000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ファーマータナカのデイリーリポート

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ファーマータナカ

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

入江てつ@ Re:有機リン系殺虫剤(06/07) EPN在庫ありますか1本
佐々木春香@ Re:お中元商戦真っ盛り!!(07/29) こんにちは! 島根で規格外のお野菜をレス…
ファーマータナカ@ Re:愛知のトマト農家@さんへの手紙(06/30) 作の終わりの実験でよかったです。 高温が…
愛知のトマト農家@ Re:愛知のトマト農家@さんへの手紙(06/11) 大丈夫です。作の終わりの実験です。 ただ…
ファーマータナカ@ Re:愛知のトマト農家@さんへの手紙(6/28) 結果報告拝見しました。 ブログにも書いて…

Freepage List

Headline News

2011年07月28日
XML
カテゴリ:病害虫

ハダニは英語ではスパイダーマイト(Spider Mite)、Miteはダニのことで、直訳するとクモダニとなる。

多くの殺ダニ剤の商品名に「マイト・・・」と付いている(サンマイト・コロマイト・マイトコーネetc・・・マイトコーネは「撒(ま)いとこーね!!」という意味とも聞いたことがあるが)のは、これに由来してるそうだ。

齢を重ね、コマーシャルではないが、目肩腰にその兆候は顕著に現れ、ハダニを肉眼で観察することなどもはや遠い昔の話だ。
やむなく100円ショップで買っておいた拡大鏡で葉裏を覗いてみる。

いてほしくないのだが、現実は非情だ。

ハダニ

ダニは分類上昆虫ではなくむしろクモに近く、昆虫綱とは別の分類学上は、節足動物門、くも形網、ダニ目に属している。
農作物を加害するダニには、ハダニ類、サビダニ類、コナダニ類などがある。 
トマトにつくハダニは主にカンザワハダニやナミハダニといわれている。

ダニと昆虫との大きな違いは、昆虫の成虫が頭部、胸部、腹部の3つに分かれ、脚は3あるのに対し、ダニの成虫はクモと同様、頭と胸が一緒になった頭胸部と腹部の2つに分かれ、脚が4対あることである。

ハダニ類の繁殖は極めて旺盛で年間10数世代を繰り返し、特にハウスのような高温乾燥下では極めて旺盛に繁殖し、25~28℃の乾燥下で卵期間2~3日、幼虫~若虫期間6~7日で成虫になるとされる。
卵から孵化した個体は幼虫、脱皮をして第1若虫、第2若虫を経て成虫となる。
メス1頭あたりの産卵数も平均100卵に及ぶものがあり、短期問のうちに温室全体に拡散し著しい被害を与えることとなるのだ。

ハダニには色々と変わった習性があり、当然雌と雄がいるのだが、雌は交尾しなくても産卵することができ、この場合はすべて雄が生まれ、交尾するとすべて雌が生まれるという。
アブラムシ等もそうなのだが、どうして交尾をしないでどんどん卵を産むことが許されるのか。
遠い昔、神が造った創世記の偉大で普遍であるべき真理原理原則をハダニも少しは謙虚の考えて欲しいものだ。
ともあれ、そのため、雌が一匹いればどんどん増えていき、クモの仲間なので、クモと同様に糸を出し、一つの場所での寄生数が多くなり過ぎると、自分の糸を風にのせて移動するというのだ。

ハダニ類が抵抗性を殺ダニ剤に対して速く獲得する原因として以下のようにその生態的特性があげられる。
まず年間の世代数が多く、薬剤による淘汰を受ける回数が多い。
体」が小さいため,移動性が小さく,近親交配により,同質の集団になりやすい。
他の動物に比べ突然変異の起こる確率が高い等である。

コナジラミの増殖と被害がここ数年やっと抑えられていたというのに、一難去ってまた一難どころか百難、千難、いやテラ難、追っ手を防げば搦め手へ回る、虎口を逃れて竜穴に入る、前虎後狼、火を避けて水に陥る、禍去って禍また至る・・・、
全く農業とはゴールの見えない孤独なサバイバルレース(ほとんど死に体だけど・・・)だ。






Last updated  2011年07月28日 18時21分57秒
コメント(0) | コメントを書く
[病害虫] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.