6243142 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

FANTA-G

2009.01.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 ゲーム屋としてすごく気になった記事を
12月28日 日曜 今週はずっと小学生や親子でのマジコンの問い合わせが続いてます

 小売店の方の悲鳴に近いエントリーですが。

 要は「親が子供にマジコンを買ってあげたいけどどこで売っているのか、それを小売店に聞きに行く」という、なんとも呆れた時代になっているようで。例えるならドロボウのテクニックを警察に聞きにいくことに何の疑問も持たないバカ親、とでもいうのでしょうか。

 恐らくこの親は罪の意識などまったくないのだと思います。それこそ「家計を助けるちょっとしたマメ知識」ぐらいの感覚で。しかし、やっていることは犯罪です!万引きと変りません!現行法では正規購入したユーザーの個人レベルのバックアップは認められていますが、マスターを持たない複製品の所持は違法です。

 よく「本当に欲しいものであればお金は払う。元々買う予定が無かったんだから売り上げは変らない」などと言い訳する輩がいますけど、本来お金を出さなければ入手すらできないんです!買う、買わないとはそういう判断なんですけど。

 もっと怖いのは親がこの行為を肯定し、子供に買い与えるということは、この子供は絶対に今後、この方法でソフトを手に入れることがいけない事であると思うことはないでしょう。そして、タダで手に入れたゲームが日常化すれば「ゲームに金を払うなんて馬鹿馬鹿しい」という間違った感覚が植えつけられ、正規購入をまったく行わない人間になる。

 いわゆる「真性クレクレ厨」の完成です。こうなれば客じゃありません。どんなにいいモノを作っても「金を払う価値なんてない」と言い続ける、そのくせ商品の内容には一人前に文句を言い、面白ければ他者にまで違法品を薦める。私達作り手の「敵」です。

 昨今、任天堂がDSの新型を出したり、ソフトメーカーが違法ROMだとゲームが進行しなくなるプロテクトをかけたりしていますが、必ず突破され、そしてその突破はまるでユーザーのため、みたいな感覚で語られているのがすごく嫌ですね。

 「モノを作るには金と時間がかかる」という根本的なことを小さいうちから皮膚感覚で理解させるのが親の勤めだし、義務です。子供にバッタモン買い与えるような親はそもそも「愛情がない」と言われても否定できませんよ。まったく・・・

 

 



 





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2009.01.07 08:31:40

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

adgjm@ 志村ー名前ーw あー、それ俺だからw バカ丸出しwww
爆睡1211@ Re[2]:どんどん危ない方向に食指を伸ばしているようにしか見えない(01/31) Aドッグジャムさん >>戦争被害受…
Aドッグジャム@ Re[1]:どんどん危ない方向に食指を伸ばしているようにしか見えない(01/31) >戦争被害受忍論が自明の人はある意味I…
Aドッグジャム@ Re[1]:ヤンキー先生じゃなくて単なるバカ先生だよ(01/30) >あと人様のブログで他のコメントにつ…
爆睡1211@ Re:どんどん危ない方向に食指を伸ばしているようにしか見えない(01/31) かの好戦的な政治指導者様の目論む積極的…

フリーページ

ニューストピックス

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.