206975 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

・・・ 感じる響き ・・・

PR

Profile


スピネット

Calendar

Favorite Blog

九州の最重要霊場・… たんたん4531さん

シロメイズム-rakute… shiromechanさん
私のブログ 伊弉諾 龍さん
「のり2・クラシカ… のり2さん
SallyLaboratory Sally2006さん

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:女はみんな生きている!(08/11) viagra e cialis senza ricettacialis eff…
http://buycialisky.com/@ Re:塩キャラメルコンフィチュール♪(08/30) which has less side effects viagra cial…
http://buycialisky.com/@ Re:ペットのいるお宅(03/24) online pharmacy cialis pillssilagra wei…
http://buycialisky.com/@ Re:次は気功♪(07/08) genuine cialis price comparisonscialis …
http://viagravipsale.com/@ Re:女はみんな生きている!(08/11) viagra met andere medicijnen <a hre…

Freepage List

Headline News

Archives

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09
2009.12.06
XML
カテゴリ:音楽

今日は、シロメちゃんとオペラシティへ

「リナルド」を聴きに行きました

 

今年は、ヘンデル没後250年とかで

あちこちで、演奏会がありました

 

その、最後を飾るのが、この歌劇「リナルド」

 

[出演]指揮:鈴木雅明

リナルド:ティム・ミード(カウンターテナー)
アルミレーナ:森 麻季(ソプラノ)
アルミーダ:レイチェル・ニコルズ(ソプラノ)
アルガンテ:萩原 潤(バリトン)
ゴッフレード:クリストファー・ラウリー(カウンターテナー)
ユスタチオ:ダミアン・ギヨン(カウンターテナー)
マーゴ・クリスティアーノ:上杉清仁(カウンターテナー)
シレーナ1:松井亜希(ソプラノ)
シレーナ2:澤江衣里(ソプラノ)
アラルド:中嶋克彦(テノール)

管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン

 

座席は、3階に空きが見えるくらいで

後は、全部埋まっていたようです

 

私達は、真ん中の左端だったのですが

途中で、真ん中の席の方達に

 

「終わり次第、急いで帰らないといけないので」

 

ということで、席を替わっていただきました

 

おそらく、遠くからみえてるのではないでしょうか?

帰りの飛行機や、新幹線(あとは在来線との時間とか)

あまり、余裕が無かったのでしょう

 

もし、私が他県に住んでいたとしても

やっぱり、聴きに行きたい

と、思ったでしょうネ

 

とにかく、面白くも素晴らしい「リナルド」でした

それだけに、演奏会形式ではなく

ちゃんと、舞台で見たかった!!

 

もっとも、それだと相当高くなってしまうでしょうが^^;

 

パーカッションの、様々な効果音が

なかなか、楽しませてくれました

 

魔女アルミーダの登場は、雷鳴ですし

風を模したマシンで、ビュンビュンさせてくれます

 

2幕最初の、海辺のシーンでは

出来れば、波音もやって欲しかったです

 

あ、でも、柳行李に小豆って、難しいか

(似た様なものは、イギリスにもあったのでは?)

 

アルミレーナが歌う、1幕の6場では

小鳥のさえずりを、リコーダーが奏でるのですが

やはり、魔女の時とは大違いです(笑)

 

第一幕と、第三幕のトランペット

聴き所のはずなのですが・・・

 

思っていたより、迫力に欠けるというか

なんだか、人の歌声に押されていたような印象でした

(うるさ過ぎても、困るんですが)

 

リナルド役の方、もう少し情熱的でも良かったような

声は、とてもステキなんですけど

なんだか、サラッとし過ぎちゃってて

 

あと、エルサレムの王、アルガンテ役の萩原さん

魔女アルミーダの、レイチェル・ニコルズに

押されていたような・・・^^;

 

彼女は、とても声量があり、表現力もあって

あの中でも、一番輝いていました

 

気が付けば

カウンターテナーが、なんと4人も

という、贅沢な内容でした

 

私の隣は、年配の女性だったのですが

疲れていたのか、最初から下を向いて寝てらっしゃいました

 

ところが、アルミーダ登場の雷鳴で

すくっと、起きられました^^;

(びっくりしたのかもしれません)

 

2幕に入っても、また寝てらしたのですが

アルミレーナの、あの有名な

「私を泣かせてください」の直前

 

アルガンテとのやり取りで、

「それでは、私を一人で泣かせてください」

と言うのですが

 

ちょど、そこのところで起きられたのでびっくり@@

 

アリアの前の、この一瞬は

中にいた人全員が、目覚め

舞台に集中した瞬間でした

 

私も、全神経を集中して

聴いていました

 

You Tube の時とは、全然違っていました

(正直、ホッといたしました)

 

透明で、凛としていて

魅力的で、素晴らしいものでした

期待以上でした^^

 

2幕最後の、アルミーダのアリア

「戦いを挑み、打ち勝つのだ」は

鈴木優人さんのチェンバロの演奏が、光っていました

 

場所のせいなのか、上杉さんもあまり迫力がありませんでした

なんだか、声がボワ~ッとして聴こえてしまいます

メリハリが、なくなる感じ?

 

オットーネの時の印象が、とても良かっただけに残念でした

 

みなさん、美しい歌声で

とても心地いいひと時を、過ごせました

 

帰ってからも、ずっとあの響きが鳴り止みません

(ことに、カウンターテナーの方々の)

 

20091206140613.jpg          20091206204252.jpg

地下の広場には、巨大ツリーが           帰る頃には、ライトアップされて綺麗

 

さて

それはそうと、明日はチェンバロレッスン

 

まだ、ギボンズが厳しいのです

右手と左手が、ばらばら?

まるで、真っ直ぐ歩けない人みたいです

(酔っ払いですね~)

 

演奏の後、シロメちゃんと

オペラシティの叙々苑で、晩ご飯を食べてきました

 

お酒も飲んだので、すっかり眠くて

帰ってから、少しやすんでいました

 

それから、練習してみたんですが

あまり良くありません^^;

 

今から、もうちょっと粘りたいと思います

 

なんか、レッスンの前日は

いつも、試験の前の日みたいです

(一夜漬けみたいな・・・)







Last updated  2009.12.07 02:21:31
コメント(4) | コメントを書く
[音楽] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.