7381698 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FANTA-G

2019.05.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「心底失望した」伊藤忠元会長・丹羽宇一郎(80)が、政府の「働き方改革」を徹底批判!

 読んでいてぞっとしたのは

「仕事とは、すなわち人生そのもの——私は半世紀以上、この信念でやってきました。そしてそれは今も間違った考えだとは思っていません。

 という勝手な思い込みです。なぜいやいや仕事をする、生きるために仕方なく仕事をする人を認めないのか?誰もが生きがいを仕事に見出していると思っている傲慢というか。

 『○時間以上は残業禁止』と法律で線引きをするより、上司が個人の体調や働き方を見守ってマネジメントする方がよほど過労死の防止につながると思います

 だから!その基準を明確にするために法定時間を決めるんでしょうが!だいたい、私が以前勤めていたブラック会社は絶対に終わらないノルマを与え、そのくせ定時以降に残ったり休日出社が多いと総務から苦情が来る、そのことを上司に言ったら「だったら仕事を効率よく終わらせろ」と・・・最後の方ではタイムカードを定時上がりに押すことまで示唆されて(当然、断りましたが)そんなところがブラック企業なんです。

 つくづく思う。仕事なんて生きる糧を得るための手段でしかない。そこにやりがいや生きがい、人生をかける人がいてもいいけど、健康を損なってまで無理やり仕事をさせられているのが今の大半のブラック企業。そして、その状況はここ30年、バブル崩壊以降全く変わっていない。むしろ悪化している。

 何しろ私は一度、過労でうつ病になりそのブラック企業を辞めました。その期間というのはまさに地獄で。仕事に生きがいとかやりがいなんて一切考えられず、ただただ早く終わってほしい、逃げ出したい、辛い・・・大好きだったゲーム作りが単に自分を苦しめる拷問にしかならず、それは明らかに超過労働の弊害(何しろ毎日深夜1時帰宅、休日もない)が3年続き、それこそまじめに自殺まで考えるくらい追い詰められて。心療内科の先生にお世話になって・・・とてもじゃないけど美談にはできません。

 それなのにその会社の上司からは、最後まで一度も謝罪をうけておりません。私が勝手に「過剰に仕事をした」ことにされたんです。

 だから、こういう人に言われると腹が立つんです。






最終更新日  2019.05.26 00:19:04
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


FAM5220

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

もにゃら@ 歴史を逆行させたいんでしょ Re:民衆の不満(11/17) New! 王侯貴族が支配し、何をやろうと罰せられ…
もにゃら@ Re[1]:領収書を突き合せればわかるだろうが・・・(11/16) 指示は支持の間違いです。
もにゃら@ Re:領収書を突き合せればわかるだろうが・・・(11/16) 安倍政権は軍拡路線で中韓にも辛口ですか…
もにゃら@ 上級国民ね Re:急いでいた理由はわからない。(11/15) まあ、同じような事件を起こしたバス運転…
46で正社員でスネかじりの童貞@ Re:アダルトゲームポスターから見る職業差別意識(11/10) 職業に貴賎は無い。勿論です。が、世の中…

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.