々と作ったのですね。
大正ロマンの残る時代、当時としてはとてもおしゃれな洋風の佇まい、これがあの外観写真の下の部分でしてね。
20190818(四万温泉10)

料金は1200円、まあ入浴料に拝観料がプラスされてるんでなかろうかと。。。。
元禄の湯は国の登録有形文化財に指定されています。

利用できるのはこの「元禄の湯」と「岩風呂」でしてね。
20190818(四万温泉9)

こっちが岩風呂の温泉成分分析表です、
で「岩風呂」は嫁はパスしました。。。。

ていうのがですね、まあこのブログにも温泉掲載するたびに「混浴」「混浴」言う人がいますが(笑)
この岩風呂、脱衣所は男女別なんですが中は一緒の「混浴」でして・・・・
私が利用した時にはカップルが一組ともう一人男性がおりました、
後から若い男性の集団が入ってきたのですが、入ったら女性がいるものですから、慌てて脱衣所にタオルを取りに行ってまして・・・・

混浴って男性の方もかなり気を使いましてね・・・・
あんまり見ちゃ悪いと思ってわざと視線を明後日の方向に外したりして。。。。
まあのんびり入るには男女別の方が良かったりしますね。

なんて言いますかこの自然と視線を外すってのが暗黙の混浴のマナーなんですがこれができない人も中にはいましてね、
湯の中でギラギラと目を輝かせて凝視するさまがワニに似ていることから、こういう人はワニと言われて敬遠されます。
ついでに脱衣所からの出入りの時なども視線を外すのが暗黙のルールで、これもできない人が多く、
全国の混浴を売りにした温泉場には紐で仕切ったり、高い衝立を立てたりして対策しています。

こうなるとですねもう古い温泉場の風情も混浴の風情もあったものでなく、そうまでして混浴なんて伝統は残さなくていいというのが現時点での私の考えで・・・・
まあこの積善館の岩風呂はそういう無粋なものはありませんが、ルールを守れない人が多ければそうなってしまうのも仕方のないことで。。。。

当然岩風呂の方も写真撮影は禁止なので写真はありません、
20190818(四万温泉12)
20190818(四万温泉12) posted by (C)ふぁみり~キャンパー
積善館はホームページにフォトギャラリーがありましてね、そこの写真は自由に使うことができます。

この積善館で今回のキャンプも終わり。。。。
20190817(草津温泉50)

もう忘れてると思いますがこれは草津の饅頭の老舗「松むら饅頭」の温泉饅頭・・・・
買ってあったんですね~~
20190817(草津温泉49)

温泉と言えば温泉饅頭ですから・・・・
温泉スイーツ(笑)
20190817(草津温泉51)

中もいかにも温泉饅頭な見た目でして。。。。

今日は四万温泉「積善館」のお話・・・

20190817(光君6)


ではまた・・・






最終更新日  2019年09月02日 23時00分09秒
コメント(14) | コメントを書く


PR

カテゴリ

フリーページ

カレンダー

コメント新着

お気に入りブログ

★祝!高安関と杜この… New! ilovecbさん

2020/08/08(土)・… New! 恭太郎。さん

津軽のふるさと 。… New! 悠々愛々さん

ひまわり 映画から5… New! tckyn3707さん

Go To シネマ New! にととらさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.