6629903 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

FANTA-G

2011.06.16
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 こちらのツイッターマトメを読みまして鋭いなあとうーんと唸ってしまった。

朝木貴行先生の「同人誌は良い意味でも悪い意味でも売り手市場」

 確かに買い手が「こんな下書き本を1000円で売るなんて!」とか、「ほとんどが再録かよ!手を抜くな!」というのを書き手に言うのは「同人の世界では」おかしい。お互いが趣味である、という部分がすっぽり抜けてしまっている。

 で、ここからが本題なのですが・・・

 あるサークル、私が初めて買ったときには島中の行列もない無名サークル。ですが非常に内容も丁寧に、かつ、原作を活かした内容で、オマケのあとがきとか対談なども楽しかった。ので私も必ずサークルチェックをするようになりました。

 やがて、人気が上がって行列が出来るようになり、壁際の大手サークルに。しかし、そうなった後にしばらくして領布物の内容が激変します。まず、新刊本が明らかに下書きであったり、あるいはやるだけの内容(それまでは原作の設定を活かしていたH漫画でしたが)そして何より、グッズが増えた。

 やがて、そのサークルさんの行列は小さくなり、壁際から島中に戻りました。その後数回でサークル参加もなくなりましたが。

 わたしはこれを悪い事だと言うのではありません。同人は趣味の世界だから、それこそ「もっと昔みたいに真面目に書け」なんていうのは逸脱した意見です。

 ただ、自分が好きなように書けるのと同じぐらい、買い手にも「買う、買わないを選ぶ選択肢がある」ということは、自分も書き手であり作り手であるから、同人をやるにあたって胸に秘めておきたいなと。コミケであれば3万以上あるサークルの中から、わざわざ自分のサークルを探して来てくれる人がいる、というだけで幸せです。

 それに、何より一生懸命作った方が売れたときの感動が大きいですから。






最終更新日  2011.06.16 08:22:09
コメント(4) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


FAM5220

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

sparrow@ Re:マスコミ的正義と一般人の考える正義の剥離(02/04) 言ってることはごもっともだと思います。 …
sparrow@ Re:食べていい、イケナイの話ではありません!(02/04) 確かに今年の不漁に関していえば、水産庁…
もにゃら@ Re:食べていい、イケナイの話ではありません!(02/04) 水産庁はバカなんだろうか… 割りとマジで…
sparrow@ Re:10年後に日本のウナギ文化が残っているかどうか・・・(01/24) 巷に出てる養殖ウナギのことをわかってい…
もにゃら@ Re:王を称えよ!「バーフバリ 王の帰還」(01/21) 一言だけ 帰還ではなく凱旋です! 私は…

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.