379219 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ファーマータナカのデイリーリポート

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ファーマータナカ

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ファーマータナカ@ Re:愛知のトマト農家@さんへの手紙(06/30) 作の終わりの実験でよかったです。 高温が…
愛知のトマト農家@ Re:愛知のトマト農家@さんへの手紙(06/11) 大丈夫です。作の終わりの実験です。 ただ…
ファーマータナカ@ Re:愛知のトマト農家@さんへの手紙(6/28) 結果報告拝見しました。 ブログにも書いて…
愛知のトマト農家@ Re:愛知のトマト農家@さんへの手紙(06/11) ファーマータナカさん、結果報告です!! 結果か…
ファーマータナカ@ Re[1]:愛知のトマト農家@さんへの手紙(06/11) 愛知のトマト農家さん 少しでもお役に立て…

Freepage List

Headline News

2018年01月09日
XML
カテゴリ:田舎暮らし
ファーマータナカの歳時記的心。

農を生業としていた頃、ハウス脇の側溝に芹が自生していて、摘むとあの独特の芳香が、辺り一面に拡がった。
水耕栽培だったので、遊び半分にその芹を始め葉わさびやハーブ等様々な葉物を育てていたのも、今となっては懐かしい想い出だ。
 
大分県は、実は水耕栽培におけるミツバの大産地なのだが、御多分に洩れず市場価格の長期低落傾向に歯止が効かず、代替品目としての芹の生産も行われていた。
それとは別に近隣の七草の生産地では、年末年始を返上しての出荷作業が行われていたのも、毎年の風物詩。
百姓には、皆さんの休祭日に働くという、別のカレンダーが用意されている。
 
芹の名は競(せ)り合うように群生していることが由来というが、日本語の成り立ちはいちいちとても風流だ。
 
「あかねさす 昼は田賜(たた)びて ぬばたまの 夜のいとまに 摘める芹これ」(葛城王)
 
昼は仕事が忙しく、夜にようやく摘んだ芹だよと、意中の女性に芹を送る…、万葉の昔から季節の風物を愛でる日本人の風雅を、スーパーの棚の芹にちょっぴりお裾分けしてもらう。










Last updated  2018年01月09日 09時30分23秒
コメント(0) | コメントを書く
[田舎暮らし] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.