1626077 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

『 しら's Cafe 』

PR

X

Profile


Hunny15

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Archives

Comments

白妙博明@ Re:静浦村(多比)巡り2(02/23) はじめまして。 ぬまづ市民ですが、はじめ…
Hunny15@ Re[1]:ドライブイン「いちごプラザ」と地震動(02/16) こんにちは、森野啄木さん 「学校に展示さ…
森野啄木@ Re:ドライブイン「いちごプラザ」と地震動(02/16) これぞまさしく私が探していた「学校に展…
Hunny15@ Re[1]:ジビエ料理(02/05) こんにちは、森野啄木さん 第二段のお返事…
Hunny15@ Re[1]:ジビエ料理(02/05) こんにちは、森野啄木さん 鹿が価格を0円…
2021年03月25日
XML
カテゴリ:旅行、海、お散歩
曇りの日は、近場さんぽ。
「富士市一万歩 今泉善得寺コース」の一部を巡ります。
https://www.city.fuji.shizuoka.jp/kyouiku/c0701/fmervo000000jlv7-att/fmervo000000jlzf.pdf
善得寺跡」の公園からスタート
貞治2年(1363年)栃木県の雲巌寺の大勲策禅師が開山した寺で、戦国期には駿河国東部で
第一の寺となり、善得寺城も併設したといわれます。
 
天文年間、善得寺の住持であった太原雪斎の斡旋で今川義元・武田信玄・北条氏康が
ここで会合し「駿甲相三国同盟」という和平協定を結びました。
 
永禄12年(1569年)武田信玄の駿河侵攻にともない、寺院は焼かれてしまいました。
大勲策禅師・太原雪斎をはじめとする善得寺歴代の住持などの墓が残っています。
  
(富士市指定文化財)

呼子坂」史跡 
治承4年(1180年)富士川の合戦に際し、源頼朝率いる源氏の軍勢がこの付近高台一帯に
陣を敷き、ここで呼子を吹いて軍勢を集めたことから呼び名がついた。
「手児の呼坂」という伝説からこの名がうまれたという説もあり。

清岩寺(せいがんじ)」
  
開山:厳悦
天文4年(1535年)当地に浄土宗寺院がなかったことから、布教をおこない、
今泉村の中村彦治郎吉久の援助を受け、専修寺を建立。
  
同22年富士川の大洪水で濁流に吞まれ一時廃寺となるも
天正8年(1580年)中村助右衛門の寄進を受け、現在の地に清岩寺と名付け再建。
 
この寺の門前に「凹石(くぼみいし)」がある。
 
天明年間(1781~88年)の飢饉の際、寺ではこの凹石で米をといで粥を作り、
大勢の人々に施したと伝えられる。米とぎ石とも呼ばれる。

地図の「道仙地蔵尊」を探すも見つからず、断念。
その先に「わきみず寺」と称する「法雲禅寺」があったので立ち寄り。
 
文和2年(1353年)創建 臨済宗妙心寺派の禅寺
 
寺から湧き出る湧水を、近隣住民の方々が次々にやってこられ、水を汲みに来られます。
1回につき、ペットボトル10本 又は ポリタンク2個まで。(水質基準適合)

清水次郎長一家28人衆の1人 侠客 辻の勝五郎の墓 もあるようです。
 
町の中を流れる湧水の川 田宿川 の水が本当に澄んでいて綺麗でした。
 
今泉善得寺コースの一部、坂のアップダウン、疲れました。が、堪能しました。






Last updated  2021年03月26日 20時19分14秒
コメント(0) | コメントを書く
[旅行、海、お散歩] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.