204142 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さとうきび畑

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


Farmer-k

Calendar

Favorite Blog

サヌカイトに出会い… New! snowrun29さん

ホメリアの蕾 / チュ… New! wildchabyさん

田植え前の苗には “… 松下一郎さん

ブドウムスカリとシ… みなが仙人さん

春子のブログ 春子のお父さんさん

Comments

ナイキ@ qdmiqaxbb@gmail.com Hi there! Do you know if they make any …
プーマ@ gduyrzulykz@gmail.com Howdy! This is my first comment here so…
バレンシアガ 財布@ bhqmevjn@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…
マークジェイコブス 通販@ dylfvayza@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…
バーバリー マフラー 本物@ rkgttjap@gmail.com 突然訪問します失礼しました。あなたのブ…

Freepage List

Headline News

2008.08.13
XML
カテゴリ:乗り物

再び大阪淀川でポンプ船(砂船)に再会です~

お盆前の早朝の9:00過ぎの淀川。遠くから聞こえる独特のエンジン音!
聞くからに年代モノのディーゼル船のエンジンの響きで、また現れました~
共栄丸・幸福丸・住吉丸・淀丸・第五三永丸・他、計8隻の船団です。
相当の年代を経て使い込まれた質実剛健の船の姿に再び記録!記録!

前回撮影したときに調べてみると、係留地は大川で、
どうやら高低差が1m近い大川(旧淀川)からミニパナマ運河の
毛馬の閘門(けまのこうもん)を通り、なんとかこちらまで辿り着いている模様。
近代的な浚渫船と比べその古めかしさが貴重~操船しているおじさんたちも
皆、背中にいろんなドラマが有りそうな年配者ばかり・・・興味を惹きました~

今回は目の前で作業開始~川砂を採取しているようだが、どのように?
始めはクレーンで川底の砂をすくい上げるのかな?とばかり思っていたら、いきなり
船の横に吊るしていたバキュームホースのような管を川へドボーン!
しばらくすると船の中へ川の水とともに土砂が勢いよく噴出され始めました~

わお~思ったより効率よく作業が進んでいるようで見る見る船倉が満タン!
船の満載喫水線は過ぎていると思うのだが、まだ積んでるでぇ~大丈夫か~
沈没しそうな状況だが(^-^;)おじさんたち、平然と作業を続けていました。

大阪では海砂、川砂の集散地が都島。
写真の「砂船」の船団は「上(かみ)の砂船」と呼ばれ、都島の上流の淀川が採取場
採れた砂は細かく上質で、左官用などに出荷されるそうです。







Last updated  2008.08.13 18:02:22
コメント(8) | コメントを書く
[乗り物] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.