2258174 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アウトドア~な温泉日記

全102件 (102件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

日帰り温泉日記(下越編)

2019年12月31日
XML
さて年末最後の日記はですね、もう毎年恒例なんですが温泉のお話です、
写真はですねこれまた年末恒例多宝温泉「だいろの湯」です。
20191220(多宝温泉2)

と言っても今回はパンフレットが新しくなってたのでパンフの写真ばっかりですが・・・・
表がこのだいろの湯で裏がめんめん亭わたやでして・・・・
え~とですねこの二つの温泉経営が同じでしてね、この日帰り温泉の会社がですね岩室の温泉旅館を買ったんですよ、なので同系列でして。。。。
20191220(多宝温泉11)

まあ毎年年末にここに来るのはですね、寝室のカレンダーに毎年ここで貰えるカレンダーを使ってましてね、もう完全に定番になって別のカレンダーだとしっくりこないものでして・・・・

ただですね、わたやと一緒になってからこの年末に貰えるカレンダーの写真が雑になった気がしましてね
今年のカレンダーがですね。。。。
20191220(多宝温泉12)

これ、もう温泉のカレンダーなんだかなんなんだか・・・・
センスがなさすぎる。。。。
以前はですよ
20111224(カレンダー2)

こんな感じだったんですけれどね~~
20111224(カレンダー1)

まあ温泉って感じで良かったのになぜにこんなことになったのやら・・・
前回のカレンダーもですね酷かったんですよね~
20181231(多宝温泉)

いくらなんでもセンスがなさすぎやしませんかね~~

と、まあここまで前置き、まあ落語で言えば「枕」みたいなものでして、
でそろそろ本題に・・・・
20191220(多宝温泉3)

このブログで年末最後の日記といえば・・・
そう日本の温泉100選ですよね~、観光経済新聞主催の第33回「にっぽんの温泉100選」です。
20191220(多宝温泉4)

まあ上位陣はだいたい毎年決まってまして・・・・
第一位は今回で17年連続となる「草津温泉」です。。。。
もう不動の地位を築いてる気が・・・・、まあこれに匹敵する温泉ってなかなかないですからね~、雰囲気、泉質、そんなのを総合的に判断するとこれに勝る温泉はちょっと見当たりませんからね。。。。
まあ私も大好きな温泉で、今年も夏キャンプで利用しまして。。。。
20191220(多宝温泉5)

で、二位の別府も変わらず、まあ草津に対抗できるのは別府くらいなものかと思いますので、無難なところですね。
上位陣で大きく変動したのがですね昨年17位だった箱根湯本温泉が9位にランクインしています。
あとはですね上位の中でちょこちょこ入れ替わってるだけでして。。。。
20191220(多宝温泉6)

3位、指宿温泉(昨年4位)
4位、有馬温泉(昨年6位)
5位、道後温泉(変わらず)
6位、下呂温泉(昨年3位)
7位、登別温泉(変わらず)
8位、湯布院温泉(昨年9位)
10位、城崎温泉(変わらず)
20191220(多宝温泉7)

次に新潟の温泉はですね・・・・
最上位は月岡温泉の18位(昨年16位)
100位以内にランクインしているのは他に・・・・
20191220(多宝温泉8)

越後湯沢温泉が大幅アップで66位(昨年86位)
逆に瀬波温泉が大幅ダウンで82位(昨年52位)
それだけ・・・まあ新潟は特徴のある温泉が少ないですからね~~
20191220(多宝温泉9)

で、いつものように気になる温泉を見ていきましょう。。。
まず今年のキャンプで言った四万温泉はですね、大幅アップで30位(昨年46位)
群馬は温泉天国なんで他に伊香保が13位(昨年変わらず)、万座が24位(昨年32位)、水上が49位(昨年43位)にランクインしています。
20191220(多宝温泉10)

あとは・・・・
福島の名湯高湯温泉は52位(昨年44位)
昨年行きそびれた東山温泉は86位(昨年65位)
青森の名湯酸ヶ湯温泉は36位(昨年42位)
次回の湯めぐりキャンプ候補地の野沢温泉は43位(昨年61位)
20191220(多宝温泉1)

あとそのうち行きたい温泉では・・・・
栃木の日光湯元温泉が70位(昨年49位)
長野の別所温泉が57位(昨年66位)
秋田の乳頭温泉が16位(昨年22位)
同じく秋田の玉川温泉が76位(昨年変わらず)
ってところですかね~

という事で今日は第33回にっぽんの温泉100選のお話・・・・

20190901(光君)


それでは皆様の健康とご多幸を心よりお祈りいたしております。
よいいお年を・・・・






最終更新日  2019年12月31日 19時00分12秒
コメント(24) | コメントを書く


2019年10月08日
さて今日は温泉のお話です。
20191005(田上ごまどう温泉2)

田上のごまどう湯っ多里館です。

以前は頻繁に行っていた温泉で我が家の定番温泉の一つだったんですが利用するのはかなり久しぶりです。
なんて言いますか別に毛嫌いしてたわけじゃないんですが、ずいぶんと久しぶりになっちゃいました。。。。
20191005(田上ごまどう温泉1)

こちらの温泉は飲泉もできます、飲める温泉ということで・・・・
まあ味の方は、月岡温泉よりはだいぶマシですが取り立てて美味しい物ではないですね。

まあ温泉は飲むより入る方が良いですねやっぱり。。。。
20191005(田上ごまどう温泉3)

で、これも来る頻度が下がった理由の一つなのでしょうけれど。。。。
温泉成分がどんどん薄くなってる気がしましてね。。。。

現在のこの温泉の泉質は「ナトリウム-塩化物泉」なんですが、ず~と前は「ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉」だったと思うのですよね。。。
それが湧出する源泉の成分が変わっていって、硫酸イオンの濃度が下がり、カルシウムイオンの濃度も下がり、今の泉質となっているわけでして。。。。
20191005(田上ごまどう温泉5)

ただこればっかりはね~~
自然のものですから人間の努力で何とかなるものでもなく。。。。
別にこの施設が何か怠けていたからこうなったわけでもなく・・・・

なんともね~~、文句の言いようもないのですが・・・・
この程度の泉質なら他にいくらもあるので何と言いますか好んで来る理由もなく、自然頻度が落ちるわけでして。。。。
20191005(田上ごまどう温泉4)

温泉も天然資源でしてね、無限にあるわけでもなく、
こうなってしまうことがあるのは致し方のないことなんですが。。。。

まあ泉質は好みもありますから、一概には言えませんけれどね。。。。
20191005(田上ごまどう温泉6)

設備自体は綺麗に維持管理されていると思います。

えーと一応設備紹介・・・・

タオル無し、シャンプー・ボディーソープ完備、サウナ有り、露天風呂有り、休憩所有り、食堂有り、
営業時間10:00~22:00(最終受付21:00)
20191005(田上ごまどう温泉7)

それとですね、この施設再入館できます。
なので例えばこの裏に紫陽花で有名な護摩堂山とかあるんですが、
温泉に入って、護摩堂山登って紫陽花見物して、戻ってきて汗を流して帰るなんてこともできますね、
まあ紫陽花の時期は混みますけれどね。。。。
20191005(田上ごまどう温泉9)

後は特にじゃあ一度外に出てどうするかというと。。。。
特に何かあるわけじゃあないからな~~
20191005(田上ごまどう温泉8)

移動途中に行きに温泉入って帰りにもう一回入る。。。。
無理があるな~~、この再入館システム使えそうでいまひとつ使いどころが無くて。。。。

ということで今日は田上ごまどう温泉「ごまどう湯っ多里館」のお話・・・・

20190901(光君)


ではまた・・・






最終更新日  2019年10月08日 23時00分06秒
コメント(10) | コメントを書く
2019年09月22日
今日も温泉のお話です。
まあ温泉のお話なんですが、かなり久しぶりのに行った温泉です。
20190912(角田山温泉1)

角田山温泉 ヴィネスパ・・・・
カーヴドッチワイナリーの中にある日帰り温泉なんですが、最近は宿泊棟を作って宿泊もできるようになっています。
久しぶりっていのがですね、この温泉悪くないんですがターゲット層が割と明確で、プチセレブな主婦層ってのがターゲットで、
料金も若干高めでしてね。。。。
20190912(角田山温泉2)

まあ中は綺麗なんですけれどね、日帰りタオル無し1000円とまあ日帰り温泉としては高いですね。
平日17:00以降600円ていう割引があるんですが
新潟市の角田浜近くの温泉で近くもなく、行くには不便な場所で、まああんまり行く機会のない温泉なんですが。。。。
20190912(角田山温泉3)

家族のド平日の休みがたまたま重なったので(子供の大学は夏休み中)
まあそれなら17:00を目指して久しぶりに行ってみようということで。。。。
まあ観光ワイナリーの中なので早く行ってプラプラしててもいいんですが、まあ全体的にちょっと割高ですね。
20190912(角田山温泉4)

特にワインは出来は悪くはないんですが(気温や降雨量を計算してわざわざここに作った)まあ個人的に言えば・・・
同程度のレベルのワインならフランスのものの方が安いと思いますね。
ワイン自体の質は悪くないかもしれませんが価格と品質のバランスで言えば「高い」と思いますね。
まあわざわざワイに向く品種のブドウを選んで、それの栽培に向く気候の場所を選んで作ったのですから、ブドウの生産からワインの仕込みまで一貫して行うワイナリーとしては、
それぞれのブドウ品種の特性を理解し、国産としては質の良いワインを作ってるとは思いますがね、だからと言って国産にこだわる必要は何処にもないわけでして。。。。
20190912(角田山温泉5)

さてワイナリーの中の温泉なのでちょっとワインの話に脱線いましたが温泉に戻りましょう。。。。
まあ立地としては先述の通りですので8ヘクタールの広大なブドウ畑の中にあります・・・・
カーヴドッチワイナリーはワイナリーの経営指導も行っていて周辺に指導したワイナリーがかたまってますので、
それらカーヴドッチ指導のワイナリーのブドウ畑も含めるともっと広いかもしれませんね。。。。
20190912(角田山温泉9)

源泉は二つあり1号井の泉質は単純泉で源泉温度は42.7度、
浴槽は3つあり、内湯が1露天風呂が大小2つ、この源泉は内湯と大きい方の露天風呂に使われています。
泉質としては個人的にはこの1号井のほうが若干の油臭があり温泉らしい湯ざわりで好みですね。
内湯はかけ流し、露天風呂(大)のほうは循環・攪拌されています。
20190912(角田山温泉10)

源泉が2つあるのですから当然温泉成分分析表も2つ・・・
こっちが2号井の温泉成分分析表で、小さい方の露天風呂に使われています、
泉質は同じく単純泉、源泉温度は48.0度、かけ流しです。
1号井よりやや穏やかでほぼ無臭です、まあちょっと匂いがあった方が温泉らしくはありますね。
20190912(角田山温泉6)

その他の設備としましては・・・・
シャンプー・ボディーソープ完備、貸しタオル(200円)有り、サウナ有り、休憩所有り、食堂有りです。
注意事項としましては・・・
小学校入学前の子供は入館不可です。
20190912(角田山温泉7)

なんて言いますかターゲットがかなり絞られてる施設でしてね。。。。
ワイナリーの中ってのもあるんですがこの温泉を含めて、子供話連れてくるな!!って雰囲気があるんですよここ。。。。
ワイナリーの中なので周辺にはワインショップやレストランなどがあるんですが、まあ子供向けではない感jで。。。。
20190912(角田山温泉8)

まあこれで泉質は悪くないんだから困ったもので(笑)
まあ泉質だけならもっと手前にもっと良い泉質の施設もありますので、好んで来る必要もないんですが・・・・・
1000円なら高いけれど600円なら問題のないレベルで(日帰り温泉としても・・・)
もっとも、平日の17:00以降と言う事であれば、ほとんど来る機会はないと思いますけれどね・・・・
ド平日の夕方にこんなところまでそうやたらに来てられないですし、平日夕方ならもっと手前に「だいろの湯」がありますので。。。。
泉質だけなら「だいろの湯」の方が良いですからね。。。。
20190912(角田山温泉11)

ヴィネスパはだいろの湯を通り過ぎた先にありましてね。。。
休みでもない平日の夕方に、わざわざだいろの湯通り越してここまでくる理由が特にないですからね。。。。
と言うか多少早く帰れたとしても仕事終わってここまで来るのは単純に面倒くさい。。。。
20190912(角田山温泉12)

と言うことで次はいつ来るかわからない温泉と言うことで。。。。。

まあいろんな条件でよく行く温泉、泉質の割にあまり行かない温泉って出てきますからね。。。。
20190912(角田山温泉13)

と言うことで今日は角田山温泉 ヴィネスパのお話・・・

20180715(光君1)


ではまた・・・






最終更新日  2019年09月22日 23時00分08秒
コメント(16) | コメントを書く
2019年07月03日
さて今日は温泉のお話。。。
まあせっかく新発田まで行ったので久しぶりに月岡にでも。。。。
20190623(月岡温泉1)

まあ月岡で手軽に入れる温泉施設というとこの「ほうづきの湯」と「美人の泉」なんですが。
まあ値段は大して変わりません、「美人の泉」は共同浴場ですが料金は共同浴場にしてはえらく高い520円、その割に共同浴場のくせにちょっとした休憩所があったり。。。。
で「ほうづきの湯」の方は600円なんですが4時以降は440円、デイケアセンター併設の温泉施設です。
このところ美人の泉が多かったのでまあたまにはこっちの方ということで。。。。
20190623(月岡温泉2)

まあもともとそんなにきれいな施設じゃあないんですが、2年前に若干改装されてちょっとだけ綺麗になってます。。。。
月岡というとですね日本屈指の硫黄濃度を誇る温泉でしてね。。。。
アルカリ性なので白くは濁らず、以前紹介した咲花のように緑に濁ります。
20190623(月岡温泉3)

さてこのところ手前の美人の泉が多かったので久しぶりに月岡の温泉街をプラプラと。。。
実は最近紹介してなかったですがいろいろと新しい公園とか出来てましてね。
20190623(月岡温泉4)

まずはここ・・・
まあここは何度か紹介してますが足湯の「湯足美」です、屋根付きで舞台まで併設されており、足湯の設備としては非常に充実してますね。
20190623(月岡温泉5)

まあなんて言いますかそう近くもないので来たら温泉に入るのであんまりこのブログでは登場してませんが。。。
というかこっちの方って温泉以外の目的で来ることが少ないので。。。。
20190623(月岡温泉6)

温泉街の方もちょっと綺麗にリニュアールされていってます、
以前よりもモダンな感じの温泉街に。。。。
まあとはいえ廃業した旅館とかお店も多いのでなかなかね。。。。
20190623(月岡温泉7)

近年整備されてまだ来てなかったところもこの機会に・・・・

まずはですね・・・
20190623(月岡温泉8)

月岡温泉発祥の地、「源泉の社」ですね。。。。

ここにはですね・・・・
20190623(月岡温泉9)

手湯があります、この石像に湯をかけて遊ぶんですね~~

縁結びの御利益があるとかないとか。。。。
20190623(月岡温泉10)

手湯にも温泉成分分析表があります。
まあ一応温泉なんでね・・・・
20190623(月岡温泉11)

順番めちゃくちゃなんですがこれが入り口・・・・
で、この入り口の奥にもう一個手湯兼飲泉処がりましてね。。。
20190623(月岡温泉12)

こっちにも分析表・・・・
で、こっちの温泉はですね、飲泉可能です。。。。

ただ・・・
ここの温泉自称「日本一不味い温泉」でして・・・・
何というかまあ変な味です・・・・
飲んだあとちょっと口直しが欲しくなるような。。。。
20190623(月岡温泉13)

で、こっちも新しく整備された公園でしてね。。。。
小さな温泉街に大手資本の旅館、何時しか寂れて、場末な感じになってたんですが。。。。
20190623(月岡温泉14)

なんか前よりはだいぶ綺麗になりましたね。。。。
まあ泉質は悪くないですからねここの温泉。。。。
20190623(月岡温泉15)

高濃度のアルカリ性硫黄泉で典型的美肌泉の特徴を持つ月岡の湯はいわゆる美人の湯。
近年人気ランキングも上昇してきてまして。。。。
20190623(月岡温泉16)

久しぶり(温泉街は)なので思ったよりも時間がつぶれまして。。。。
20190623(月岡温泉17)

温泉街はこんな感じ。。。。
20190623(月岡温泉18)

ということでですね今日は月岡温泉のお話・・・・
20190623(月岡温泉18)


20181014(光君3)


ではまた・・・・






最終更新日  2019年07月03日 23時00分05秒
コメント(20) | コメントを書く
2019年05月25日
今日は温泉のお話です
20190519(咲花温泉12)

今回の温泉は咲花温泉です、
毎年この時期に行く定番の温泉なんですがね、
まあいつもですね五泉の春のスタンプラリーのおまけに割引クーポンが付いてくるので。。。。
20190519(咲花温泉9)

ただ今年はですね、水芭蕉は時期を逃して行かなかった、
桜は行ったけれどもらってくるの忘れた、
でチューリップも時期を逃して今年は胎内に行った。
20190519(咲花温泉8)

ということで割引クーポン貰いそびれたなと思っていたのですが。。。。
最後に牡丹を見に行ったので貰ってきました、
まあ今更スタンプラリーのスタンプはそろわないけれど、温泉には行けると。。。。
20190519(咲花温泉10)

ただこれ入浴料割引になる店がその時によって若干違ってまして。。。
今年の入浴割引はですね、佐取館、望川閣、一水荘、碧水荘です、
まあ毎年「佐取館」は入っていて最初のころはここに行ってたのですが、
20190519(咲花温泉11)

今年は「一水荘」にしました。
クーポン利用でですね、大人400円で入浴できます。
去年の「平左エ門」も良かったのですが、今年は入浴割引に入ってないので・・・・
20190519(咲花温泉2)

一水荘はですね、日帰り利用11:00~20:00、タオル無し、サウナ無し、露天風呂無し、シャンプー・ボディーソープ完備、休憩所無し、食堂無しです。
まあ旅館の仮湯なんですがここはサウナも露天風呂もなく内湯だけです。
ロビーも広くないので休憩スペースもほとんどなくてですね。。。。
20190519(咲花温泉4)

泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉、掛け流し、源泉温度51.5度、
泉質はかなり良く、湯色は見事なグリーンで、一部白濁、硫化水素臭あり。
今までの咲花で一番いいかも。。。。
20190519(咲花温泉5)

貸し切り状態だったので写真おば。。。
見事なエメラルドグリーン&白濁でしょ~~

ただこのお湯ですね・・・
20190519(咲花温泉6)

かなり気分屋のようでして、こういう湯に出会えるのは運が良いようです。。。。
外気やその日の湧出具合によって微妙に泉質も変化し色も日によって違うようです。

基本的には湧き出すお湯は無色透明、これが空気に触れると緑色に変色するんですね、
20190519(咲花温泉3)

でこれがですねさらに冷めると白色に変化するのだそうで、
寒い冬の日は白濁してしまうことが多いようで、このエメラルドグリーンには出会えないようでして。。。。
20190519(咲花温泉7)

この日はですね熱湯の方が緑にぬる湯の方は白く濁っていました。
ぬる湯はかなりぬるかったけれども。。。。

さて白濁を好む温泉好きって多いんですけれどね、
20190519(咲花温泉1)

実は硫黄泉が濁るのは空気に触れるからで抜群に鮮度が高く注がれたばかりの湯は無色透明だったりします、
それが時間経過で濁るわけです。
このぬる湯の白濁は結構きつくてですね、足元見えません。。。。
20190519(咲花温泉13)

この旅館現在の咲花では唯一の山側の旅館でしてね、
まあ仮に露天風呂があったとしても川は見えないわけでして。。。。
まあ線路があるからSLは見れるかもしれませんが。。。
20190519(咲花温泉14)

露天風呂があればね。。。。
まあもっとも現在観光SLの磐越号は故障しててお休み中ですが。。。
秋には運転再開するそうです。
20190519(咲花温泉15)

さてこの旅館・・・・
丁寧にお湯の解説とですね。。。。
20190519(咲花温泉16)

温泉成分分析表の読み方の紙が用意してあります。
作成したのは咲花温泉を考える会温泉ソムリエ団・・・・

もちろんもらってきましたよ。。。。
20190519( 道の駅阿賀の里1)

さてこの旅館は山側の旅館ですが。。。
咲花温泉は阿賀野川の河畔の温泉地でしてね。
ついでに道の駅に・・・・
20190519( 道の駅阿賀の里2)

川を挟んで逆側にある阿賀の里。。。。
この道の駅の池の鯉がですね。。。。
20190519( 道の駅阿賀の里3)

餌貰い慣れててこの状態。。。。
ちょっと気持ち悪い。。。。
うじゃうじゃい過ぎて・・・・

今日は咲花温泉「一水荘」のお話・・・

20190512(光君2)


ではまた・・・






最終更新日  2019年05月25日 23時00分06秒
コメント(14) | コメントを書く
2019年05月05日
さてせっかく胎内まで行ったので。。。。
ついで温泉です実はチューリップの名所「長池憩いの森」の近くにかなり癖のあるいい温泉がありましてね。。。。
車で数分、
20190428(塩の湯温泉2)

塩の湯温泉です、まあ欠点もあるのですがそれは追々。。。。
実はこの日記がアップされる頃、私は既にいない予定でしてね。。。。

誰ですか、ついに死んだかとか言ってるのは・・・・
そうでね~の、この日記がアップされる頃にはキャンプに行っている予定なの。。。。
20190428(塩の湯温泉9)

残念ながらそう簡単に死ぬようなタマでもなくてですね。。。。

さて本題の温泉のお話。。。
この温泉なんて言いますかヨード臭いらしいのですが何か焼け焦げたような独特の臭いがします、
20190428(塩の湯温泉3)

料金は安めで大人350円、「ふれあい館」という施設と「サンセット中条」という施設が繋がっていまして両方の施設が利用できます、

ふれあい館の方はですねタオル無し、石鹸有、シャンプー無し、露天風呂無し、サウナ無し、休憩所有り、食堂無し、源泉温度75.3度掛け流し
温泉成分分析表がこれ
20190428(塩の湯温泉7)

でもってサンセット中条の方が・・・
タオル無し、石鹸有、シャンプー無し、露天風呂無し、サウナ有、休憩所有り、食堂有り、源泉温度75.3度掛け流し
温泉成分分析表がこれ
20190428(塩の湯温泉6)

一粒で2度おいしいというか二つの施設の温泉を利用できるのですがね。。。。
ここで大きな欠点が。。。。
どっちの温泉も「熱い!!」

まあ「ふれあい館」の方がかなりマシなのですがそれでもですね。。。。
20190428(塩の湯温泉10)

45.8度。。。。
特徴的でいい湯なんですがこう熱くちゃ長湯はできませんね。。。。
のぼせます。。。。
まあそれでもこのくらいの温度なら何とか。。。。
20190428(塩の湯温泉5)

ちなみに熱い方の「サンセット中条」の方はですね。。。。
20190428(塩の湯温泉11)

46.2度・・・・
熱すぎだろうよ・・・・
常連さんが多くてですね、なれてる人にとっては46.5度くらいは「普通」なんだそうで、今日はぬるい方だそうで。。。。
熱いときは47.0度以上あるんですって。。。。

利用したことのある施設で熱いのは知ってましたので先にこちを利用したのですがね、熱さ弱者の私にはちょっときついので早々に退散、
「ふれあい館」に避難。。。。
20190428(塩の湯温泉4)

とはいえふれあい館の方がぬるいかというとそうでもないのですけれどね。。。。
ちなみにお湯は褐色で匂いが強い独特の湯です。
20190428(塩の湯温泉8)

まあこのあたりの温泉は総じてそうなんですが塩分濃度はかなり高めです、
まあ名前からして「塩の湯温泉」ですので。。。。

二つの施設が繋がてるのですが行き来は自由ですから、
ふれあい館に食堂はないけれどサンセット中条にはあるので食事がしたければそっちに移動すればよいわけで。。。。

なんて言いますかもともとですね中条勤労者総合福祉センター「サンセット中条」という施設と中条町農林漁業者トレーニングセンターという施設が並んでてですねどちらにもお風呂があったわけです、
でなぜかその間にですね中条町高齢者健康増進ふれあい施設「ふれあい館」がオープンしてここにもお風呂があると。。。。
どうやら補助金の出所が違うようなのですが3つの施設は渡り廊下で結ばれていて、どこかで入館すると全部利用できるという謎のシステムになってまして。。。。
その後トレーニングセンターがなくなってふれあい館とサンセット中条が残ったとこういう塩梅でして。。。
20190428(塩の湯温泉12)

まあ普通に考えればですよ、総合的に利用できる大きな施設を一つ作ればいいわけなんですが、
これが縦割り行政のなせる技と言いましょうか、恐るべき非効率と言いましょうか。。。。
なぜにこうなる。。。。
20190428(塩の湯温泉1)

今日は塩の湯温泉「ふれあい館」「サンセット中条」のお話・・・・

20180812(光君2)


ではまた・・・・






最終更新日  2019年05月05日 23時00分07秒
コメント(12) | コメントを書く
2019年04月14日
さて今日は温泉のお話・・・・
かな~り久しぶりに利用する施設です。。。。初めてではありませんが。。。。
20190407(安田温泉1)

安田温泉「保養センターホテルやすらぎ」です。
まあ温泉旅館じゃないんですけれどね、宿泊もできる日帰り温泉施設です。
メインは日帰り入浴という施設ですね。
20190407(安田温泉2)

入浴のみ利用の我が家にはあんまり関係ないんですけれどね。
この施設の変わったところとしてですね、「観劇」ができます。
劇場があって「かわら座」って劇団が劇をするんですね。

日帰りプランですもですね、観劇とセットになったプランがいくつかあります。
一応料金設定がですね・・・・
大人800円、子供400円タオルセット付なんですが。
観劇とセットで2000円、観劇と弁当、お茶がついて3500円というプランがあります、
他に岩盤浴も出来ましてですね、岩盤浴と入浴のセットが1600円、観劇、岩盤浴、入浴のセットが2800円になります。
20190407(安田温泉3)

いつもならここで温泉成分分析表なんですけれどね。。。。
ここの温泉成分分析表は浴室内に掲示されてまして・・・
ちょっと撮影が難しくてですね・・・
脱衣所でカメラでパシャパシャやってるのも十分に怪しいですが、浴室内でカメラでパシャパシャやってるのはもっと怪しい。。。。

ということで無理・・・・

泉質はナトリウム-塩化物泉です、
塩化物イオン濃度が16000くらいあってかなりの強塩泉です。
え~と他の情報は・・・・
源泉温度27.6度、加熱循環、内風呂は非温泉。
シャンプー・ボディーソープ完備、露天風呂有、サウナ有、食堂有、休憩所有、営業時間9:30~22:00、第二水曜定休
20190407(安田温泉6)

古くは安田瓦の工場だったところでしてね、工場の敷地内に温泉が湧きだしたので、工場を回収して日帰り温泉に変身したのがこの施設。。。
なかなか泉質もよく良い施設です。
国道290号線を新発田方面に向かい、宝寿温泉と反対側にあります、もともと工場だったところなので分かりやすいかというと微妙です。
20190407(安田温泉5)

この温泉もともとが工場だったものですから敷地が広くてですね、広い敷地を利用して現在ある取り組みを行っています。
それがですね安田温泉サーモンプロジェクトといいまして、広い旧倉庫を利用して綺麗な地下水を汲み上げてそこでニジマスを養殖しています。
今後このニジマスを使った料理もこの施設の目玉になっていく予定のようです。

まあいろいろと変な日帰り温泉ではありますね・・・・
20190407(安田温泉4)

施設内の食堂ではですね、村杉の川上とうふ店の「豆腐」をいただけます、まああそこの豆腐美味しいですからね。。。。
他「安田」ですので、安田ヨーグルトの製品がいろいろと。。。。
2004年オープンの日帰り温泉で比較的新しいので綺麗な施設です。

工場跡ですのでちょっと特徴的ではありますが。。。。

ということで今日は安田温泉「保養センターホテルやすらぎ」のお話・・・

20180812(光君1)


ではまた・・・






最終更新日  2019年04月14日 23時00分10秒
コメント(12) | コメントを書く
2019年03月30日
さて今日は温泉のお話・・・
20190303(城山温泉1)

新発田市にある温泉施設「城山温泉 百花の里」です。
元々は新発田城カントリークラブのクラブハウスで使われていた温泉ですが1998年に日帰り入浴施設が出来ました。
まあ新発田市と言えば日本屈指の硫黄濃度を誇る月岡温泉のある街で、
月岡温泉は私も好きな温泉でしてね・・・

この温泉は我が家からは月岡温泉の「先」にありまして、泉質は悪くないのですがついつい手前の月岡に吸い寄せられてしまうために、泉質の割に利用することが少ない施設です。
20190303(城山温泉2)

泉質は含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉です、
一応硫黄泉ですが、硫黄濃度はさして高くなく、硫黄泉よりも炭酸水素塩泉の特徴が色濃く出ています。
トロっとした泉質で、ツルスベ感がかなりあります、いかにもな炭酸水素塩泉ですね。

泉質自体はかなり良いと思いますが、上記の理由であまり来ることがなく利用したのは3、4回目かな~~
つい月岡にね。。。。
月岡から車で5分くらいのところにあるので。。。。
20190303(城山温泉3)

料金は大人700円、子供400円、タオル無し、貸しタオルは100円、
シャンプー・ボディーソープ完備、露天風呂有り、サウナ有り、休憩所有り、食堂有り、源泉温度29.4度循環です。
営業時間は10:00~21:00、最終受付20:00、定休日第三木曜日です。

え~と新発田市の温泉なんですが、新発田市というのはかつての城下町で新発田城跡があるのですが、新発田市は田舎の都市にありがちなドーナツ化がかなり進んでましてね。。。。
市全体としては店がそう少ないということもないのですが、店が郊外に集中し、元々の市街地は閑散としてます、
まあ車がないと非常に不便なところですね、まあ田舎はどこもそうで、新発田に限らないですけれど・・・・
もちろん我が三条市も同様に車がなくちゃね・・・・

まあ新発田市は車があれば比較的便利なところで新潟市にも近いし、最寄に良質でそこそこ名の通った温泉がいろいろと。。。。
月岡に咲花に村上だって高速使えばすぐなので瀬波温泉もすぐに行ける範疇です。
日帰り専門の施設でもざぶーんや紫雲の郷など特徴的な強塩泉の温泉が市内ではないけれど近くにありますしね・・・・
車があれば五泉にも割と近いですので、今の時期なら水芭蕉が。。。。
そのあとは桜にチューリップと花を愛でるにも便利ですし。。。

まあとはいえ車がないと、新興住宅街の西新発田ならまだしも新発田の旧市街なんかだと車がないことには。。。。
田舎ほど車社会で、田舎で車がないのは足がないのと同じで非常に不便なんですよ。
一家に一台どころか一人一台ですね(笑)
20190303(城山温泉4)

さて車・車言ってますが、実はここに来たのはついででしてね・・・
丁度免許更新がありましてね、私と嫁の免許更新が重なったので、免許更新の帰りにちょっと遠回りしてここに寄ったわけです。
免許センターが聖籠で、そこから290号線を使って帰れば自然新発田を抜けるわけです、まあ旧市街が寂れる原因の一つが車社会だからということになるのですが、
郊外の西新発田の方には結構新しい店ができてましたね。。。。
こっちにはインターがあるから・・・・
交通の中心が電車ではなく車なので車の便がいいところの方が発展するわけです、その点で旧市街はどうしてもドーナツ化が進むと。。。。

さてちょっと更新滞ってネタが余ってきてるのと、まあ1本の日記にするほどのことでもないので以下ついで・・・
20190219(あめや2)

あめやの「のりだんだん弁当」です、
ここの弁当美味しいのですよ、中でも人気がこの「のりだんだん弁当」でして・・・
元が肉屋でしてね、この玉子の下にチャーシューが隠れてるのですが、
肉団子とチャーシューが美味いんですよね、まあほかの具材もよくできていて美味しいお弁当です。
20190219(あめや1)

細い小路の中にある小さな肉屋さんで、地元の人じゃないと行きにくいですけれど。。。。
駐車場も分かりにくいし、路駐できるほど広い道じゃない、というか路駐したらもう車は通れません(笑)
昼は弁当、それ以外は肉屋という感じのお店ですね。

今日は城山温泉「百花の里」のお話・・・・

20180812(光君4)


あ~それとですね、わたくしいつもこうして光君の写真をアップしているのですが、
これはそれを楽しみにしてくれてるブロ友さんもいるからでしてね、何しろブログ主の口が悪いもので・・・・
口では勝てない弱っちいのが口では勝てないから犬に文句を付けようと・・・・
「愛犬家はネット右翼」だそうです(笑)、もう笑っちゃいますよね、レッテル貼りもここに極まれりって感じで。。。。(笑)
論理的な反論ができないやつは右寄りだろうが左寄りだろうが馬鹿は馬鹿でしょうよ・・・・

ではまた・・・






最終更新日  2019年03月31日 00時42分47秒
コメント(16) | コメントを書く
2019年02月09日
さて今日も温泉のお話です。
今回温泉は岩村温泉、
開湯は江戸時代中期、伝説では雁が温泉で傷をいやしているところを発見したと言われており、古くは「霊雁の湯」と言われ、
弥彦温泉と主に弥彦参拝の宿場として栄えました。

さて温泉に行く前にちょっと寄り道です。
20190203(いわむろや7)

いわむろや、岩室温泉にある観光情報施設でしてね、足湯もあるのですが今回はこれから温泉に行くのでパス。。。
いわむろやに寄ったのは、こちらに今年の干支をワラアートで作ったものがあるということなのでついでに見に来ました。

え~と今年の干支は・・・・
20190203(いわむろや1)

猪です、え~と野生の豚と言いましょうか鍋にすると美味しい。。。。
じゃなくて。。。。
牡丹鍋・・・・
違~う・・・・、どうも食べ物のほうに話が。。。。
20190203(いわむろや2)

ということで干支の話、
正確には干支というのは十二支と十干を合わせたもので、これを合わて干支と言います、
今年の十二支は亥(い)、十干は己(つちのと)、合わせて己亥(つちのとい)です。

干支にはそれぞれに意味があり己は十干の6番目、草木が成長を終えエネルギーが満ち状態が整った様相を表します。
亥は十二支の最後、植物に例えるなら葉が落ち、次の生命となる種に養分が蓄えられ次の成長に備える時期。
己亥は次の成長に向かってエネルギーを蓄える時期、外へ向かっての発散よりも内部の充実をし足場を固め、次のステップに備える時期となります。
20190203(いわむろや3)

こちらは去年の干支(十二支)の戌、1年経ったのでだいぶ傷んでいます。
まあこの干支アートも定番化してきてるようで。。。。
20190203(いわむろや4)

ちなみに亥年は選挙の年、統一地方選が4年に一度、参議院選が3年に一度、これが重なる最小公約数が12年、亥年に当たります。
ジンクスとして亥年の選挙は自民党が負けるというのがあります。
なぜか自民が苦戦するのが亥年の選挙。。。

他には・・・
亥年は株価御動きも小幅で変動が少ない年と言われています、亥固まるとか言いまして・・・
戌年は笑の年、子年は繁栄の年と言われてますので亥年は谷間の年、次の成長に備えて力を蓄える年・・・
20190203(いわむろや5)

ちなみにこの猪君には子供がいます、実は最初の猪の写真にもこのウリ坊が写ってたのですが気づいた人!!
正面から見るとわかりにくいのですが横から見るとはっきりウリ坊が。。。。

ちなみに最初の写真写した時に撮影した私はウリ坊がいることに気づいておりません(笑)
この写真撮るときになって気づいたのがこのウリ坊で。。。。
20190203(いわむろや6)

犬君はこれでお役御免です、また11年後にお会いしましょう。。。。
もっとも犬君ならいつも我が家に・・・・

来年の鼠君も我が家にいるのですが(ハムスター)さすがに猪はいません。。。。
20190203(よりなれ1)

それでは温泉に移動・・・
え~寄り道が長くなったのでもう覚えてないでしょうが、岩室温泉は雁が傷をいやしていた温泉、
ここは遊雁の湯「よりなれ」、2015年から岩室4号源泉の使用が開始され泉質が抜群に良くなりました。
ただ欠点はこの温泉温泉使ってるの露天風呂だけで、内湯は沸かし湯、でもって露天風呂は物凄く狭い!!
4人も入ればいっぱいの小さな浴槽なのでちょっと混雑するともう芋洗い状態。。。。
20190203(よりなれ2)

泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉、源泉温度52度、微白濁、微硫化水素臭あり、循環ろ過無し、
料金は大人500円、子供300円タオルセット付と比較的安め、
他情報としては・・・・

サウナ無し、シャンプー・ボディーソープ完備、休憩所有、食堂有、設備としてはかなりこじんまりとした施設となっています。
広くはない・・・・
まあ安く岩室の湯を堪能できる施設としてはまあまあの施設です。

え~と隣に静閑荘という食堂と宴会部門建物があって食堂はそこを利用します、休憩所はよりなれ側の建物の2階で45畳二つの建物は渡り廊下でつながっています。
まあ二つたしてもそう広くはない施設ではあります。

ということで今日は岩室温泉 遊雁の湯「よりなれ」のお話・・・

20190113(光君5)


ではまた・・・






最終更新日  2019年02月09日 23時00分06秒
コメント(16) | コメントを書く
2018年12月31日
さて今年最後の温泉に行ってきました。
最後に行っておきたい温泉が二つあったのですが、結局片方は行けずじまい・・・
行っておきたかったのは毎年寝室のカレンダーに使ってる「多宝温泉だいろの湯」、それと年内期限の割引券が残ってた「八木ヶ鼻温泉 いい湯らてい」
悪天候も重なりいけたのは片方だけ、
もう何年も寝室のカレンダーに使ってる「だいろの湯」(毎年年末12月に限定でカレンダー貰える)
やっぱりないと〆まらないので貰いに・・・・
20181231(多宝温泉)

無事貰えました、毎年寝室にはここのカレンダーを使っていて、どうも他のカレンダーだとしっくりこないので・・・

だいろの湯は我が家定番の日帰り温泉で今更特に紹介するようなこともないのですが、良質の硫黄泉で、源泉が3本もある日帰り温泉で、泉質としてはかなり良い部類に入ります。
20181229(多宝温泉3)

このままこの温泉を紹介したいところですが、日記更新をさぼっていたので年内に紹介しておきたい記事が他にもあり。
まあ今日は別の話題にします。

まあせっかくなので写真は「だいろの湯」の写真を使います。
20181229(多宝温泉4)

2015年以降、毎年一番最後の日記はこの話題になっているのですが、
観光経済新聞が選ぶにっぽんの温泉百選の2018年度版(第32回)が発表されました、
毎年12月に発表されるんですよね~~

栄えある今年の温泉100選、総合第一位は・・・・
「草津温泉」です、またですか・・・・、これで16年連続です。
まあそれだけ「草津温泉」に匹敵する温泉地は無いということですね。
20181229(多宝温泉5)

以下総合10位まで

2位 別府八湯温泉(大分) 昨年3位(1ランクアップ)
3位 下呂温泉(岐阜) 昨年2位(1ランクダウン)
4位 指宿温泉(鹿児島) 昨年4位(変わらず)
5位 道後温泉(愛媛) 昨年6位(1ランクアップ)
6位 有馬温泉(兵庫) 昨年5位(1ランクダウン)
7位 登別温泉(北海道) 昨年8位(1ランクアップ)
8位 和倉温泉(石川) 昨年11位(3ランクアップ)
9位 湯布院温泉(大分) 昨年7位(2ランクダウン)
10位 城崎温泉(兵庫) 昨年10位(変わらず)

まあ入れ替えはあったものの、上位10位はほとんど変わらず、惜しくもTOP10からもれたのは熊本の黒川温泉(昨年9位、今年11位)です。
20181229(多宝温泉1)

次いで部門別ランキング・・・
まずは「泉質部門」

1位 草津温泉(群馬) 総合1位
2位 下呂温泉(岐阜) 総合3位
3位 別府八湯温泉(大分) 総合2位
4位 登別温泉(北海道) 総合7位
5位 有馬温泉(兵庫) 総合6位
6位 指宿温泉(鹿児島) 総合4位
7位 鳴子温泉(宮城) 総合18位
8位 蔵王温泉(山形) 総合23位
9位 月岡温泉(新潟) 総合16位
10位 黒川温泉(熊本) 総合11位

まあ異論のある方もおられるかもしれませんが、一応旅行のプロ、旅行社の社員が選ぶランキングではこうなっています。
20181229(多宝温泉2)

次いで「雰囲気部門」

1位 草津温泉(群馬) 総合1位
2位 道後温泉(愛媛) 総合5位
3位 城崎温泉(兵庫) 総合10位
4位 黒川温泉(熊本) 総合11位
5位 湯布院温泉(大分) 総合9位
6位 別府八湯温泉(大分) 総合2位
7位 和倉温泉(石川) 総合8位
8位 有馬温泉(兵庫) 総合6位
9位 指宿温泉(鹿児島) 総合4位
10位 登別温泉(北海道) 総合7位

まあ古湯が多く無難なところというイメージですかね・・・・
20181229(多宝温泉6)

次「郷土食部門」

1位 和倉温泉(石川) 総合8位
2位 指宿温泉(鹿児島) 総合4位
3位 草津温泉(群馬) 総合1位
4位 別府八湯温泉(大分) 総合2位
5位 道後温泉(愛媛) 総合5位
6位 山代温泉(石川) 総合14位
7位 城崎温泉(兵庫) 総合10位
8位 飛騨高山温泉(岐阜) 総合12位
9位 あわら温泉(福井) 総合25位
10位 下呂温泉(岐阜) 総合3位

まあ直接温泉とは関係のない部門ですが、料理は温泉旅館の魅力の一つでもありますね、「旅館」の場合はね・・・・
日帰り中心の私にはあんまり関係ない・・・・

次「観光部門」

1位 草津温泉(群馬) 総合1位
2位 指宿温泉(鹿児島) 総合4位
3位 別府八湯温泉(大分) 総合2位
4位 道後温泉(愛媛) 総合5位
5位 湯布院温泉(大分) 総合9位
6位 箱根湯本温泉(神奈川) 総合17位
7位 城崎温泉(兵庫) 総合10位
8位 有馬温泉(兵庫) 総合6位
9位 登別温泉(北海道) 総合7位
10位 鬼怒川・川治温泉(栃木) 総合21位

でした。

県内では月岡温泉の16位が最高(昨年変わらず)、瀬波温泉が52位(昨年48位 3ランクダウン)、越後湯沢温泉が86位(昨年67位 19ランクダウン)と今年はちょっと苦戦。
他、気になる温泉地の順位としては・・・
日本一の硫黄濃度を誇る群馬の名湯「万座温泉」は32位(昨年25位 7ランクダウン)、同じく高濃度の硫黄泉福島の「高湯温泉」は44位(昨年51位 7ランクアップ)
青森の名湯「酸ヶ湯温泉」は42位(昨年変わらず)、富山の名湯「宇奈月温泉」は34位(昨年58位 24ランクアップ)、
次の温泉キャンプ候補地の「那須温泉」が51位(昨年64位 13ランクアップ)、同じく「日光湯元温泉」が49位(昨年72位 23ランクアップ)
でした。

皆さんのお気に入り温泉はランクインしたかな?
20181222(光君2)

我が家のぐ~たらトナカイはお仕事も終わってだれてます(そもそも仕事してない・笑)

今日は第32回にっぽんの温泉100選のお話・・・

20181231(光君)

今年最後なので光君ももう一枚・・・
それでは皆様良いお年を・・・、来年もよろしくね~~

ではまた・・・






最終更新日  2018年12月31日 23時00分10秒
コメント(26) | コメントを書く

全102件 (102件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.