7080395 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FANTA-G

2012.07.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 ネットで「後味の悪いマンガ」をあげてみる、といういうのに対し、ある意味筆頭として取り上げられたのが「闇金ウシジマくん」でした。闇金業者のキツイ取立てと、落ちていく人間、どうにもならない社会の闇を描いたリアルな描写はたしかに救いがない話ではありますが。

 で、個人的に「闇金ウシジマくん」は読んだ際、あまり欝にはならなかったんです。恐らく自分が今までこういう世界を知らなかったので、どこか異世界ファンタジーとしてみてしまっていたからかもしれませんし、内容が面白いのでぐいぐい引き込まれた、という印象でした。

 で、自分が個人的に後味の悪いマンガだったのは・・・実はマガジンに連載していた「GTO」なんです。

 テレビドラマにもなり、昨今リメイクもされました破天荒先生のお話なのですが、このマンガ、一見爽快なんです。元ヤンキーで型破りの先生がどかーん!と豪快にその枠を壊して生徒の人望を得る。こんなわかりやすい娯楽性のある作品がなぜ後味が悪く感じたか?

 それはこの作品、鬼塚先生の豪快さを強調するために対極の人間としていやみな教頭先生や頭の固い先生などを配置しているのですが、その先生たちが事あるごとに自分の大切にしていたモノを雑に壊されたりするんです。で、お約束ギャグとして「わ!わしの大切な○○があ!」と。

 こうやって鬼塚の豪快さとその他の先生の矮小さを出しているのですが・・・これが・・・なんか個人的に笑えないというか・・・

 歌手:尾崎豊の歌の「放課後の教室窓ガラス壊してまわった」とか「盗んだバイクで走り出す」の、あとかた付けを高校時代リアルにするタイプの人間だった自分にとっては、鬼塚のこの豪快描写はまったく笑えない、なんか地道にコツコツやっている人の努力をノリと勢いで全て破壊して知らん振りするのが爽快とする、というイメージでむしろ壊されて呆然とする側に共感してしまったというか・・・

 もちろん、マンガのフィクションですから何の問題もありません。ですが、自分の中ではこの後、鬼塚先生がどんなに生徒の危機を救っても、ずっと後味が悪いというか。

 闇金ウシジマくんはある意味自業自得な社会を描いている、だから結末が悲惨でもあまり後味悪く感じない、のですが、GTOに関しては上記のような理由でなんだか「自分の大切なものを他人に土足で踏み壊されたのを笑いにできない」から、後味が悪く感じてしまうのでしょう。


 






最終更新日  2012.07.25 08:43:10
コメント(9) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


FAM5220

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

もにゃら@ Re:困るのはブラック企業の経営者だよ(03/30) そういう人は悪い意味で部下に過剰な期待…
もにゃら@ Re:陰謀論に引っかかる人(03/20) ネットではよくある事ですね>証明責任を…
鴉斑鳩@ Re:こういう時こそ「きちんとした」報道を(03/14) こういう時にピエール瀧さんのフォロー す…
sparrow@ Re:コックの募集に支配人のキャリアを求めるな(03/13) 下のエントリーにかかれていますが、日本…
FAM5220@ Re[1]:沖縄はレイプ被害者みたいなもの(03/03) もにゃらさんへ 今回の基地を首都に移すと…

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.