7528776 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FANTA-G

2008.06.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 コミックマーケット(通称コミケ)が間もなく開催の足音が聞こえ始めまして、当落通知も各所でいろいろと。(当方も受かりました)

 コミケに参加して、はや10年以上になるのですが、こうして毎年2回のコミケを「当然のこと」として年中行事に組み入れていると、意外とコミケの異常性を忘れてしまう自分がいて、はたと怖くなったりして。そこでコミケの異常な部分を今回、改めて羅列してみます。

1、規模・・・日本最大の敷地面積を誇る東京ビックサイト。ここを3日(準備も入れると4日)全館使用するイベントは現在コミケ以外に存在しない。しかも、年に定期的に2回。単一施設内で行われる日本最大規模のイベントである。

2、動員数・・・参加サークル3万5000、参加者のべ人数50万人。これがほぼ全て「オタクで構成されている」(一般人が参加する祭りとは違う)

3、長い歴史・・・第一回目から数えて30年以上。その間、途絶えることなく、しかも規模や動員数は増え続けている。

4、開催時期・・・8月中旬と12月後半という、一年でもっとも「先祖に祟られそうな時期」に開催。もっとも理由は「その期間でないと借りられない」のと「社会人や学生が休みを取りやすい」ことも考慮されている。だが、反面暑いし寒い。

5、イベントスタッフが基本ボランティア・・・設営や撤収はサークル参加者の協力。これらは民間の企業イベントではとうてい考えられない。スタッフには医療関係者、海外参加者向けの通訳なども

6、周辺交通機関への影響・・・当日は臨時バス、臨時電車、モノレール駅の声優を使った特別アナウンス、会場駅での特別ポスター、また、地方からはコミケ用イベント列車や高速バスツアーも企画されている。

7、これだけの歴史と規模を誇る日本最大の室内イベントでありながら、国や都の支援を受けるどころか、販売物にわいせつ物の疑いがあるものが含まれるだけに、ある意味邪魔者扱いされている。現に一度、幕張メッセを追い出されたこともある。また、よくある大企業の協賛などもなく、「有限会社コミケット」という、イベント施設を借りるために作られた会社(この手の施設は個人レベルでは貸してもらえないため)のみによって運営されている。ちなみに企業ブースはあくまで「物販スペース」であり、スポンサーとは違う。場所代を払って販売しているに過ぎない。

8、イベント開催期間中は、館内で大きな演出なし。皆、黙々と同人誌を売り買いして終了。まさに同人誌をやり取りするだけのイベント。

9、関連周辺企業、特に印刷所はコミケあわせという言葉が定着している。また、大手宅急便会社がテントを張ってイベント開催中ずっと営業。専用に臨時バイトを雇うほど(時折、バイト情報誌に短期バイトの告知がある)

10、当日は館内で携帯電話が使えるよう、NTTが臨時で電波配信の車を出す。それでもつながりにくい。

11、イベント開催時の経済効果は一回につき80~100億円規模とも計算されている。が、その金額がほとんどイベント内で完結しているため、経済波及効果が極端に少ない。税収にもつながらない。

 ・・・改めて見るとやっぱ「異常」ですね・・・ちょっと怖くなった。

 でも、故、米沢さんの言うように「コミケがいつでもあるとは思わない、常に中止と背中合わせ」ってことは参加者一人一人が覚悟した方がいいですね。大型のバスにみんなで乗っているつもりだけど、実は一輪車、みたいな(?)

他にも異常性があったら、ぜひコメントで追記してください(W 






最終更新日  2008.06.08 13:23:43
コメント(20) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


FAM5220

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

sparrow@ Re:適切な対応を行っているなら、なぜパンデミックが起きているのか?(02/21) パンデミックという言葉を使うのはこれで…
もにゃら@ Re:適切な対応を行っているなら、なぜパンデミックが起きているのか?(02/21) 新型肺炎が終息したらしたで 「昔の話を蒸…
111@ Re:民族ヘイトをまき散らす方がよほど社会の悪影響(02/02) しかし、ヘイトが民族を生み出したのでは?
sparrow@ Re:経営の失敗を社員のやる気の問題にするな(01/28) 〇〇をすればボーナスを与えるとか成果を…

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.