143400 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ファミコンの部屋 ファミマーの日記

PR

X

全5件 (5件中 1-5件目)

1

各都道府県の放送局

2010年11月12日
XML

株式会社テレビ北海道(テレビほっかいどう)は、
北海道を放送対象地域とする放送局である。
略称はTVh
英称はTelevision Hokkaido Broadcasting Co.,Ltd.

アナログテレビのコールサインはJOHI-TV。
デジタルテレビのコールサインはJOHI-DTV。

TXN系列のテレビ局。

 

【クロージング】

 

【オープニング】

 

これで北海道は終わり
次回は東北 青森です。







最終更新日  2010年11月12日 23時24分50秒
コメント(0) | コメントを書く


北海道テレビ放送株式会社(ほっかいどうテレビほうそう)は、
北海道を放送対象地域とする放送局である。
略称はHTB
英称はHokkaido Television Broadcasting Co.,Ltd.

アナログテレビのコールサインはJOHH-TV。
デジタルテレビのコールサインはJOHH-DTV。

ANN系列のテレビ局。

 

【クロージング】90年代

 







最終更新日  2010年11月12日 23時12分02秒
コメント(0) | コメントを書く

北海道文化放送(ほっかいどうぶんかほうそう)は、北海道を
放送対象地域とする放送局である。
通称はUHB (UHF Hokkaido Cultural Broadcasting)。
英称はHokkaido Cultural Broadcasting Co., Ltd.。

アナログテレビのコールサインはJOBM-TV。
デジタルテレビのコールサインはJOBM-DTV。

FNN/FNS系列のテレビ局。

 

【オープニング】開局~1983年


OPには丹頂鶴、EDにはおおぐま座の後に熊の親子を
イメージしたアニメーション+最後に女性コーラスで「♪U・H・B...」。
フィルム制作。長年使用されたため、末期は画質・音質とも
低下するなど劣化していた。

 

【クロージング】83年~90年


これ以降、札幌(映像・音声の出力も表示)・
函館・室蘭・旭川・帯広・釧路・網走のチャンネル番号のみ表示。
ロゴの小文字化に伴い変更。オープニングはロゴをCGで日の出の如く表し、
クロージングではロゴをやはりCGで宇宙空間の中にいるかのように表し、
レーザーによって、直方体が作られ「It`s so HOT!」といったキャッチが出てくる。
その後、出来上がった赤い直方体が「uhb」のロゴに変わり、下には
「北海道文化放送」という文字が表示される。







最終更新日  2010年11月12日 23時11分26秒
コメント(0) | コメントを書く

北海道放送株式会社(ほっかいどうほうそう)は、北海道を放送対象地域とする放送局である。
略称はHBC。英称は Hokkaido Broadcasting Co.,Ltd.

ラジオのコールサインは札幌JOHR。
アナログテレビのコールサインは札幌JOHR-TV。
デジタルテレビのコールサインはJOHR-DTV。

テレビ放送はJNN系列。ラジオ放送はJRN系列とNRN系列のクロスネット。

 

【クロージング】開局間もないころ


開局当時?のクロージング(白黒フィルム映像)
映像の順番は「街を行き交う車や路面電車」
(ここで三重丸の中に「HBC」の文字が書かれた、当時の
社章と思われるマークが画面中央に現れ、だんだん大きくなる)→
「鉄塔を見上げる映像が時計回りに回転する様子」
(マークに代わって画面上方に「きょうの放送は全部終わりました」の
テロップが表示される)→「調整室の様子」(場面が渦巻状に転換する)→
「スタジオ内の様子」(「HBC 北海道放送」のロゴと
「第1チャンネル JOHR-TV」のテロップが出る)→
「空を流れる雲」を最後に終了(テロップは最後まで出たまま)。
音声は『ウポポ』(ラジオで放送されていたものよりキーが高い)を
BGMに「それではこれで今日の放送を全部終了させて頂きます。
お休みの前には、火の元・戸締まりを今一度お確かめの上お休み下さい。
明るい話題・楽しい暮らし、北海道放送です」という男声アナウンスが流れていた。

 

【オープニング】・【クロージング】1960年代


オープニングの映像の順番は「本社社屋空撮」(ここでHBCロゴが出る)→
「ラジオ・スタジオカーとテレビ中継車」→「子供3人で家庭内のテレビ視聴」→
「テレビスタジオの収録風景」→「テレビカメラのアングル」→「本社社屋正面側」→
雪上車で手稲山送信所に向かうのと手稲山送信所全景、それにスキーで
滑り降りてくる場面」→「プロペラ機が飛び立つ場面」→「木材の伐採、漁業、
ラジオを聴いている運転手の人々」→「プロペラ機から町並みの空撮映像」
(ここでHBCロゴが出る)と流れていた。
音声は混声合唱によるオリジナルソングが流れていた。

エンディングの映像の順番は「星の輝くイメージ映像にHBCのロゴ表示」→
「本社社屋鉄塔」(ここでもHBCロゴを表示)→「家族そろっての家庭内のテレビ視聴」→
「テレビスタジオでの打ち合わせ」→「草野球の投球と打撃」→「本社社屋全景」
(ここで「明るく楽しいHBCラジオ・テレビ」と表示)と流れ、最後に、火の元・戸締りの様子と
裁縫しながらテレビを視聴している映像に載せて「火災の多い季節になりました。
お宅のストーブは大丈夫でしょうか。お休み前にもう一度火の元と
戸締りを確かめましょう。きょうも1日HBCテレビをごらんいただきまして
ありがとうございました。明日もまたHBCのラジオ・テレビで
お楽しみくださいますように。
それでは皆様おやすみなさい。」というアナウンスが入る(顔出しあり)。
≪2001年11月30日放送のHBC創立50年の特別番組の中でも紹介されていた。≫







最終更新日  2010年11月12日 22時55分40秒
コメント(0) | コメントを書く

今日から始まりました「各都道府県の放送局」特集!
各放送局の情報や当時のオープニング・クロージング動画を載せてます。
まずはじめに北海道の札幌テレビから!!!

 

札幌テレビ放送株式会社(さっぽろテレビほうそう)は、
北海道を放送対象地域とする放送局である。略称はSTV

アナログテレビのコールサインは札幌JOKX-TV。
デジタルテレビのコールサインはJOKX-DTV。

日本テレビ系列のテレビ局。

 

【クロージング】昭和50年代







最終更新日  2010年11月12日 21時47分09秒
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


© Rakuten Group, Inc.