452914 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ファーマータナカのデイリーリポート

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ファーマータナカ

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

入江てつ@ Re:有機リン系殺虫剤(06/07) EPN在庫ありますか1本
佐々木春香@ Re:お中元商戦真っ盛り!!(07/29) こんにちは! 島根で規格外のお野菜をレス…
ファーマータナカ@ Re:愛知のトマト農家@さんへの手紙(06/30) 作の終わりの実験でよかったです。 高温が…
愛知のトマト農家@ Re:愛知のトマト農家@さんへの手紙(06/11) 大丈夫です。作の終わりの実験です。 ただ…
ファーマータナカ@ Re:愛知のトマト農家@さんへの手紙(6/28) 結果報告拝見しました。 ブログにも書いて…

Freepage List

Headline News

2010年08月19日
XML
カテゴリ:農業情報
野村ホールディングス(HD)は13日、農業関連ビジネスに参入すると発表した。
新会社を10月に設立し、自治体や地方企業に農業経営に関する助言を行うほか、千葉県でトマト栽培を始める。

地域経済を活性化し、金融サービスの顧客拡大にもつなげたい考えだ。企業の農業参入に関する規制が見直され、外食や流通大手などの参入が相次いでいるが、大手金融機関では初めてという。

新会社は「野村アグリプランニング&アドバイザリー」で、野村HDが100%出資する。
約10人の体制でスタートし、野村証券の全国173の支店網が持つ人脈や情報を活用する。
農事組合法人「和郷園」(千葉県香取市)や大学など外部の専門家の協力も受ける。

新会社が10月に設立する「野村ファーム」では農産物の生産を手がける。
温度や光を制御して効率的に農産物を生産する「植物工場」を千葉県で借り、高糖度トマトの栽培・販売を行う。
自社で生産まで手がけ、流通・販売を含めた農業のノウハウを蓄積する。
生産する農産物の種類を増やすことも検討する。
2010年8月14日  読売新聞

又、キター!!
今度は金融機関で初めての農業参入だということだ。
しかも、植物工場、トマト、高糖度とうたっている。
近年増加しているアグリビジネスに関するコンサルティング、ファイナンスなどに関してソリューションを提供し、地域活性化に寄与するとともに、食料・環境・エネルギー問題の解決に貢献する、としているが、いきなり、農業経営のノウハウを提供するところから始めるって、さすが野村HDではある。
(もちろん経営のノウハウは有り余るほどお持ちであろうが)
農業経営の経験がなくて、ノウハウが提供できるほど簡単な農業に、なんでこんなにファーマータナカは苦労しているのだろうか?
負け惜しみでお手並み拝見という他はない。

記事の「野村HDが検討している農業ビジネス」のチャート図を見ると、自治体や地方企業などからコンサルティングフィーを取る事を考えているようなので、最終的にはこれが目的なのかもしれない。

一方で、企業の農業参入は、赤字や撤退のニュースも多い。
農林水産省によると、2008年9月までに農業参入した300社以上のうち、すでに1割が撤退したという事実もある。
(思いのほか優秀だといえるかもしれない)

又、新規事業開拓者の情報サイト植物工場・農業ビジネス(イノプレックス)のレポートでも、
全国50カ所の商業的(商品として販売目的)に稼働している太陽光利用型/完全閉鎖・人工光型の植物工場を対象に、弊社が独自に調査した結果、稼働工場の「6割が赤字・3割が収支均衡」であったとしている。

又民間企業による農業参入においては、短期的な利益が見込めない、という判断から撤退する企業も多い。
有名なケースでは、2002年に参入したユニクロを展開する「(株)ファーストリテイリング」は2004年に撤退、「オムロン(株)」は1998年に参入して3年程で撤退した。
最近では、「八剣伝」「酔虎伝」などの居酒屋チェーンを運営するマルシェ(株)が農業生産を行うエコファーム・マルシェ(株)を2010年3月末に解散した。
同社は2005年に設立され、大分県で耕作放棄地となった水田を耕してコメを生産し、スーパーや系列の飲食店に供給してきた。
しかし、栽培するコメの販売低迷が続き、販売先の開拓や人件費の削減が進まず、設立からずっと赤字が継続していたという。
2009年3月期で売上高は4億円、当期純利益は1億円の赤字。

農業への新規参入は、過大な設備投資のわりに、農業技術・販売価格・生産コスト等の問題山積で、7~8年耐えうる体力がないとなかなか軌道に乗らないと思われる。
そういう意味では、野村HDの資金力はうらやましい限りではあるが、今後の展開を期待(?)するところだ。







Last updated  2010年08月20日 06時03分56秒
コメント(0) | コメントを書く
[農業情報] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.