8632534 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FANTA-G

全5281件 (5281件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2022.07.03
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
この週末、インターネットのKDDIで通信障害が発生、自宅で使っているWifiが使えなくなるというトラブルがあり。

  で、こうなると困るのが、普段、暇つぶしに使っているアマゾンで漫画や映画を見たり、ゲームやったり、ネットを見ると言ったことがまったくできなくなる。

 ラジオも今はネット経由のラジコで聞いているため、そっちも聞くことができず。結局、図書館に行って本を借りてくるという、ものすごくアナログなことをやっておりました。

 
 また、各地でデータ転送ができず流通システムで混乱が起きたりとつくづく今はネットというのが電機、ガス、水道といったライフラインになっている社会だなあと。






最終更新日  2022.07.03 20:48:42
コメント(0) | コメントを書く


2022.07.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
暑い日が続いております。

 で、夏の暑い時期、あったかいものが食べるのがおっくうになる。けど、何か腹に入れないと持たない、って時に私は「冷やし茶漬け」にしてしまいます。

 作り方は簡単で、ご飯に永谷園のお茶漬けの元をふりかけ、そこに冷たい麦茶をかける。それだけ。もし、麦茶がなければ冷たい水でもいい。朝食などこれにしてます。

 今年の熱さは温度の高さもそうですが、期間が長くなりそうで。夏バテ防止と水分、塩分補給のためにも食事はきちんととりたいです。






最終更新日  2022.07.01 06:49:16
コメント(0) | コメントを書く
2022.06.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
選挙で誰を選んだらいいかわからない、という人はこちらのシステムを使うことも。

 ​ZERO選挙 2分でわかる!あなたの考え方診断 参議院選挙2022

 自分の選挙区と、アンケート回答で自分に近い主張をする候補者、あるいは対立する候補者をグラフ化して見ることができます。

 よく「特に入れたい人がいない」という人がいますが、だったら余計にこの手の機械的な選択で選んでいいと思います。むしろ、選挙にとって「地元の名士だから」とか「昔から続く議員の家系だから」なんてことのほうが「国政に自分の意見を反映させる」という点においてノイズでしかなく。ましてや「行ってもどうせ世の中変わらない」なんて人は、先日の杉並区の区長選が大接戦、最終的に190票の僅差で現職を新人が破った、など、動けば変わるのが選挙なんです(アンケートだと「あなたはどの党を支持しますか?」に対して一番多いのは支持政党なし、という浮動票なんです)

 それとこういった選挙は単に候補者を選ぶ、というだけでなく、この6年間、あるいは昨年の衆議院選挙から1年、自分たちの生活がどうであったか?の反省会でもあります。満足している、不満がない人は現状維持を支持するべきでしょう。しかし、大きな不満がある人は、そういった政治を行ってきた政治家、政党にNOを突き付ける。自分の過去の反省期間でもあります。

 と、いうわけで、遊び半分でポチポチってやってみてください。






最終更新日  2022.06.29 07:36:58
コメント(0) | コメントを書く
2022.06.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
学校のプールで日焼け止めが禁止されてる問題。​これがカオス。皮膚科のプロが「日焼け止めを使っても水質汚濁にならない実験データもある」や「紫外線は危険」と言っているのに、教育委員会は「各校の判断に任せる」と責任を丸投げし、学校は前例踏襲で禁止し続けてる。専門家の意見を聞こうよ。

 これって何の意味もないどころか、子供に対しての被害が明確であり、それに対する簡易な対策法がある、にもかかわらず現状を変えたくないという、最悪の「前例踏襲主義」でしかありません。

 私の子供だったころの学校の水泳では、「日焼けで真っ黒な子供=健康」というのが世の中の常識でした。が、その後、過度な日焼けは皮膚がんの原因になる、特にシミやそばかすなどの原因になるということで、いつの時代からか日焼けが良くないもの、という常識に代わりました。

 で、上で問題なのは日焼け止めのサンオイルを使わせない理由が、「プールの水質を汚す恐れがある」と・・・アホかと。この手のどうしょうもない言い訳ってのは昔から学校の校則にあって、たとえば昔、自分が通っていた中学校では遠方の生徒は自転車通学でしたが、なぜか「ドロップハンドル禁止」でした。理由を進路指導の先生に生徒会が質問したところ「ドロップハンドルだと姿勢が悪くなる」と・・・他にも変速機が禁止な理由が「スピードが出すぎて事故を起こす可能性がある」学校指定の自転車店で買った特定の自転車(高くてやたらに重い)でしか登校できない理由は「同じ自転車であることでわが校の生徒であることの判別ができるとともに、他の店で買うとメンテナンスの不具合が…」といった、どう考えても無理やり後付けの理由しかなかったので。

 上の話に戻ります。一番の問題は「教育委員会は各校の判断に任せる」といい、ではその学校の判断は「前例踏襲」という、間違ったことを続けている。これはひとえに「誰も責任を取らないため」でしかなく。本来、責任を取る人間がいるからこそ、ちゃんと理由と科学的根拠が示されるはずなのに。

 あ、あと日焼け止めはプールの水質を落とすレベルまで使うなんてことは、それこそ学校プールレベルならドラム缶で何本も流し込むレベルで入れないとありえません。ありえないことを前提に「恐れがある」なんて、単に現状を変えたくない、保身のためだけの判断ですわ。

 もし、この文章を読んだプール授業がある親御さんは「子供を守るために」登校前に日焼け止めを塗るようにしてください。「学校の校則で決まっているから…」なんて思考停止はしないで。もし、教師に子供が何か言われたら「うちの子は肌が弱いので塗らせました」で十分。先生なんてこの程度の言葉で「じゃあ仕方ないね」と言い訳が立つものです。






最終更新日  2022.06.27 08:50:05
コメント(0) | コメントを書く
2022.06.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
為末大さんがスポーツを離れて「スポーツを嫌っている人や、憎んでいる人、やっていたけど傷ついている人が多くいる」と気づいた話

 というのがあって。これには自分も学生時代の軟式テニス部で理不尽な目に合わせられた経験からとても同意します。

 現代においてスポーツとは基本「遊び」のはず。ルールのあるゲームを楽しむこと。つまり、面白いはずなんですが、なぜか学校部活動では勝利至上主義となり、また、先輩後輩、指導者と部員の上下関係を植え付ける、もっとひどい話だと部活に入っても部内のランク付けでロクに競技もさせてもらえず、毎日反復練習と球拾いのような雑用ばかりだったとか。それと、部内ではその競技が強いもの、成績優秀なものになぜか優先的な権力を与えられ、高圧的な態度をとっても許されるような。

 また、部活だけでなく体育の授業では、基本的身体能力はクラスでばらばらなのに、一律で「懸垂を10回できるようにする」とか「跳び箱を何段飛べるようになる」とか・・・自分はこの手の器械運動はとくいでしたが、苦手な生徒が鉄棒の逆上がりが出来ず、皆の前で教師にできるまで何度も挑戦させられ、半べそをかいていたのを子供心に気の毒に思っていたり・・・

 そんな理不尽を植え付けられたことでスポーツそのものが嫌いになった、苦手意識を持ち、学校を卒業したら一切やらなくなる人、多いのではないでしょうか。というか、上下関係とか苦痛を伴う練習って、スポーツの面白さとは関係がない。

 どのスポーツもそうですが「結果にこだわらなければ、ゆるくやれば」大概楽しいんです。逆に言えばこの結果を強要される、スポコン漫画によくあった「真剣にやらなければ、苦労して勝利しなくては本当の面白さはわからない!」なんてのが偏っている。そんなこと言いだしたら日本一の選手しかそのスポーツの面白さを知らないことになってしまうのではないかと。

 あの時、わたしを「真剣にやれ!」と蹴った先輩。あいつが今、この競技で生計を立てるプロになっている訳じゃない。おそらく卒業とともにこの競技は辞めただろう。

 だとしたらお前も真剣にやってなかったじゃないかと。






最終更新日  2022.06.26 10:31:53
コメント(0) | コメントを書く
2022.06.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
選挙が近くなり、いろんな政治家、政党の公約が語られるようになりました。

 で、この中で先日、ツイッターのタイムラインで話題になっていたのが「最低時給1500円に」という公約について「無理に決まってる」「企業がつぶれる」「こんな公約を掲げる政党はポピュリズムにすり寄るだけで現実を知らない」・・・

 こういうことを経営側が言うのはわかります。が、なぜ単なる労働者、庶民の側が否定するのかと。

 ちなみに時給1500円なんて一日8時間、一か月20日フルで働いても24万円。手取りは20万円届きません。決して「おかしな数字」ではないですよ?

 もっといえば、野党が「消費税を廃止し、今までそれで埋めて下げていた企業の法人税を昔に戻せ」にさえ「消費税がなくなったら国家の経済が持たない」と・・・

 庶民というのは国や行政に対して「より自分たちが生きやすい社会を要求する」権利があるんです。で、その要求を突きつけるのが選挙であり、自分の選ぶ政党や候補者のはず。

 にもかかわらず「そんなことは現実不可能だ」で、いつまでも要求しなければ権力者か、資本家というのはいくらでも搾り取ろうとします。

 自分たち労働者、庶民の側が会社に「もっと給料上げろ!」というのに遠慮することはない。というか、それを行わず黙って従ってきた結果、他の先進国が時給1500円など当たり前なのにそれにすら追いつけない、企業業績や株価だけ上がるけど賃金は低いままの奴隷にされた国民になっていたのだから。






最終更新日  2022.06.24 07:59:43
コメント(0) | コメントを書く
2022.06.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
考えてみたら、今の30歳以下の人って自分が物心ついた時からずっと「日本が景気が良かった実感」を味わってないんですよね。

 企業の業績が過去最高益とか、株価や会社のトップ、役員報酬が過去最高というニュースはありましたが、一般庶民レベルでは税金、保険料が上がって、給与は据え置き。いや、据え置きならまだましな方で、契約、派遣社員が4割の社会では年功序列による昇給もなくなり、ローンを組んで家や車といった高額なものを買うこと躊躇するしかない未来。そんな中をずっと生きてきたわけで。

 それなのに、バブル時代を謳歌できたその当時の経営者や上の人のいう「愛社精神」などあるわけがない。年功序列も終身雇用も崩れた、それどころか「ボーナスなんて一度ももらったことがない」なんて人が当たり前にいる。

 先日「年収200万で楽しく暮らす」という本が話題になったが、この場合の楽しく、は「ほしいものをあきらめる、昔は当たり前だったことをあきらめる」ことであり、決して200万円で十分な暮らしができるのではない。というか、年収200万というのは手取りだと170万円程度。月収ベースなら手取り14万円では貯金ができない。何か病気やけがなど突発的なことが起きたら一発アウトな人生。

 人間、生まれてきた時期や場所、境遇や環境は選べない。高度経済成長時代からバブル崩壊までを社会人として生きた世代の「日本」と、バブル崩壊から30年間を生きている世代の「日本」は全く別物であり。

 だから、その時の連中が東京オリンピックや大阪万博に当時の幻想を抱き、そのツケを我々に回す。






最終更新日  2022.06.23 08:45:37
コメント(0) | コメントを書く
2022.06.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
たとえば、憲法の法的解釈を歪ませた結果、「自衛隊という世界でもトップクラスの予算を使った戦艦、航空機、戦車などの地上攻撃兵器を有し、あまつさえ国際貢献の名目で海外に武装した兵隊(自衛官)を送ることができる」のに、昨今あった「同性婚」にかんして

憲法24条 「婚姻は両性の合意のみに基いて成立する」

 の「両性」は男女を意味しているため同性婚は認められない。という程度の内容を法解釈で変えることなどできないわけがない。というか、両性は男・男 でも 女・女 でも両性である、と解釈できない意味はない。

 国家の一部の人間の「都合のいいように」拡大解釈される。ましてや「すべて国民は、健康で、文化的な、最低限度の生活をする権利を有する」という部分さえ、市役所での生活保護を窓口で認めない、さんざんたらいまわしにして結局追い返す、といった行動を役所が行っている。

 憲法は時代遅れ、アメリカからの押し付け、時代にあった改憲を!という自民党の草案を読んだことがあるだろうか?内容は時代に会っているどころか、国家の隷属としての国民、という戦前の大日本帝国憲法に戻すような内容で、自由や主権を「国家のみとめる制限の範囲内で」許すというものであり。

 やたらに改憲を押す政治家連中が、今後国民をどんな風に支配しようとしているか?少なくとも、今の憲法すら守っていない連中だ。






最終更新日  2022.06.22 11:07:55
コメント(0) | コメントを書く
2022.06.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
どんだけ努力しても報われない人の話を聞くと「負の努力」をしてることが多い…って話「しっくりくる」

 これは、自分の経験でもわかる。というか、これで欝病になり、会社を辞めざる負えなかった。

 あの時、なぜ自分が頑張って上司の言う通りの無茶なスケジュールを達成しようとしたのか?明らかに労働法違反の働き方をしてまで我慢してしまったのか?結果はどうなったか?体と心(精神)という、他に取り換え用のないものを犠牲にしてしまった。

 今、上のまとめを見て、「あの時の努力は負の努力であった」ことを改めて思います。なぜなら、会社を辞めて別の会社に移ったとたん、同じ仕事なのに全く環境も、給与も違ってよくなったから。定時に帰る、ということにまったく罪悪感を感じないのが当たり前であることさえ忘れていた。毎日12時帰り、休日出社も当たり前の環境でどれだけ頑張っても残業手当はなく報酬には一切メリットはない。それどころか、それだけやっても上が勝手に決めたノルマから遅れていると叱責された日々…

 これからも常に考えていきたい。






最終更新日  2022.06.21 07:23:32
コメント(0) | コメントを書く
2022.06.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
前にワンオペが問題になったあるチェーン店飲食店の社長が「たとえアルバイトであろうと派遣社員であろうと、お客様にとってはこの店の社員なんです。だから、その自覚をもって全従業員は仕事をするべき」と・・・

 ・・・じゃあ全員を正社員としろよと。

 例えばアルバイトなら時給1000円なら1000円の仕事をするのが正しい契約です。ましてや、深夜に人が足りないを理由にして、ワンオペで調理も、配膳も、レジ打ちもさせるようなことをバイト一人に任せるようなのはどういう労働環境だよと。

 というか、あんたがちゃんとした経営者の仕事してないだろ?






最終更新日  2022.06.19 08:04:13
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5281件 (5281件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


© Rakuten Group, Inc.