462469 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ファーマータナカのデイリーリポート

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ファーマータナカ

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

入江てつ@ Re:有機リン系殺虫剤(06/07) EPN在庫ありますか1本
佐々木春香@ Re:お中元商戦真っ盛り!!(07/29) こんにちは! 島根で規格外のお野菜をレス…
ファーマータナカ@ Re:愛知のトマト農家@さんへの手紙(06/30) 作の終わりの実験でよかったです。 高温が…
愛知のトマト農家@ Re:愛知のトマト農家@さんへの手紙(06/11) 大丈夫です。作の終わりの実験です。 ただ…
ファーマータナカ@ Re:愛知のトマト農家@さんへの手紙(6/28) 結果報告拝見しました。 ブログにも書いて…

Freepage List

Headline News

2010年08月01日
XML
カテゴリ:販売
長雨や日照不足が続くと、又高温が続くからと「野菜価格高騰」のニュースが流れる。

野菜卸売価格 暑さで値上がり
このところの厳しい暑さの影響で、野菜の卸売価格は、キャベツが平年より40%以上高くなるなど軒並み値上がりし、農林水産省は、小売価格の上昇につながらないか、価格の動向を注視しています。

農林水産省によりますと、東京都中央卸売市場の野菜の卸売価格は、29日の時点で、キャベツが平年より45%高くなっているのをはじめ、レタスが42%、にんじんが39%、たまねぎが34%などと、高値の目安となる40%前後の値上がりとなっている野菜が増えているということです。
これは、今月中旬に各地で激しい雨が降ったあと、一転して気温の高い日が続いたことで、野菜が病気になったり、成長不良になったりして、出荷量が落ちているためだということです。
今のところ、卸売価格が上がっても、小売業者が小売価格に転嫁することを見送っているため、消費者への影響は限定的だということです。
しかし、今後も暑い日が続くと予想されていることから、農林水産省では「収穫量が減少し、小売価格の上昇につながるおそれもある」として、価格の動向を注視することにしています。
NHKニュース 7月31日 11時5分

天邪鬼ファーマータナカはまず、最後の一文が気になる。
「農林水産省では・・・価格の動向を注視することにしています。」って、注視するだけなら、ファーマータナカでも出来るが、仮に上昇したらどうするつもりなのか、上昇しなかったらそれでよかったというだけのか・・・。

一方ダーエーさんは又やってくれました。

ダイエー 野菜高騰の中、一部を格安セール
大手スーパー「ダイエー」は22日、大雨などの影響で値上がりしている野菜の一部を安値で販売するセールを行っている。
22日の割引セールは、全国のダイエーグループ318店舗で行われ、キュウリやレタスなど夏野菜6品目を中心に、先週の価格から最大6割引きで販売している。
ダイエーによると、大雨などの影響で野菜の市場価格は去年と比べて約1割上昇しているが、産地から直接仕入れることで値引きを行い、集客につなげたい考え。
ダイエーは29日にも同様のセールを行う予定。
日テレNEWS24 2010年7月22日 13:12 )

「産地から直接仕入れることで値引を行い・・・」とあるが、突然大手量販店が品薄の野菜を大量に直接仕入れることができるのか甚だ疑問であるが、中間マージンを省いて消費者に安く届けることができたのなら、それはそれで悪い事ではない。
それが可能ならなぜいつも直接仕入れないのかと思うし、そして、やっとたまたま短い高値の時に、生産者が安値で買い叩かれていないようにと祈るばかりだ。

農林水産省は、一方で、以下のような情報も流している。

V2amp;#12316;V6i

EV9amp;#12316;23i><BR>  <input type=

これによれば、前週比では、たいして上昇していないし(その前週に上昇しているとは考えられるが)、平年比でもやや上昇といったくらいではないだろうか。
ファーマータナカ自身の市況でも、又当地区の他主要農産物のきゅうりやしいたけの市況を参照しても高値の感触はほとんどない。

それどころか

暑さで野菜の卸売価格上昇???熊本ではコケてます。
暑さで野菜の卸売価格上昇と某、放送協会のニュースで放送されてましたが・・・
熊本では。。。
(人参・キャベツ・レタスなどが例年より高いからかな?)
ほとんどの野菜が前日より下げてます。
暑さのせいで?消費低迷??末端(小売りや飲食店)が売れてないようです。
或る地方の八百屋の独り言...,,。)

熊本の市場に通う八百屋産のブログによれば、ほとんどの野菜が軒並み値を下げているが・・・。

野菜価格高騰のニュースが流れている時でさえこうだから、そうでない時の農家の手取り額は言うまでもないだろう。
一方一般庶民も、景気低迷もあって可処分所得が少ないのだ。
この世の中のしくみと流れを何とか改善していけないのだろうか?

ファーマータナカがいつも訴える事は、デフレ傾向の世の中にあっても、適正な再生産可能な価格で、農産物をはじめ生活必需品を流通させ、消費していただきたいという事である。







Last updated  2010年08月01日 13時28分41秒
コメント(2) | コメントを書く
[販売] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.