8432415 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FANTA-G

全5096件 (5096件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カテゴリ未分類

2022.01.14
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
いまだに不思議に思うのは、日本では「いいものをより安く」が「商売人の善」とされているということ。しかし、私はこれ、間違いだと思うのです。

 本来、いいものを作るというのは「それによって多くの利益を得るため」です。そのために企業は努力し、その利益を社員に還元する。社員も努力する理由はより多くの給料をもらうためです。

 が、この流れがバブル以降30年、この国では止まっている。スーパーなどで時折「利益還元セール」などというのを見ますが、客に利益を還元する前に従業員に利益を還元しろと。それがなかった、安いことはいい事だ、という考えの蔓延、循環が結局この国をここまで貧困に貶めた。

 昔からあるお菓子の内容量が昔に比べてどんどん少なくなっていく。しかし、物価が上がっているのであれば10円、20円の値上げは本来、品質と量の維持ために、もっといえはそこで働く従業員のために「正しい値上げとして」行うべきだった。

 いいものをより安く、は消費者利益のように思えるが、消費者も働いた賃金で生活していることを考えないと、企業努力にはならない。






最終更新日  2022.01.14 08:52:36
コメント(0) | コメントを書く


2022.01.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日のコロナ感染者が都内では2000人という数字。これは見事に昨年の踏襲であり、コロナというのはこうやって減るのと増えるのを繰り返している、ということがはっきりした訳で。

 で、ヨーロッパやアメリカなどと違って日本は島国で他国から入ってくるのをかなり抑えられる地理的有利がありました。が、今回、東京や大阪など大都市圏以外の地方で感染が広がっているのが在日米軍基地がある沖縄や山口と言った場所。特に沖縄では医療関係者が多く感染し、診断を辞める病院がふえているということ。

 なにより、根本の原因として、在日アメリカ軍兵士が入国の際にPCRチェックを受けず、またワクチン接種義務もないまま、基地内だけでなくそのまま市中に外出していたということ。他の外国人入国者と違って空港権益もない、米軍基地であれば関係者は入国フリーパス。つまり、政府が躍起になって空港で水際対策をやっていたのに米軍に関してはザル状態で、そのままその結果が市中感染につながっているという・・・

 つくづく思う。国防とは何なのかと。最新兵器や敵基地先制攻撃能力を語るより、まずこの国の国防って毎年のようにある自然災害、市民に自粛ばかり求める癖に給付金もろくに出さない、たとえ在日米軍であってもパンデミックを防ぐために米兵の基地隔離も行わず、今回のようなコロナ対策をおろそかにしていながら何が国防かと。

 最近、テレビではしきりに「オミクロン株は毒性が弱いので重症化しにくい」ということを強調しすぎて、まるで大したことがない雰囲気を作っていますが、たとえ重傷患者が出にくいとしても、沖縄のように医療関係者や市中感染がさらに広がれば社会インフラなどにも影響が出る。オミクロン株の爆発的増加は他国で既に立証されている、感染して、苦しい中であっても働け、と・・・そういうことなのだろうか。その結果がまた市中感染を増やすというのに。

 本当の国防とは何なのか?いわゆる「保守系愛国者様」に聞いてみたい。だいたい、中国からコロナが流行った時にやたらに中国に対して「世界的パンデミックを起こした責任取れ!」と大声でわめいていた人が、今回の明らかに防ぎようがあった米軍基地からのウイルス持ち込み状況には「在日米軍は出ていけ!」などと言わずだんまりだし。






最終更新日  2022.01.13 07:22:50
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
成人の日、ということで都内でも振り袖姿の若い人をちらほら見かけまして。

 で、若い人に言いたい中年からの一言

「20歳になったから大人としての責任感をしっかり持て!なんてジジイの祝辞なんぞくそくらえと思え!」ということ。

 というか、そんな責任感と規範意識を持った大人ばかりの世の中だったら、政治家や偉い人の不祥事、不正、そしてそれをなかったことにする汚い社会であるはすないと。

 なにより、まだ学校卒業したばかり、あるいはまだ学生の皆さんにそんな社会の重責を負わせるだけ背負わせる連中を疑えと。ある新聞の社説に「自分の行動に責任が持てるのが大人だ」と書かれていたが、そういった自己責任論がなぜか偉い人には適用されず、生まれながらの環境に貧困や不景気のような個人の力でどうにもならない苦労を自己責任論に変換し、追いつめる連中のなんと多い事か。

 まずは「わが身大事に」

 社会に対する責任とか、奉仕の心なんてのは自分の生活に余裕ができてからでいい。大きな責任を背負うのは、それに値する利益が出る仕事をするようになってからだ。






最終更新日  2022.01.10 17:48:12
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
表現の自由の多様性とは「登場人物が全員白人のアニメがあってもいい」であって「登場人物に白人だけでなく、黒人も、アジア系黄色人種も、中東系も入れなくてはならない」ではない。

 何より、「そういう人種を入れなくてはいけない」と思うのであれば、そういう作品を自分で作れるのが多様性だ。他人の作っているものに横から赤の他人が制限する、それこそ表現の自由の侵害。

 あと、面白さと倫理的正しさは違う。主人公が作品内でどんなひどい、倫理を逸脱した行為をしても、それを咎められる理由はない。なぜなら、その主人公が生きる世界は現実とは違うから。もし、その作品に影響されて現実で犯罪を犯した人間がいたとしても、それは世界が違うことを見極められなかった本人の責任。〇〇という漫画の影響で~みたいなことは作者に責任があるわけがない。

 むしろ、そういった読者や見る側に影響を与えるのは、それだけ創作物として魅力があった作品といえよう。恐ろしい話だが

 作者が読者の行為にまで責任を持つ必要はない。同じ本を読んでも全く違う感想を持つのが人間だから。そんなことまで責任の取り様がない。






最終更新日  2022.01.09 20:50:26
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
都心で雪が積もった翌日の朝。出勤するのに長靴をはき、凍る路面をソロリソロリとおっかなびっくり駅まで歩いたのですが、そこでちょっと信じられない光景を。

 氷る路面を自転車で走る女性がいたんです。しかも、子供を後ろの補助シートに乗せて。

 びっくりしましたよ。路面は凍っていて歩いても滑って転びそうになる状態なのに!危ないと思わないのかなあ?

 とおもったら交差点で見事に転んでた!当たり前ですよ!こんな状態でタダでさえ不安定な自転車で、しかも2人乗りなんて狂気の沙汰。そばにいる人(私も含む)が慌てて「大丈夫ですか!」と子供とお母さんを抱き起しましたが。

 結局、お母さん、そこからは子供を歩かせ、自分も自転車を押していきましたが…本当に何考えてるんだろう…

 子供の保育園への登園だと思うのですが、自転車で連れていくなんて無謀を考えるぐらいなら、こんな日ぐらい「危ないから今日は休ませてもいいや」と考えてほしいです。






最終更新日  2022.01.08 16:06:28
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
最近、つくづく思うのは「日本の企業って社員に甘えてないか?」ということ。

 たとえば、うちの会社の場合ですけど一昨年コロナ騒動が起き、4月の段階で社員テレワーク体制になりまして、で、その際の自宅作業環境を「個人のPCがある社員はリモートで自宅から作業するように」というお達しがありました。が、これって勝手に個人の持ちもの(PC)を会社の備品扱いしている、ということですよね?

 しかも「機密漏洩を防ぐために就業中は仕事部屋に外部の人間を入れないこと」とか「自宅作業中はリモートの環境設定上、不用意に通信を切らないこと」とか。もっとひどいのは「セキュリティーのために指定のウイルス対策ソフトをインストールすること」とウイルス対策ソフトの指定まで・・・これって完全に自宅PCの中身の変更を押し付けられているのと一緒です(ウイルス対策ソフトによっては別の会社の同種ソフトを使っていると競合して使えなくなることもあります)。

 で、もっと大切なのは「緊急だったので一時退避的に使用する」ならわかるのですが、この状態がもう1年以上続いて間もなく2年になろうとしているというのに、いまだに会社側からは業務用の専用PC貸し出しが行われていない。今後もいつまでこの状況が続くかわからない。もっといえば、家族がいてPCを共有している家庭では、業務時間帯を完全に占有されてしまうことになる。他の家族が使えなくなる。

 一度そういうわけで総務に「個人のPCを仕事に使いたくないので会社に置いてあるPCを自宅に送ってそっちで作業させてください」と言ったところ、「直接データの入っているPCを外部に持ち出すのはセキュリティー上問題が…」とか言われましたが、セキュリティー云々うるさく言うのであれば個人の所有PCで作業させるなとw

 このようにコロナは仕方ないとはいえ、会社の業務に必要なものはノート一冊、ペン一本にかかわるまで本来は会社の負担のはずなんです。それがないがしろにされている。

これは完全な甘えです。






最終更新日  2022.01.07 10:34:18
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
本日は関東でも雪。会社でも昼過ぎに全社メールで「雪による帰宅困難をさけるため3時まで仕事していればみなし労働で退勤OK」という命令が出たので、いそいそと帰宅しました。

 外はちょうど雪の粒が大きくなってきたところで、自宅最寄り駅に到着した4時近くにはあたり一面雪景色。こりゃ早々に帰って正解だったと。

 しかし・・・つくづく思うのですが、コロナのオミクロン株の爆発的増加で、昨年12月に通常勤務形式に戻したうちの会社も、また東京で緊急事態宣言があったらテレワークに逆戻りしそうです。なにしろ今日の東京都内の新規感染者が600人以上、つい数週間前まで二桁だったのが一気に拡大していく様子は昨年の年末にかけての感染爆発と同じ経緯を見ているようです。

 幸い、前回と違うのは国民の大半がワクチン2度接種が終わっているのと、オミクロン株に関しては以前より重症化しにくい、という報告が各国から上がっていますが、たとえ重篤にならないとしてもかかれば辛いのは同じなので・・・

 そんなわけでこんな雪が降った時ぐらい、自宅であったかいもの食べて、あっつい風呂に入り、布団をもう一枚かけてあったかくして寝ます。






最終更新日  2022.01.06 20:19:47
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
大晦日に二年詣りで田舎の小さな神社に参拝しまして。で、変わっていたことが。

 まず、参拝者が手を洗うお手水場が普段だと柄杓で水をかけて、のところが閉鎖されて、代わりにアルコール噴霧器がセットされていたこと。それと、賽銭箱の前の大きな鈴紐が取り外されていて使えないようになっていたこと。また、いつもであれば参詣者への振舞いの甘酒も中止されていて。

 これらはコロナで大勢の人が接触するものや飲食、場所を避ける行為です。

 縁起を担ぐ神様もコロナには勝てない、そんな感じであり。






最終更新日  2022.01.05 08:43:20
コメント(0) | コメントを書く
2022.01.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
遅ればせながらあけましておめでとうございます。

年末から年始にかけて実家に帰省し、その間、パソコンでここに書き込む手段がなかったので久々の書き込みになりますが。

 年末年始は長野の実家に帰省しまして、また、昨年はコロナで帰省できなかった姉と妹も集まって、ようやくいつもの年越しとなりました。大掃除をして、紅白を見ながら年越しそばを食べ、除夜の鐘と同時に近所の神社に2年詣りをしつつ、元日はおせちと雑煮でゴロゴロ、2日目に近所の温泉へ初湯に行き。本当に絵にかいたような正月風景。

 この当たり前もコロナで昨年はできなかったんだなあと思うと、しみじみ有り難さを感じました。

 世間では年始からコロナ新規感染者が増えつつありますが、なんとか収まってほしい、そう願うばかり。

 と、いうわけで今年もよろしく・・・






最終更新日  2022.01.04 15:53:42
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
中絶薬実用化で「胎児の定義を教えて」 女性らの声に官僚は六法全書をパラパラめくり始めた

 たとえば日本での望まない妊娠を防ぐためには現在、一番一般的なものはコンドームになります。つまり、男性側主体の避妊です。そちらに関してはコンビニで売られているほど簡単に入手できますが、女性が行う避妊の選択肢というのはピルのような経口避妊薬は医師に処方箋を書いてもらうなど煩雑な手順が必要になります。ペッサリーのような避妊具もコンドームほど手軽に入手できるものではありません。

 で、上の中絶薬についての見解は「安易に子供をおろす手段があると性が乱れる」という保守層の根強い反対がある。

 が、男性にとって望まない妊娠を防ぐ手段であるコンドームはいいのに、女性にとっての手段はNGというのは明らかに女性側にとって不利なことではないだろうか。

 それに冷静に考えるとコンドームというのは望まない妊娠の責任を回避して、純粋にSEXの快楽を追及するためのアイテムです。それがあること自体が「性が乱れる」には含まれないのは男にとってだけ都合がいい話ではないかと。

 この中絶薬は胎児が大きくなる前の段階で効果があるので、現在日本で行われている中絶方法より母体に負担が少ない。にもかかかわらず、なぜそれを認めないのか?特に望まない妊娠での中絶をするというのは女性側の肉体以上に精神的な負担が大きい。だからこそ、男性より女性側の、それも当事者の意見を最優先すべきはずなんですが・・・






最終更新日  2021.12.28 00:35:26
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5096件 (5096件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


© Rakuten Group, Inc.