000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

『 しら's Cafe 』

PR

X

全2818件 (2818件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021年04月09日
XML
カテゴリ:旅行、海、お散歩
ここのところ、今まで無かった足腰の痛みがではじめ、年を感じるこの頃。(笑)あっかんべー
痛いからと歩かなければ余計に硬くなって痛みが増すようなので、
リハビリ兼ねて気軽に登れる近場の山を教えていただき、チャレンジするのは
​沼津市にある沼津アルプスの一つ『香貫山』 ご年配方に人気の山なんだそうです。​
 ​
駐車場に車を停めると、つつじ が目につき、写真撮ってると、放し飼い?の鶏が!!
  
​自由にあちこち歩き回っているのだが、野良犬にやられないのだろうか??
そして香貫山の代表的建物「忠霊塔」​
 
日清、日露、第一次、第二次世界大戦における沼津市出身の戦没者、戦災死者をまつり
世界恒久平和を祈念して建立されたもの。
 
展望台広場を目指してスタート。両方から行けるが、せっかくなので山の方から。
 
要所要所に案内板があるので迷いようがない。
  
奇岩(巨岩)に
  
「夫婦岩」どこが夫婦なのか?? もはやラクダにしか見えない。うっしっし雫
 
あちこちに用意されている「水飲み場」 ご年配型が手ぶらで軽装で登るのもわかる気がする。
まずは「山頂」を目指します。
 
あっという間に着いた山頂はここ。気象レーダー設備の設置場所でもある。
 
確かに赤い板に「沼・ア 山頂」と記されている。標高 193m。
 
広場的なものが何もないので、展望台を目指します。
 
近くの工業高校の生徒達のリクリエーションタイムと重なったようで、人が多い。ショック
  
駿河湾が一望でき、津波対策の水門:沼津港大型展望水門「びゅうお」が見えた。
 
山頂の気象レーダーも見られます。
 
広場内にある謎の橋は何の意味があるのだろう??
  
登り始めの頃は晴れてたのに、どんどん曇り始めたので、ちゃちゃっと巡って戻りました。
足腰のリハビリにはもってこいな山でした。

初めて行く方は『香貫山ハイキングマップ』のダウンロード(pdf)もできます。​






Last updated  2021年04月13日 14時36分07秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年04月05日
カテゴリ:カテゴリ未分類
バタバタしていて、なかなか桜が見頃の頃に行けなくて、
​雨上がりの中、富士宮市にある『富士桜自然墓地公園』へ向かう。​

向かっている途中から富士宮とはいえ、朝霧高原方面に向かうので雨が本降り。泣き笑い
せっかくあと少しで到着だし、雨で桜が散ってるかもしれないが行ってみた。
  
予想外にまだ満開で、晴れてたら桜吹雪だったでしょうが、雨で桜のじゅうたんさくら
できており、これがめちゃくちゃ風流でステキ。
 
墓地内ぐるりと巡りつつ、好きな場所に停めて見学できるのもいい。
晴れてたら富士山も見えて富士山と桜ですごくいい。と教えられたが、
雨の日は閑散としているので、富士山みえなくとも個人的には満足。
 
雨も降ってるし、どんどん霧が出てきたので、桜を愛でさくら早々に退散。
 
ここは、創価学会が設営する墓地公園ですが、誰でも自由に行き来できるがいいですね。グッド
休園日:毎週火曜日(お盆・お彼岸・祝日を除く)






Last updated  2021年04月05日 16時46分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年04月02日
カテゴリ:旅行、海、お散歩
前回「守山西公園」に行った際、桜の開花がまだだったのと、
「北条の里さんぽ路(​当blog参照​)」を巡った際、行きそびれてしまったお寺と共に
色々巡ります。
​まずは「守山西公園」の頂上展望台まで登ってみます。  
登り途中から見える広場や景色
  
子供達も軽く運動になる程度のやさしい山ではあるが、ひたすら上り。
 
展望台からの景色は狩野川見えるが、木々がこんもりしていて・・・。
そして狩野川へ降り「狩野川さくら公園」へ。
 
葉桜になりかけですが、それでも十分堪能できるほどの桜。
 
風が吹くと幻想的な桜吹雪も。さくら
そして、前回「「北条の里さんぽ路」で行きそびれてしまったお寺へ。
​「眞珠院」​
 
鎌倉時代、真言宗として実山永秀禅師により開山 開創、室町時代に曹洞宗に改宗し、現在に至る。
古来、修行道場として栄え「祇樹林」の別称がある。
 
狩野川の真珠ヶ淵へ「伊東八重姫入水の地」でもあり、せめて梯子があったら救うことが出来たのに
という里人達の気持ちが、今日、願い事が成就した時そのお礼参りとして梯子を備える風習がある。
  
​「摩崖佛」​
 
貞治2年(1363年) 岩に刻まれた佛
「本堂(法堂)」
 
堂内には達磨大師・十六羅漢、他の仏像が安置されているらしいのですが、
見当たらず、「アマビエ」似の木魚が目についた。(笑)
 
可愛い。

前回行きそびれた狩野川沿いの桜や公園展望台も制覇。
「北条の里さんぽ路」はコンプリートし、堪能しました。






Last updated  2021年04月11日 08時41分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年04月01日
カテゴリ:イベント
星令和3年4月のほしぞら情報星

月6~8日  月が土星、木星のそばを通りすぎます。
      時間:明け方頃
      方角:南東の低空

月17日   月が火星に大接近

星22日   4月こと座流星群が極大
      時間:22時頃(見頃は22日深夜~23日未明)
        月が沈んだ後は条件が良い
       数 :1時間に5個程度

月27日  満月

春先の朝夕はまだまだ冷えます。防寒対策は万全に。






Last updated  2021年04月01日 00時00分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月30日
カテゴリ:
出先からの帰り道、前回行った公園(当blog参照:​門池公園 と お寺​)の近くを通るということで、
再訪してみました。 ちょうど桜が満開で見頃です。さくら
 
綺麗です。
 
ここの公園、池の周りの他、見た目以上に広く、まだ制覇していないエリアがあることに気づく。
 
これまでは南エリア~中央エリアだけだったが、東エリアと北エリアを見逃していたようです。
<東エリア>
 
<北エリア>
 
そして、門池の竜伝説の看板を見つけました
​ 
以前訪問した「三明時」のホームページで詳しく紹介されているので、
リンクを貼っておきます。( https://archive.is/0728X )

こんな広い公園が市内にあるって素敵ですね。ダブルハート






Last updated  2021年04月10日 11時49分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月25日
カテゴリ:旅行、海、お散歩
曇りの日は、近場さんぽ。
「富士市一万歩 今泉善得寺コース」の一部を巡ります。
https://www.city.fuji.shizuoka.jp/kyouiku/c0701/fmervo000000jlv7-att/fmervo000000jlzf.pdf
善得寺跡」の公園からスタート
貞治2年(1363年)栃木県の雲巌寺の大勲策禅師が開山した寺で、戦国期には駿河国東部で
第一の寺となり、善得寺城も併設したといわれます。
 
天文年間、善得寺の住持であった太原雪斎の斡旋で今川義元・武田信玄・北条氏康が
ここで会合し「駿甲相三国同盟」という和平協定を結びました。
 
永禄12年(1569年)武田信玄の駿河侵攻にともない、寺院は焼かれてしまいました。
大勲策禅師・太原雪斎をはじめとする善得寺歴代の住持などの墓が残っています。
  
(富士市指定文化財)

呼子坂」史跡 
治承4年(1180年)富士川の合戦に際し、源頼朝率いる源氏の軍勢がこの付近高台一帯に
陣を敷き、ここで呼子を吹いて軍勢を集めたことから呼び名がついた。
「手児の呼坂」という伝説からこの名がうまれたという説もあり。

清岩寺(せいがんじ)」
  
開山:厳悦
天文4年(1535年)当地に浄土宗寺院がなかったことから、布教をおこない、
今泉村の中村彦治郎吉久の援助を受け、専修寺を建立。
  
同22年富士川の大洪水で濁流に吞まれ一時廃寺となるも
天正8年(1580年)中村助右衛門の寄進を受け、現在の地に清岩寺と名付け再建。
 
この寺の門前に「凹石(くぼみいし)」がある。
 
天明年間(1781~88年)の飢饉の際、寺ではこの凹石で米をといで粥を作り、
大勢の人々に施したと伝えられる。米とぎ石とも呼ばれる。

地図の「道仙地蔵尊」を探すも見つからず、断念。
その先に「わきみず寺」と称する「法雲禅寺」があったので立ち寄り。
 
文和2年(1353年)創建 臨済宗妙心寺派の禅寺
 
寺から湧き出る湧水を、近隣住民の方々が次々にやってこられ、水を汲みに来られます。
1回につき、ペットボトル10本 又は ポリタンク2個まで。(水質基準適合)

清水次郎長一家28人衆の1人 侠客 辻の勝五郎の墓 もあるようです。
 
町の中を流れる湧水の川 田宿川 の水が本当に澄んでいて綺麗でした。
 
今泉善得寺コースの一部、坂のアップダウン、疲れました。が、堪能しました。






Last updated  2021年03月26日 20時19分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月22日
カテゴリ:旅行、海、お散歩
2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の舞台となる伊豆の国市の
「守山西公園」周辺の「北条の里さんぽ路」をぐるり散策。歩く人
[守山公園]の駐車場に咲く花桃? が綺麗です。
 

  
ニャンコと花桃
 
ここは狩野川沿いに咲く桜も有名なのですが、まだまだこれから。という感じ。
​「北条の里さんぽ路」を行きます。​
​<北条氏邸跡(円成寺跡)>史跡​
 
​<伝堀越御所跡(でんほりごえごしょあと)>​
 
鎌倉時代の北条氏の屋敷跡に、室町時代の堀越御所が創られたようです。
​<北条政子産湯の井戸>​
​​   
保元2年(1157年) 源頼朝の妻・北条政子がこの地に誕生した際に産湯の水をとった井戸
​<光照寺>​
  
願成就院の子院であったようです。
​<願成就院跡>国指定史跡​
 
鎌倉時代初期、北条時政によって創建された寺院。
文治5年(1189年) 源頼朝の奥州平泉攻めの成功を祈願して建立された。
​<南塔跡>​
 
承元元年(1207年)11月 北條時政公により建立
​<願成就院>​
 
ご本堂
 
寛政元年(1789年)建立 創建:開基
時政供養のために建保三年(1215年)にできた南新御堂の後身堂
 
​国宝 運慶作 仏像​
​ 
写真撮影不可でしたが、願成就院のホームページで紹介されていました。
中部地方 唯一の国宝だそうです。

  
現代の石造五百羅漢
​<北条時政公御墓>願成就院内​
 
​<守山八幡宮>​
 
願成就院の後方、山手にある八幡宮。神楽殿?の舞台裏から急な階段を登りきるとご本殿。
 
ご本殿
 
降りたところから見た神楽殿
 
ここの神様がご鎮座される空気感が好き目がハートダブルハート

​<マンホール2種>​
  
右:イチゴ(名産らしいです。)         左:富士山、韮山反射炉、イチゴ

北条の里さんぽ路を一回り巡ったと思ったら、<真珠院>を見逃してしまいました。
次回、桜を愛でに来た時に巡るとします。なかなか堪能しました。






Last updated  2021年04月10日 18時30分13秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:旅行、海、お散歩
ズガニ料理の提供がある「伊豆中央道」沿いにあるドライブイン「いちごプラザ」
の近くに、横穴群が2か所程あるようなので、行ってみました。
​北江間横穴群(大北)​」国指定史跡
 
40数基よりなる基群。
  
中にはレプリカですが、火葬骨を収めた石柩、各種形式のものが多数出上し、
  
その数の多い点でも全国的に珍しいと言われ、実物の物には「若舎人」の文字が
刻まれた全国唯一で本県最古のもの。だそうです。

​「北江間横穴群(大師山)」国指定史跡​
 
個人宅間の路地を入り、山手に登っていく。
 
先ほど見たものとは違い、穴がデカいです。
  
小さそうに見える石棺ですが、実はめっちゃ大きいです。
  
独立石棺や家型石棺、等多様にあり、水気を抜くため入口に排水溝の造られた物もあり
政治的経済的地位にあった人が埋葬されたものと考えられる。
 
数百万年前の海底に積もった火山灰や軽石の掘削しやすい地層に造られています。
凝灰岩層をくり抜いて作られている GEOポイントの一つです。

2か所見学後はいつものように「いちごプラザ」でランチタイム。
「かに汁ぞうすい」
 
カニの出汁がめっちゃ効いてて、ズガニにはまり中。(笑) 季節限定。

横穴群とかに汁 堪能しました。(笑)






Last updated  2021年04月10日 14時58分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月21日
カテゴリ:食べ物、スイーツ
雨の日の日曜日、こんな日は外食に出かける人も少ないだろうと、
最近できた?と思われる 明石焼きと広島お好み焼きのお店「あかし」が気になり
行ってみました。
  
中に入ると券売機。
 
店主一人で切り盛りされているので、待つこと必須。の口コミ。
中に入ると3組目なので、さほど待たないかと思ったら、
沢山テイクアウトされている方もいらっしゃり、かなり待つことに。ショック

客人数としては少ないのでしょう。最後の客だったこともあり、
めっちゃ待たせたからと、モツ煮込みのサービス。スマイルダブルハート
 
これがめっちゃ美味しい。どきどきハート 次回、リピ決定。グッド しかも土日限定だそうです。
関西出身の私はもちろん「明石焼き」
 
静岡ではこの明石焼きが口に合わない人が多いらしい。
広島出身の友人はもちろん「広島風お好み焼き」をチョイス。
 
写真では判りづらいが、お好み焼きがものすごいボリュームで、明石焼きいらない程。
満腹過ぎてまっすぐ立てない・・・ 嬉しい悲鳴。

店主のご主人は関西か広島のご出身かと思ったら、富士市出身とな。
広島お好み焼きは富士市でここ「あかし」を含め、3店舗しかないから始められたそう。

久々の懐かしい味に大満足でした。






Last updated  2021年03月26日 16時27分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年03月19日
カテゴリ:旅行、海、お散歩
沼津市の北部にあるスポーツ施設メインの公園。
  
バスロータリー内にはネモフィラの花が咲き乱れています。

​公園の一画に、「せせらぎの径」があるのを知り、行ってみました。
 
公園の西端の場所まで移動し、「せせらぎの径」スタート
 
下へ下ると、小さな川のせせらぎを聞きながら散策できるコースとなっている。
 
水辺にはこんな散策道も用意されていて、歩きやすいです。
 
こぶしの花が満開です。
 
奥の「あひるが池」では、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、カワセミがやってくるようで
 
カメラを設置し、じ~っと待つカメラマン夫婦がいらっしゃってました。
静かにしないと怒られるので、そ~っと後にし、もどります。
 
ソメイヨシノの開花はまだですが、山桜が満開でした。

「せせらぎの径」はとっても短いコースでしたが、こちらの公園は、管理事務所で
売られているお菓子や自販機のドリンクが全て100円で、スポーツをする子供達に
とっても優しい施設でした。






Last updated  2021年03月26日 15時54分33秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2818件 (2818件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.