000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FANTA-G

2008.09.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
もしかしたらゲームの映像の美しさって「びっくり箱の最初の一回目」程度の価値しかない気がする、というお話。

 ゲームの魅力で「美しい映像」というのは案外慣れてしまうのが早いんです。例えば超絶グラフィックを売りにしたレースゲーム。すげえ!さすが次世代機!と思ったのは最初の15分で。後は淡々とレースゲームとして遊んでしまうんです。目が慣れる、とでも言うのでしょうか・・・せっかく作りこまれた背景も車も「ああ、そういうものなのね」と。

 これはどのジャンルのゲームも同じであるのと同時に、逆にチープなグラフィックの面白さで全体を統一すると、それが味になってしまう(リズム天国みたいな)。そして一度「そういうゲームなんだ」と納得すると、逆にグラフィックが気にならない。

 見た目のインパクトというのは、特に雑誌媒体や宣伝PVにおいて売り上げを露骨に左右します(半端なグラフィックであるだけで、まずお客さんの購買視野から外れます)

 しかし、インパクトという意味であれば別に「リアル」にこだわる必要は無い。びっくり箱の中身に、ばね仕掛けの玩具が入っていても、ハトが入っていても、1000万円の札束が入っていても「相手を驚かせれば」効果は同じ。

 そしてユーザーはいい加減なものなんです。チープな画像のゲームが面白ければこう言います「やっぱゲームの本質はグラフィックじゃないよね」。逆に超絶画像のインパクトで魅せるゲームが面白ければ「さすが次世代機にしか出せないゲームだよな」と。

 例えばポリゴンでリアルなレースゲームをいろんなメーカーが作った結果、どれも「同じに見える」努力をしているとしたら、それはそれで寂しいです。







最終更新日  2008.09.08 08:38:11
コメント(2) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


FAM5220

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

あいう@ Re:公務員だって税金払ってるし(01/30) バブルの頃は〜っていう反論、そんなこと…
もにゃら@ Re:こういう愚かな人間が勝手にマナー作ってマウント取るのか!(10/19) あのう、この手の話は自分の勝手な気遣い…
sparrow@ Re:学者や研究者というのはどんな分野であっても本当に宝みたいな方々(10/09) 官房長官時代から露骨に動くところがあっ…

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.