000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 Japanisch Ahnenerbe

全7件 (7件中 1-7件目)

1

文学体

2008年09月06日
XML
カテゴリ:文学体
壜入りコーラだけで午後中満足は出来ない。水腹は一時である。


人間の視界は180°。クリアに見えるの部分はもっと狭い。
人間って世界の半分しか手に入れられないんだなあと思う。

狸寝入りって英語ではFox sleep(キツネ寝入り)らしい。
古文の時間に「少女に化けた狐が人間に正体を見破られ、(たぶん少女の姿のままで)放◯して逃亡する」という話を用いた問題があったが、あれは卑猥すぎると思った。


コーラを飲む描写を延々と「ヰ」とか使いながら書こうかと思ったけど無理だった……
勉強でもするか……?


本日の戦果
「回螺」安倍吉俊






最終更新日  2008年09月06日 16時54分12秒
コメント(0) | コメントを書く


2006年11月04日
カテゴリ:文学体
北朝鮮「日本は参加するな」

どうやら北朝鮮はほんとにトチ狂っちまったようです。
実際危ないのって日本じゃないかね。支那と露助は親分的存在だしメリケンはヤブをつつけば虎が出てくるようなもんだし、姦國も現在急速に赤化が進んでおるので(笑・・・えない)おそらく敵では無い。確かに日本いなけりゃ敵はいないはな。
だが粋がってんじゃねえぞ。
では、ごきげんよう。

画像・ニュースに憤慨する名無し党員(嘘






最終更新日  2006年11月04日 15時11分54秒
コメント(3) | コメントを書く
2006年10月17日
カテゴリ:文学体
ブッシュ大統領、日本核武装論に言及

日本が核を持つと言ふのは、如何なものであらうか?唯壱の被爆國にして、IAEAも認める、『核装備の意思の無い國』で或る日本が核を保有するのは特定亜細亜のみならず世論も良い方には傾くまい。
まあ壱発の威力は劣つても、支那辺りの都市を灰に出来る位の燃料気化爆彈搭載弾道彈を配備するぐらいが善くなからうか?
まあ戯言であるが。では、ごきげんやう。



追伸
久し振りに文学体で日記書いたんだな。






最終更新日  2006年10月17日 14時41分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年09月20日
カテゴリ:文学体
タイ國でクーデターがあつたさうである。
本来ならば其の内容について詳しく言及せねばならぬ処であるが、軍事に走つてしまつた吾は「タイ国にはM41が走つておるのか」などと口走つてしまうのである。
まあ、出来るだけ穏便に終つて欲しいものである。吾が國はタイ國には恩があるのでな。



んで
親いない。妹は塾。
つまり俺様の天下。
ってかさあ、同志Nがオート9を手に入れてしまったのだが。しかも射撃中にマガジンがたまに落ちると言う十四年式拳銃みたいな欠点あるし・・・
フルオートいいなあ・・・俺古い拳銃しか興味なかったからなあ・・・VP買わなきゃなんないのかなあ。
では、ごきげんよう






最終更新日  2006年09月20日 19時57分28秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年07月15日
カテゴリ:文学体
ヒズボラ 無人機で軍艦突入

ヒズボラ!
また剣呑な・・・
書類落としたのかな?




追加情報
アカイイト次回作!?
            ↓個人的にぐっと来た登場シーン






最終更新日  2006年07月15日 15時13分28秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年07月05日
カテゴリ:文学体
サテ久し振りの社会ネタであらう。
某國が弾道弾『テポドン』を發射したとの事で、各界とも随分と盛り上がつてゐるやうである。
其の某國も日本からの送金停止やマンギヨンボン號入港停止などの措置を見越してこのやうな行為に及んだのであらうか?
全く吾には分からぬ事態である。少なくとも現在某國がする事の出来る戦争が弾道弾による不意打ち程度なのだから(海軍力は吾が國と比べ物に成らぬ)色々考えてゐるのであらう。
では、ごきげんやう


追伸
携帯電話変えた。名付けて「六式無線電話装置」である。






最終更新日  2006年07月05日 17時46分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年05月31日
カテゴリ:文学体
日独戦サッカー 独誌の評価


「食い物にされた」と辛口な言葉乍らも「ドイツの問題点が明らかになつた」と冷静に評価を下してゐるのではなからうか?
少なくとも、トオナメント方式のルゥルが分かつてゐない上に再試合したがる何処かの半島に比べれば随分マシと言へるが・・・

では、ごきげんやう






最終更新日  2006年06月01日 00時30分45秒
コメント(2) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


© Rakuten Group, Inc.