4918236 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴れ、ときどき撮人 コロナぴえん リモートしか勝たん

2006.04.22
XML
カテゴリ:映画 ヒ





あらすじ
1945年4月20日。
ソ連軍の砲火が押し寄せるベルリン。
ヒトラー(ブルーノ・ガンツ)とその側近たちは
総統官邸の地下要塞に避難していた。
もはや敗戦を疑う者はいなかったが
正常な判断力を失ったヒトラーは
わずかに残った軍勢に戦況の挽回を命じ
惨状をさらに悪化させて・・・。


感想
アカデミー賞外国語映画賞ノミネート。
『es(エス)』ポニーキャニオン es(エス)のオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督作品。


邦題と内容は、若干違いますね。
主人公はヒトラーではなく、ヒトラーの秘書トラウドゥル・ユンゲで
ヒトラーが死んでも、物語は終わらなかったですから。
原題は、『DER UNTERGANG』(=没落、破滅)で秘書の目から見た
ナチスの破滅を描いた映画ですね。


普通は悪役として描かれるヒトラーを、ヒトラー側の視点で
ドイツ人自らが描き出すというタブーに挑んだ作品。
怪物と称される彼やナチの高官であるが、普通の人間として
描かれてる点が、この映画の特徴的な所であろう。
単なる怪物ではなく、人間的な魅力を持っていたからこそ
人々に崇拝されていたのが納得出来た。


最新作では、マツケンとDVD 松平健/松平健レビュー ~マツケンサンバ スペシャルコンサート~ <送料無料>共演しているドイツの名優
ブルーノ・ガンツが、ヒトラーになりきり熱演している。
ユンゲ役のアレクサンドラ・マリア・ラーラは、美人でしたね~。
ドイツ人軍人役といえば、この人という感じの
トーマス・クレッチマンも出てました(笑)


派手な演出の無い長尺の映画だが
最後まで集中して観る事が出来た。
歴史を知る上でも、観ておいて損はないでしょう。


『ヒトラー 最期の12日間』公式ブログ


ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


最初のヒトラーの登場シーンには、意表をつかれた。
高圧的で激しい性格をイメージしていたが
とても穏やかで低姿勢なのに驚いた。

非ナチズムの国では、子供を育てたくないと自らの手で
子供に毒を盛る母親、戦争が終わったのに
あくまでも忠誠を誓い自害する者、平常心を忘れ
そこまでヒトラーに心酔してたとは、とても衝撃的であった。

最後にユンゲ本人の映像が流れたのが、印象的だった。







Last updated  2010.03.05 22:22:56


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Comments

 夢穂@ Re:GWは武道館(04/28) 育ちざかりか。ぽっちゃりさんの お嬢さん…
 徳虎@ Re:猛虎ショー(04/01) お久しぶりです 8対1で勝たなきゃいけ…
 夢穂@ Re:ゲス御用達うどん(03/31) よ~わからんのはゲスはあかんのに 世界の…
 管理人@ Re:夢穂さん >今年も底辺で >混セになりそうですね …
 夢穂@ Re:侍が無料で見れるデー(03/28) オリックスファンでもないけど とりあえず…

Favorite Blog

久々の織り教室で絹… 遠井の吾郎ちゃんさん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

この前 負けたの い… 徳虎さん

7連勝! トラトラ甲子園さん

春先の病院通いと、… 夢穂さん

ストーリー・オブ・… 雨里2006さん

藤浪投手粘りの勝利 タイガース非公式サイトさん

殿上人日記(仮) 殿上人夢穂さん
パイプの部屋 yohkuraさん

Free Space



© Rakuten Group, Inc.