1617897 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

『 しら's Cafe 』

PR

X

全81件 (81件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

2021年03月30日
XML
カテゴリ:
出先からの帰り道、前回行った公園(当blog参照:​門池公園 と お寺​)の近くを通るということで、
再訪してみました。 ちょうど桜が満開で見頃です。さくら
 
綺麗です。
 
ここの公園、池の周りの他、見た目以上に広く、まだ制覇していないエリアがあることに気づく。
 
これまでは南エリア~中央エリアだけだったが、東エリアと北エリアを見逃していたようです。
<東エリア>
 
<北エリア>
 
そして、門池の竜伝説の看板を見つけました
​ 
以前訪問した「三明時」のホームページで詳しく紹介されているので、
リンクを貼っておきます。( https://archive.is/0728X )

こんな広い公園が市内にあるって素敵ですね。ダブルハート






Last updated  2021年04月10日 11時49分12秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年03月01日
カテゴリ:
ここの所、温かい日が続き、週末は春。
 
スーパーの駐車場の一画には、早くも土筆が出始めてます。
いつもの収穫場所は近隣より遅い目なので、3月上旬かな~?? ってもうすぐ。(笑)
 
潤井川からの支流、早川沿いでは、桜が満開。
 
濃い色の桜は沖縄でよくみられる寒緋桜でしょうか?
土曜日(2/27)の仕事帰りのひと時、癒されます。目がハートダブルハート

翌日も温かかったので、日曜日(2/28)の午後からスーパーへ行くついでに
潤井川の土手沿いから富士山と桜。
 
ミツバチ達がぶんぶん、蜜集めに大忙し。
 
翌日は定休日の月曜日(3/1)、今日まで晴れなので、晴れてるうちに岩本山へ梅林見学。
 
ここでも寒緋桜が今にも咲きそうな状態。つぼみがはち切れそうです。
 
ミツバツツジが早くも満開。(逆光で、すいません。雫
  
木によって、花の色が全く違うんですね。通常は4月上旬が開花時期のようです。
 
梅林は、どの木も満開です。目がハートダブルハート
   
オオヤマザクラ、ハナモモが咲き始めていました。
明日から雨模様の富士市。梅の花は散っちゃうかも・・・ですが、これから桜が咲き始め
また新たに公園がにぎやかになりそうです。






Last updated  2021年03月02日 15時27分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年02月18日
カテゴリ:
最近、仕事以外で某施設へ訪問することが多いのですが、
そこの庭園内で河津桜が満開で見頃だったので、長い待ち時間の間、お散歩。歩く人
 
本当に見頃です。
 
そして、どこからか カリポリと音が聞こえる。 と思ったらサルが居た。びっくり
 
種でも落ちてるのか、ちょこちょこ動き回るので、ボケてますが。
  
疫病退散、悪疫退散! 猿だけに、早く去ってくれるといいな。うっしっし
ポジティブに、幸先いいかも~。スマイル(笑)






Last updated  2021年02月18日 20時48分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年02月16日
カテゴリ:
今年の河津桜、近場で人が少ない場所がいいね。ということで、
​​昨年行った(当blog参照:​かんなみ桜​) 函南の『畑毛(はたけ)せせらぎ公園』へ。​​
​ 
前回同様、(公財)モロラジー研究所の南側の駐車場に停めさせていただく。
月曜定休日以外は無料で利用できる。(20台限定)ありがたい。
 
昨日からの強風で、富士山がめっちゃ綺麗です。
 
開花状況も確認せずにきちゃいましたが、まだ咲き始め位だから強風でも散ってはいない。
が、5部咲きくらいで まだまだ これからかなぁ~。
  
それでも中には葉桜になりかけているものもあり、木によって遅い早いがあるようです。
 
この木の下の方が既に葉がでてます。
函南町観光協会のスタッフさんも写真撮影されています。
 
blogに開花状況?の写真がUPされていました。「​R3.2.16かんなみの桜の状況です。​」
毎回のように開花状況の確認、ご苦労様です。

そして、昨年同様「辰己家」で「おいもさん」と
  
「かんなみブランド第2弾」で認定の「お赤飯まんじゅう」最後の一個を買って見ました。
  
中にお赤飯とあんこが入っているのですが、お赤飯はもはやお餅化しており、
しっかりした歯ごたえのお饅頭でした。

ちょろっとお花見お散歩を堪能し、次はランチへと続く。






Last updated  2021年02月19日 10時23分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年02月10日
カテゴリ:
毎年2月11日の建国記念日は富士川にある『宗清寺』の梅まつり。
冨士市長も参加されるほどの大盛況なお祭り。(当blog参照:​宗清寺 梅まつり​)
ですが、今年の梅まつりは新型コロナウイルス感染を避けるべく、中止。NG
大般若御祈祷は関係者のみで執り行われます。(御朱印(梅と富士山)の授与は可能)
 
中止なら、空いている平日に行こう!
ということで、ランチ時にお弁当持参でお花見&富士見を兼ねて来ちゃいました。あっかんべー
  
山門前の入口には幼稚園児達の手作りのお召し物を着こなしたお地蔵さん達。
 
お召し物は今流行りの毀滅柄ですね。どの柄が誰のか全部判ってないので、備忘録として。
 
それにしても今日は、最近は富士山がとっても綺麗。目がハートダブルハート
 
梅園も見頃を迎えています。
 
四阿(あずまや)からの富士山と梅がステキです。ここでランチタイム。
 
ぽかぽか陽気な青空に梅が映えます。
  
スイセンの花もいい香り。
 
お弁当食べて、梅の花の鑑賞をし、疫病退散を願いつつ早々に退散。
誰もいなくて良かった。スマイル とっても穴場です。






Last updated  2021年02月11日 15時35分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年02月03日
カテゴリ:
今日は立春ですね。
 
職場から戻ると、先日いただいた梅の枝に梅の花が満開に咲いていました。スマイルダブルハート
(当blog参照:​岩本山公園の梅林と富士山​)

2021年の立春は今までは4日だったのが、「1分差」で3日になったようです。
∴ あと1分で2月4日だったみたいです。
2月3日になるのは、明治30年(1897年)以来124年ぶりだそうです。

立春は春の始まり  且つ  1年の始まりとされる日。
私にとっても色々あって、今日は決断の日でした。わからん

何はともあれ、これからの春を満喫しようと思います。さくら






Last updated  2021年02月03日 21時13分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年02月01日
カテゴリ:
そろそろ早咲きの桜が見頃かなぁ~と思い、興津にある清見潟(きよみがた)公園へ
「寒ざくら」を愛でに行ってみました。
  
前回は満開を過ぎていたので(当blog参照:​興津宿 寒ざくらまつり​)今回は早めに。
と思って行った見たのだが、桜はまだ5部咲きぐらいかなぁ~。
 
桜を鑑賞しながら歩いてると、後ろからチュンチュンチュンチュンと小鳥達がついてくる。ひよこ
  
そ~っと振り向いて撮ってみました。可愛いです。目がハートダブルハート 滅多にみられない正面顔撮れた。(笑)
 
花の蜜、美味しいかな?
 
桜の他に、これはロウバイの仲間?変わった花びらです。ロウバイと同じ香りでいい匂い。スマイル
調べたら「マンサク」らしい。花びらが糸みたいで、初めて見ました。変わってる~。
今年も「寒ざくらまつり」あるようです。
​ 
が、新型コロナウイルス感染予防から、出店はありませんが
「あんこのふるさと」なので、小豆の販売はあるようです。さいふ
公園の端まで行くと、「女体の森 宗像神社」の石碑が建っていたので行ってみました。
 
[宗像神社]
 
祭神:奥津島比売命(オクツシマヒメノミコト)・狹依姫命(サギリヒメノミコト)・多岐津比売命(タギツヒメノミコト)
の「宗像三女神」=女躰の神をまつっており、それがおおもとの由来だそうです。
 
「女体の森」の森の雰囲気がいい感じです。
祭神:奥津島比売命(オクツシマヒメノミコト)・狹依姫命(サギリヒメノミコト)・多岐津比売命(タギツヒメノミコト)
の「宗像三女神」=女躰の神をまつっており、それがおおもとの由来だそうです。
 
創建不詳
「女体の森」と言って舟人たちが御神木の松を灯台がわりにされていたようです。
「興津」名の由来は、
祭神:奥津島姫命が八木に乗って大海原を渡り、この地に居住を定めたことから。という説あり。
神社内の森は「お宮の森・お寺の森百選」に選ばれています。
 
クロマツ、アカマツ、クスノキ、他多くの樹木が茂っています。
手水舎に、小鳥が水を飲みに来ています。
 
ヤマガラのようです。 辺りを見渡し、水を飲む。
 
自然がいっぱいの神社でした。スマイル






Last updated  2021年02月03日 10時02分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年11月05日
カテゴリ:
今日は雲一つなく富士山がきれいに見えてたので、久々に遠征。
「富士川楽座の富士山テラスより」
 
富士市へ来た頃は、富士山を見に ここへよく見に来ていた。
最近では観覧車を乗りに来た2017年の冬以来です。既に約3年になろうとしている・・・。うっしっし雫
(当blog参照:​銚子口の滝と観覧車​)早いものですね。

富士山を堪能した後は、ここから更に遠征し、富士宮市は芝川駅近くの内房へ。
ニュースで紹介されていた「ざる菊」を見たくて行ってみました。
 
「内房里づくりの会」が育てた「ざる菊」は、こんもり丸くて可愛い。ダブルハート 色もカラフル。
 
高台からだとハートに見えるかな?
 
近くの方々が沢山見に来られてました。
 
富士山とのコラボもいいのですが、富士山がメインかざる菊がメインか迷うところ。
 
この会場の近くを流れる稲瀬川の堤防から。
お天気も良く、空気が澄んでいて富士山がくっきり。富士山

ニュース記事では、畑は県道清水富士宮線の新長田橋付近。ということですが、
橋の名前、Google mapに表示されてないし 近隣住民でなきゃ どの橋か???でした。
大体この辺りか?と目星をつけて行ってみたらビンゴ!!グッド  迷わず行けて良かった。スマイル

ちょろっと遠征、堪能しました。目がハート






Last updated  2020年11月05日 21時56分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月29日
カテゴリ:
富士市の大渕地区で、蓮の寺として地元の方から親しまれているお寺のハスが見ごろ。
とニュースでみたので行ってみました。
<関連ニュース>
 
​​地元で親しまれる“蓮の寺” 色鮮やかな大輪の花が見ごろ ​​(テレビ静岡 2020年8月25日)​
日蓮宗 興流山 代通寺』​
  
駐車場から蓮が花が並んでいるので、ついつい写真撮りたくなりますが、この看板。
 
確かに~。まずは ご挨拶からが基本ですよね。スマイル
ということで、まずはお参りしてから観賞させていただきます。
 
蓮の花は、日蓮大聖人立教開宗750年慶讃、寺の開創350年記念事業計画として、
平成9年から蓮の花の品種を年々増やし、現在では約70種類、大小120鉢までに増え、
(テレビの品種と鉢の数が違いますが、お寺でいただいた資料に記載されていたのものを明記)
​今では【蓮の寺】として地域の住民に親しまれています。​ 
瓦の文様は蓮の寺だけに、ハスですね。写真では判りにくいかも・・・?
 
ニュースでは見頃。となっていましたが、ほぼ終わり~!!泣き笑い
でも、まだ少しばかり これからのもあり、そこそこ楽しめる。
 
ここの蓮はとても背が高く、背伸びしないと顔が覗けない状態で、背の低い私には必死。
 
一か所、石に登れる所があるので登って撮ったのがこちら。
  
上から目線でしょっ!スマイル
 
たまに低いのがあるのがうれしい。
 
牡丹の花みたいに八重の蓮を見るのは初めて。
  
こんなにいろんな種類があるって知らなかったなぁ~。
ところで、蓮の花が見ごろの時間帯があるらしく、午前中が良いようです。
 
「蓮の開花」を手書きで説明したものが置かれていました。
ランチ時に立ち寄ったので、誰一人いない。ラッキー音符と思ってたら違ったみたい。あっかんべー
まぁ、新型コロナウイルス感染を避けるには良いのですけどね。ウィンク 

蓮の花は、花が咲くと同時に実ができ、原因と結果が同時(華果同時)と言われます。
写真は種だけですけどね。ウィンク
 
宗教的には、功徳によって生きながらにして仏様になれる(即身成仏)という
意味合いがあるようです。

また来年、ハスの花が満開の時に再訪したいと思います。堪能しました。






Last updated  2020年08月31日 13時36分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年07月28日
カテゴリ:
「岩本山とかりがね堤を守る会」が休耕地を利用し、毎年「ヒマワリ」を植えられ、
雨続きの今年も満開。のお知らせがあったので、
前回は岩本山の方へ見に行ったので、今回は雁堤のひまわりを見に行ってみました。
(当blog参照:ひまわり​)
 
以前のblog写真を見てると、元気度が全然違う。
 
連日の豪雨明けで、ほとんどの「ひまわり」はしょんぼり下向き。
 
そんな中でも、上を向いて元気な向日葵もあり、前向きなヒマワリに元気をもらう。
 
ミツバチ達はぶんぶんと蜜を集めまわり、忙しそうでした。
 
比較的、前向きヒマワリが多い場所を選んで撮ってみました。 うっしっし雫 (笑)

新型コロナウイルスのせいで、元気でもそのパワーを出し尽くせずお家でじっとガマン。
でしょんぼり な私達。植物も人と同じですね。

雁堤は広いのですが、位置的には
​茶畑と東名高速の赤い橋と富士川SAの観覧車が遠くに見える場所。駐車場に近いです。
 
茶畑の緑が目に優しい。スマイルダブルハート  ちょろっとお出かけ堪能しました。

<関連記事>
ふじハッピースポット「​富士川河川敷のひまわり畑​」​






Last updated  2020年07月29日 17時23分23秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全81件 (81件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


© Rakuten Group, Inc.