7161347 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FANTA-G

全4144件 (4144件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カテゴリ未分類

2019.06.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
年金が老後2000万円足りなくなる報告に関して政府がその報告に関する質問を控える、という閣議決定を行った、異常な状況にあきれ果てる。

 前も書いたのですが、健康診断で悪い数値が出たのを「そんなのは認められない」と本人が診断書の受け取り拒否すれば問題がなくなるわけじゃない、どころか、警告を無視して今まで通りの生活を続けたら悪化するだけなのに。

 今回の件ですごく気になった報道が「政府は初期消火に失敗した」ということを言っている与党議員がいること。なんだよ、初期消火って・・・完全に馬鹿にしている、というか選挙のことしか考えていない発言で。

 それともう一つ、不安をあおる行動をずっとしているのは麻生大臣で。この人、昔からそうですが言葉に責任感がないわりに攻撃的なことを言うことで混乱させる。思い付きや反射で返答し、それの矛盾が後になって追及されると周りが大迷惑という。本来ならもう何度辞めさせられてもおかしくない人間です。

 で、思うのは世の中に同じ問題発言しても「ああいう人だから」と許される人間がいてはいけない、ということ。差別発言や暴言の類って、一般人の暴力は許されない犯罪だけどヤンキーや近所の頑固おやじなら許される、のようなひどい話。それを回りが許してしまう、そうすると本人が勘違いする。

 麻生大臣という人はずっとそれでここまで来た。麻生節と称して。しかし、冷静に聞けば単なる暴言だ。それを許したり面白がっちゃいけない。

 というか、こういうことを言われるのって私たちが馬鹿にされていると思われていること、気が付いてないのかねえ?選挙で彼に票を入れる地域の人って。






最終更新日  2019.06.19 07:23:35
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
仏、16歳の制服集団生活「国民奉仕」を試行 応募は定員の倍以上

 一読して背筋が寒くなる、気持ち悪さを感じました。っていうか、これって完全に国家による国民への思想矯正です!

 今は希望者だけ、となっていますが、文中にあるように2026年までに16歳以上の参加を義務付けるという・・・
 と、いいつつ、実はこういうことってこの国でもすでに行われていて。たとえば学校の義務教育内で国旗、国歌の強制とか、学校のカリキュラムによる道徳教育の点数化、など。

 なぜこれを私が気持ち悪く感じるかというと、こういうことを「普通だ」という社会であることを強制されたのが戦前の日本であり、国家主義のヨーロッパの歴史でもあります。国民は国家の命令に従わなくてはならない、国の言うことに逆らうのは犯罪・・・

 しかしそれはおかしなことだ、多大な戦争の犠牲で苦しんだのは国民であるという大量の血の歴史で学んだことがあるからこそ、国民が政府を管理、政治の暴走を制限をする憲法や法律が作られたはずです。

 ちなみにフランスだけでなくヨーロッパは移民の国。こういう国にとって自国民の愛国心を高めることは自然に他国や移民の排斥につながります。そうなると国内でどういう差別が生まれるか。容易にわかる。

 だいたい、過去の歴史を振り返ってもわかりますが国家が個人の「人格形成教育する」にろくなことはない。絶対に上のもの(政治家や支配者階級)に都合のいい人間が「正しい人間」とされる。

 第2次大戦でドイツは国内の少年を集め、寄宿舎に共同生活させ、愛国忠実なエリート集団を作った。いわゆるヒトラーユーゲント。その歴史の結果はご存じの通り。

 人間はそれぞれ違う。そんな中で共有できるところをすり合わせ、時間をかけて合意形成していくのが民主国家であり。そのことを思えば、上の気持ち悪さがよくわかるかと。






最終更新日  2019.06.18 10:57:20
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
老人の運転免許にしても、目立つ事件や事故があると「70歳以上は強制的に免許取り上げろ」と・・・しかし、地方では免許がないと買い物にも行けない、生活ができなくなる。

 一方、交通死亡事故の件数は戦後でいえば最低水準。これは自動車の安全性能向上の恩恵が大きい。むしろ自動ブレーキや車載カメラなどでより安全になっている。こういう統計は無視されて目立つ事故ばかりを強調する。

 なぜ、悲惨な事故が頻発しているように感じるか?それはメディアが「選んで報道している」から。高齢者の事故多発といいつつ、それ以外の年齢の時は年齢はスルーされる。

 当たり前のことだが、今20代、30代の運転手も必ず高齢になる。そして、その年齢まで自分が事故を起こさない、加害者にならないなんて保証は何もない。






最終更新日  2019.06.18 08:56:20
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
あるバラエティー番組で女優の作ったおにぎりをみんなで食べるところを、一人の女性が「私、人が握ったおにぎりってちょっと・・・」と食べることを拒否した、ということがネットで一部炎上ということについて。

 で、思うのは、他人の潔癖症を非難する、あるいは笑いものにする、ということはやめた方がいい。本当に相手を追いつめるからということ。

 潔癖症の人にとって他人の握ったおにぎりが食べられない、というのは、どうしようもないことです。これは自分が気にするか、しないかの違いだけであって、本人に拒絶反応がある以上、どれだけ気にしない私たちの側が「そんな細かいこと気にするな」といっても気になる人は気になる。

 「魔法陣グルグル」というギャグ漫画でヒロインのかわいい女の子が握ってくれたおにぎりだと思ってたべていたのが、ジジイキャラが脇の下で握っていたおにぎりだった、というネタがありましたが、これと実は大差ないんです。製作工程を見ていなかったらこの女性も食べられたでしょう。馬鹿々々しい例を出したのはそのぐらい感覚による拒絶反応は自然なもの。

 昔何かのドラマでおばあちゃんが丹精込めて作ってくれたおはぎをお土産として持たせる、孫が笑顔で受け取り、自宅に帰ると速攻でゴミ箱に捨てる、でも電話で「おばあちゃん、あのおはぎ美味しかったよ」というシーンがありましたが、これは孫が悪い人間か?という話でもあり。

 何しろ世の中には銭湯とか温泉のような共同風呂が「不特定多数の人間の入ったお湯など気持ち悪い」と入れない人もいる。他人が自分の車に土足で乗ることを禁止、スリッパを履かせる人もいる。もしかしたら自分の中にも他人と衛生感覚の線引きが全く違う部分もあるかもしれない。

 もっというと、蛇口をひねれば豊富にきれいな水がある日本人が、海外の途上国で白く濁ったような井戸水で顔を洗ったりそれを使って煮炊きしている食べ物を現地の人は普通に使っているのに拒絶反応が出るのと同じです。

 そう考えると、上の番組の女性の行為を簡単に非難できないんです。






最終更新日  2019.06.18 07:05:22
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.17
カテゴリ:カテゴリ未分類
不思議な話で、故・水木しげる先生が自身の従軍体験を描いた漫画に対して、若い世代が「一兵卒の近視的視点で戦争の本質を理解していない」「あくまで主観的な正義でしか戦争を語っていない」「旧日本軍の英霊を貶める反日作家」という意見がネットで投げつけられていた。

 なんだろね・・・こういう人たちって、戦争が起きたら自分はきっと軍師とか、司令官みたいな位置で戦局を見られると思ってるんだろうな。

 というか、自分だって戦争体験ないけど、当時自分が庶民として生きていたら絶対に水木先生の立場にしかなっていないと思う。というか、事実自分の祖父はそういう立場で亡くなったんだし。そうでなくても空襲で焼け出される庶民になるか、いずれにせよ戦局に関われるような人間になれる人なんて1%もいなかったはず。

 だから、残りの99%以上の庶民は水木しげる先生側の立場になった従軍記の方がよほどリアルなんだよ・・・






最終更新日  2019.06.17 06:58:00
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
おかしいと思ったときは早いうちに手のひらを返しておかないと、後になるほどやけどがひどくなるということ。

 今の政権にこれまで与党を支持してきた人もここ数年で「なんか与党、おかしくないか?」とざわめき始めている。

 たとえば政府が景気が良くなっている、日本の経済は株価も上がって絶好調、いざなぎ景気を超えた!なんて喧伝を本当に実感していた庶民がどのぐらいいただろうか?そしてここにきて統計改ざんの問題が噴出、数字的には何年もマイナス成長であったことがばれてしまった。

 また、年金問題。政府は100年安心のために消費増税をしたはず・・・出生率低下と高齢化で計算すると絶対に年金は今後破綻する・・・にもかかわらずずっと安心を歌ってきた。で、昨今の2000万老後に蓄えが必要報告を大臣が受け取らないという異常事態。では国民は2000万なくても年金だけで問題がないのか?それには答えられていない。

 それ以外にも森友、加計学園、自衛隊の日報隠し、TTP協定、沖縄の基地反対を強行工事、北方領土問題うやむや化・・・あらゆるところで「力で押しきってしまえば問題はなかったことにできる」政治がずっと続いている。

 しかも、ここにきて100日も予算委員会を開かないという民主主義の根底を覆す暴挙。

 この空気にさすがにこれまで与党支持してきた人間も動揺している。というか、こんなことをされて支持する理由がない。自分たち庶民に一切の恩恵がないんだから。

 政治家は国民の投票で選ばれた以上、その信任に答える義務がある。しかし国民はそんなひどい政権を支持し続ける義務はない。というか、自分たちの生活に害がある体制を引きずり下ろすのが国民の義務だ。

 香港のデモや沖縄でのデモ、あるいは国会前であったデモを「デモなんて一部の人間がやってるパフォーマンスでしょ」と思っている人間は、自分の生活がどんなに苦しくなっても今の政治が正しいと思い込んでいるんだろうな。大規模なデモ行為はマスコミに注目される以上、絶対に有権者の目に敏感な政治家にとってプレッシャーになる。

 自分の判断が間違っていたと認めたくないだけのためにおかしいと思っても現政権を支持し続けるのはもうやめた方がいい。それでも投票する人は彼ら政治家に「もっとひどいことをやっても許されるお墨付きを与える」ことなのに・・・






最終更新日  2019.06.16 09:21:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
使っていたパソコンの表示が先日、メッセージなどが急にすべて英語表示になってしまって。

 あれえ?と思って調べるが、そもそも表示が英語なのでわからない・・・結局、パソコン本体を買ったアキバのサポートセンターに持っていくと、どうやら前日にインストールした海外ソフトがデフォルト表示を勝手に英語にしてしまったらしく。アンインストールして設定から直してもらいました。

 こういうのって困りますよね。わたしはたまたま駆け込み的に持ち込んで直してもらいましたが、そういうお店がない地方などではまったく対処できない・・・特にこの手のハードではない、ソフト由来のトラブルはメーカーに持ち込んでも相手も困るケースがあって。

 ちなみに料金は2500円ほど。やれやれ、助かりました・・・






最終更新日  2019.06.15 21:30:06
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
「オタクをバカにされる人って何処の世界線に住んでるの?」高校生の素朴な疑問に時代は変わったと安堵する大人たち『10代にはいにしえの話だと思う』
 私のような古いオタクにとって衝撃の発言・・・というかいい時代になったと改めて思う発言です。

 ちなみに私が一番きつかったと思ったのは今から25年ぐらい前の宮崎事件が起きた時の世間のオタク迫害です。これ、メディアがこぞって漫画やアニメ愛好家を危険人物、犯罪予備軍として報道した。学校でもそれまで目立たない、単におとなしいだけの漫画研究会やオタクグループがいじめや先生の指導対象になった、とんねるずの人気番組でオタクをいじるコーナーがあり、クラスなどでも「おたくはそうやっていじっていい」という認識になった…

 ちなみに当時と今の絶対的な違いが「ネットがあったかどうか」です。当時はインターネットなんてなく、オタク同士の連携はファン雑誌の投稿やコミケのような同人イベント、クラス、学校のオタク同好会的な小さなコミュニティーでしかなく連携の取りようがない。また、当時はテレビや新聞といった大手マスメディアの影響力は絶大で、たった一つの事件があっという間にオタク=犯罪予備軍に仕立て上げられたのを忘れません。

 私は、だからこそこの迫害の歴史を「なかったこと」にしてはいけないと思う。これはこの国であった立派な差別の歴史。なにしろ、あの事件以降、それまで地方などで普通に借りることのできた同人イベントに使う公民館施設が急に貸してもらえなくなったり、私の学校の文化祭では自分も所属していた漫画研究会展示物が何者かによって破壊され「オタク死ね」と落書きされたり・・・

 ちなみに今でもオタク差別は平気で行われています。漫画やアニメ、ゲームだけでなく鉄道、ミリタリー、歴史系、さまざまなジャンルに熱中する人を笑いものにするテレビのバラエティー番組はある。もっといえばオタクの側にも新興のジャンル、たとえばユーチューバーやeスポーツなどを小馬鹿にする、差別する人がいる。

 「30年生きながらえるとそのジャンルは社会的理解を得る。50年生きながらえると立派な文化になる。100年生きながらえると伝統や古典になる」

 この国ではオタク差別の歴史があった。それだけは忘れてはいけないし、ある政治家が言っていた「この国では昔からアニメや漫画のようなオタク文化に寛容だった」発言には反吐が出る歴史修正者を見る思いです。

 差別していた側は忘れても、されていた側は絶対に忘れない。






最終更新日  2019.06.15 22:15:54
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.14
カテゴリ:カテゴリ未分類
ブラック企業にいた時のこと。

 その会社では月の残業が30時間を超えると総務から警告が当人と上司に行くようになっていました。で、そんなものはほぼ無視される。

 ある日、総務に個別に呼ばれて「君は働きすぎだ(150時間を超えていた)」と言われた際、私が堰を切ったように「帰りたくても帰れないんです!今の仕事量では!どうすればいいんですか!私だって一秒も残業はしたくないのに!」と・・・

 で、そのことが何やら問題になったらしく、しばらく経過した後に上司に別室に呼ばれてこんな言葉を・・・

「君、そんなにまじめにやることはないんだよ。総務なんて時間でしか見てないんだから。だからタイムカードを定時で切れば何も問題はないんだし」

 これ、マジで言われたんです・・・現代の怪談ですよ。






最終更新日  2019.06.14 07:59:02
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
ネットでちょっと話題になっていたツイッター記事で
「インターンの大学生に1000円分の切手を買ってきて、といったら1000円の切手一枚を買ってきた。自分は82円の切手を1000円分のつもりだったのに・・・」というもの。

 で、思うのはよく「部下が使えない、仕事ができない」と言っている人ってこういうのが大半なのではないかと思う。たとえば、あなたが今日の夕食に何が食べたいか?などというのはあなたの中にはラーメンであるとか、お寿司であるとか、パスタであるとか、自分が思いついたものが正解であるが、これを「適当に見繕っておいて」で他人に察しさせる、というのは不可能です。

 にもかかわらず自分がラーメン気分だったのにイタリアンレストランを手配されるとムッとするんです。この手の人は。どうして自分がラーメン気分だとわからないんだと。こんなことも察しられないこの部下は無能だ、使えないと。

 完全な間違いですよ。お前の脳内など外部に出力し、特にこだわりがある(駅前の○○軒の豚骨醤油ラーメン半チャーハン)なら、それが相手に伝わるまで(ここ重要)指示しないと意図通りにならない。中には自分が細かく指示することを放棄して「そんなの自分で考えろ」と言い出す人間まで。

 「もののけ姫」や「崖の上のポニョ」制作過程のドキュメント映像の宮崎駿のダメ出しが典型的なこれで。スタッフが書いてきたものを「このキャラはこういう風でこういう生まれだからこんな動作はしない(宮崎駿の脳内で)」「何も考えずに絵をかいてる(スタッフが考えた末に書いている)」「やる気がないならやめちまえ(やる気の問題ではない)」「お前の生き方がつまらないからこんな絵しか描けない(思い込み)」・・・典型的なパワハラと相手の人間性否定。しかし、この否定のすべては「自分が気に入らない」というものに集約されている。

 もののけ姫という作品は少なくとも原作もなにもすべて彼の脳内でイメージで構成されている、というか、彼自身も最後までシナリオを完成させて作ったわけではない。コンテや指示書に書かれていないことは他人にはわからない。しかし、業界での巨匠とか天才と呼ばれる人にはそれが許される、と思っている。世間でもなぜかこの手のパワハラを許容する。

 ジブリに優秀なスタッフは生まれても後継者が育たなかった最大の理由でもあり。むしろスタジオを出ていった人間のほうが成功している。そりゃそうだ。ジブリというスタジオにいる以上、宮崎駿という天才の顔色を常に窺って劣化コピーを作っているだけなのだから。

 つくづく思うのは「自由にさせる」というのはその人に決定権も与えないと無意味であるということ。「リンゴの絵をかいて。自由にやっていいから」という指示に赤い丸のリンゴがお皿に乗っている絵を書いたら「リンゴと言ったらウサギに切ってあるのが常識でしょ?そんなのもわからないの?」と出来上がってきたものにダメ出しをするのは自由ではない。

 上の切手の話、自分だってさらっと1000円分の切手買ってきて、と言われたら疑いなく1000円の切手を買ってきますよ。間違わないために。






最終更新日  2019.06.13 12:09:44
コメント(1) | コメントを書く

全4144件 (4144件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


FAM5220

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

ねむの樹@ Re:1000円分の切手(06/13) 1000円の切手があるのを知らなかった私で…
sparrow@ Re:金を払っていくらでも踏んでもらえ(06/04) 調べて直してみたところ、この運動はヒー…
sparrow@ Re:金を払っていくらでも踏んでもらえ(06/04) この運動は、外回りの話も含まれていたと…
もにゃら@ Re:怖いのは「犯人と自分とは違う」と思うこと(05/30) これ、宮崎事件の再来になりそうな予感 …
Demio6@ Re:売り上げで変化する倫理基準とは(04/26) 豊かなソフトの選択肢を捨てる宣言をハー…

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.