006550 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

FBITニュースアーカイブス2006-5

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ordingrp

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

みんなのプロフィール@ みんなのプロフィール ブログ開設おめでとうございます!! アク…
りさ@ りさの童貞大好きブログ りさもブログやってます。 ちょっとヒト…
e-アフィリ@ 《 1クリック1円 ~ /1件1000円以上 》 HPやブログをお持ちの方なら、どなたで…

Freepage List

Headline News

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

インターネット総合

2006.05.30
XML

 検索エンジンマーケティングのファンサイドAG(東京、光藤公久社長、03・5771・0156)は6月1日、企業の運営するブログ(日記風簡易型サイト)がネット検索エンジンで上位に表示されるよう支援する「SEOブログソリューション」を始める。ブログの閲覧頻度が上がり、販促効果などが高まるとして企業に売り込む。

 システム開発のホットリンク(東京・品川)の企業向けブログシステムに、サイトの構造などを改善するファンサイドAGのSEO(検索エンジン最適化)コンサルティングを組み合わせた。価格は190万円。システム導入時から数週間で、ブログに張られるリンク数の増加や検索結果の上位表示といった効果が期待できるという。(2006.5.30/日本経済新聞)






Last updated  2006.05.30 11:11:25
コメント(1) | コメントを書く
2006.05.28

 NECは29日から、インターネット接続サービス「ビッグローブ」で迷惑メールへの新対策を講じる。不正プログラムにパソコンを乗っ取られ、意図せず迷惑メールを大量送信する会員のメール利用をいったん強制的に停止。会員に連絡をしてパソコンの修復を指導する。

 迷惑メール業者は最近では第三者のパソコンに大量メールを送信するプログラムを植え付け、そのパソコンを遠隔操作することで発信元の特定を逃れるなど手口が巧妙になっている。NECは新対策でビッグローブ会員が発信する迷惑メールを9割以上減らせるとみている。(2006.5.28/日本経済新聞)






Last updated  2006.05.28 09:49:18
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.26



 2005年に始まったiTunes music storeをはじめ、さまざまな音楽配信サービスが立ち上がり、世間の注目を浴びる現在、インターネットを使ったアーティストの表現がさらに幅広いものになろうとしている。

アーティストの声がユーザーに直接届くポッドキャスト
 まず紹介するのはポッドキャスト(※編集部注1)。これはMP3などの音声ファイルを、iTunesなどの音楽プレイヤーソフトを使って、自動的に登録ユーザーへ配信するシステムのことを指す。音声ファイルをホームページに置いて、ユーザーに聴きにきてもらわなくてはいけなかった従来のやり方と違い、一度登録したユーザーに常に最新の情報を届けることができるのが特徴だ。登録したユーザーは自動的に配信されたものをいつでも聴くことができ、またiPodなど携帯音楽プレイヤーに入れてどこでも聴けるのが、ストリーミング(※編集部注2)を使ったインターネット放送とは違うところだ。

 Yahoo! JAPANでもこのポッドキャストを使った新サービス、Yahoo!ポッドキャストを2006年5月24日よりスタート。その第1弾として登場するのが、同日にニューシングル『milk tea/美しき花』を発売した福山雅治と、注目の女性シンガーAYUSE KOZUEの2組だ。テレビともラジオとも違う新しいメディア番組を体験してみてほしい。

 ポッドキャストは、パソコンさえあれば簡単に作れ、また大きなお金を使わなくてもいいので、アーティストが自分で始めることができる。アーティストが放送局を通さずにユーザーに直接音を届けることができるポッドキャストは、今までにない新しいメディアだといえよう。

世界中からアクセスが殺到。YOSHIKIの新プロジェクト
 そしてもうひとつ、世界中とつながることができるインターネットならではの興味深い現象が起きている。あのX JAPANのYOSHIKIの新プロジェクト、VIOLET UKが現在、世界中で聴かれているのだ。

 そもそもの始まりは、YOSHIKIがニューヨークにいる友人にVIOLET UKの新曲を聴かせるために、全米で急速に普及しているSNS(※編集部注3)の「My Space」(※編集部注4)に新曲の音源ファイルを置いたところ、その評判がネット上で急速に広がり、世界中からアクセスが殺到したのだ。レッド・ホット・チリ・ペッパーズやエミネム、グリーン・デイなど世界的なビッグミュージシャンも登録する「My Space」のアクセス・ランキングで、VIOLET UKが瞬間最高4位を記録したのだ。

「大ハプニング? だったけど、大半の人がVIOLET UKのことを知らないアメリカ、ヨーロッパからのアクセスだったみたいだから、結果的に良かったんじゃないかな」(YOSHIKI)

 CDとしての発売もなく、何の宣伝もしていない曲が、口コミだけで世界中に急速に広まったのは、インターネット時代ならではの現象だ。「My Space」は今はまだ英語版のみだが、すでに多くの日本人アーティストが登録していて、世界中のアーティストやファンと交流しているという。

 また「My Space」や最近爆発的な人気を得ている動画共有サイト、YouTube(※編集部注5)、ポッドキャストなどを使って、ミュージックビデオを配信するアーティストも出ている。

 ブロードバンドの普及を受けて、さまざまな技術や音楽サービスが生まれ、アーティスト自身が世界へ向けて直接作品を発信できる環境ができつつある。レコード会社や放送局といった従来の枠組を超えた、新しい音楽の届け方がインターネットから生まれている状況は、これからも注目しておくべきだろう。。(2006.5.26/Yahoo!ミュージックマガジン)







Last updated  2006.05.26 19:40:33
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.20

 ファミリーマートとローソンは19日、今秋以降に店頭で「スイカ」「エディ」など複数の電子マネー決済に対応する方針を固めた。両社はこれまでNTTドコモなどの運営会社と個別に提携してきたが、集客を高めるため幅広い決済手段を受け入れる。電子マネーの全陣営と提携する方針を示したセブン―イレブン・ジャパンに続き、コンビニエンスストア大手2社が複数の陣営と組むことで、電子マネーの利用窓口が広がりそうだ。

 ファミリーマートは9月以降の新型レジの設置に合わせて、複数の電子マネーと携帯クレジット決済に対応する読み取り端末を導入する。すでに九州地区の450店でビットワレットの「エディ」、別の百店でNTTドコモの「iD」を導入しているが、いずれも来春までに全6700店に拡大する。(2006.5.20/日本経済新聞)






Last updated  2006.05.20 10:01:04
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.14


 NTTアドバンステクノロジ(NTT―AT)は9日、既存のテレビ電話会議装置に併設することで、音声品質をCD並みにできるステレオエコーキャンセラー装置「RealTalk ST」を7月3日に発売すると発表した。

 NTTサイバースペース研究所が開発した技術を採用し、音声伝送で発生するエコーやノイズを軽減させた。騒がしいオフィスで使用しても快適な通話ができるようになるという。パソコンでの簡易なテレビ会議システムから、業務用の伝送装置を使う高品質なものまで、さまざまな機器に接続して使える。価格も52万2900円と、従来機(数百万円台)に比べ割安に設定した。
(2006.5.13/日刊工業新聞)






Last updated  2006.05.14 10:41:10
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.13
トライコーン株式会社が、メール配信ASP「アウトバーン」のデータベースサーバを増強した。
同社では継続的にサーバの稼動状況を監視しており、データベースサーバへのトラフィックが現在以上に増加すると予測。
将来発生が予想される高負荷状態に対して事前に対策を施すために、今回のサーバ増強を決定し、半年前から社内にプロジェクトチームを編成したもの。
今回のバージョンアップによって、サーバ負荷の低減とデータ処理の高速化を実現する。
アウトバーンは、データベースに登録されている趣味・興味、嗜好など会員の属性情報に合わせて、一通ずつ個別のメールを配信するシステム。ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)と呼ばれるインターネットブラウザ経由のサービス形態で展開しているサービス。
告知ページ:http://www.tricorn.co.jp/press/183.phtml (2006.5.13/DoorBoys)






Last updated  2006.05.13 14:11:58
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.10


サイドフィード株式会社 は10日、官公庁、全国自治体、上場企業などのホームページにおける RSS 対応状況の調査結果を発表した。

調査対象は、同社が独自の条件によりリストアップした54の官公庁、2,065の全国自治体、1,073の大学・短期大学、3,076の上場企業、336の美術館等で、合計6,604サイト。調査期間は4月25日から5月5日。

今回の調査によると、最も RSS 対応が進んでいるのは自治体。全国2,065の自治体のうち、すでに4.7%にあたる97の自治体で RSS が配信されていることがわかった。一方、上場企業6,604社で RSS に対応しているものは2.1%に過ぎず、わずか64社だった。

個別の RSS 対応状況は、官公庁が1.9%、大学・短期大学が2.2%、美術館等の施設が1.2%という結果。

対象全体を見ると、6,604サイト中190サイトが RSS に対応しており、約3%で RSS 配信が進んでいることになる。対応サイト一覧は こちら 。

ちなみに、インターネットコムと goo リサーチが行った 調査 では、一般ユーザーの「RSS リーダー」利用率は14.66%だった。




(2006.5.10/japan.internet.com)






Last updated  2006.05.10 14:20:54
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.08


 フロントメディア(東京都港区、市川茂浩社長、03・5549・2327)は、携帯電話向け番組無料配信サービス「クリックドットティービー」の試験配信を始めた。天気予報や音楽、アニメなど約30番組を配信する。本配信開始は5月末を予定。ニュースや料理番組などを加えて計40―50番組に増やす。

 広告収入で番組を配信するモデル。視聴者はユーザー登録を行うことで、番組を無料視聴できる。

 本配信移行後は、視聴者自ら番組制作に参加できる機能や、視聴者同士が番組について議論できる機能などを加え、双方向型のサービスを展開する。音楽コンサートの生中継なども企画していく。(2006.5.8/日刊工業新聞)







Last updated  2006.05.08 10:09:56
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.06
ソフト開発のメディカルジャパン(福井市、広部芳隆社長)は、福井大学医学部付属病院が持つ診断・予防情報を地域医療機関の医師向けに提供するシステムを開発する。インターネットを使い、生活習慣病などの医療情報を参考にしてもらう。

 2007年4月からの運用開始を目指す。福井大医学部教授の医師らと連携し、診療所などで患者はあらかじめ用意された質問に答え、医師が結果をパソコン入力すれば、症状に応じた医療情報が示される仕組みにする。介護施設などにも利用を働きかける。(2006.5.6/日本経済新聞)






Last updated  2006.05.06 09:51:13
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.05

 調査会社の富士キメラ総研(東京・中央)は、無線の新規格「WiMAX(ワイマックス)」のシステム市場が、2007年度に60億円になるとの予測をまとめた。08年度のサービス開始を前提とし、インフラとなる基地局約6000台などの需要を見込んでいる。

 ワイマックスは時速120キロで移動中でも最大で毎秒15メガ(メガは100万)ビットのデータ通信ができる。総務省が06年度中に周波数を割り当てる見通し。富士キメラ総研は、08年に東名阪をカバーしたサービスが始まると予測。10年に全国に4万台近い基地局が設置されると見込む。(2006.5.5/日本経済新聞)






Last updated  2006.05.05 09:59:54
コメント(0) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.