3835058 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

晴れ、ときどき撮人 一線越えてない虎党 団塊ジュニア(35億に含まれる)

2008.01.02
XML
カテゴリ:映画 フ




あらすじ
下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世
(檀れい)とともに幸せに暮らしていた。
しかし、藩主の毒見役を務め、失明してしまったことから
人生の歯車が狂い始める・・・。


感想
直ぐにTVでやると思って、待ってたけど
予想以上に早かったな~うっしっし

『たそがれ清兵衛』
『隠し剣 鬼の爪』に続く
山田洋次監督の時代劇三部作の完結編。

原作は、また藤沢周平
また、庄内弁でがんすねうっしっし

でも、争いを好まない前2作の主人公に比べて
今作の主人公は、好人物とは違うな~

前2作の主人公が、現代人に共感しやすかったのに対し
今作は、普通の武士を描いてるように感じた。

その主人公をキムタクが演じてた訳ですが、最初の方は
侍コスプレのキムタクに見えましたがうっしっし
最後の方は、ちゃんと武士に見えましたオーケー

そのキムタクに、吉田拓郎ばりに「かよ~!」
と呼ばれてたのが、無名ながら大抜擢された
元宝塚女優の檀れい。
今や、金麦大人気!
山田監督は見る目があるな~。

ご新造って呼ばれてて、何かと思ったら
身分の高い奥さんをそう呼ぶねんなぽっ

主人公に魅力が欠ける分、ご新造と
良い味だしてた笹野高史の奉公人が
この作品を支えていた感じがした。

うるさかった桃井かおりうっしっし
坂東三津五郎、緒形拳とか
脇役もしっかりしてたな。


山田監督の最新作『母べえ』の宣伝してたけど
どう見ても『婆べえ』にしか見えへん大笑い



『武士の一分』公式サイト

ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


失明して、蚊に咬まれて待ってた三村に

「大儀」

の一言だけかよ!と思ったが
けっこう良い殿様やったな。

飯炊き女って言った時点で、最後は想像ついたな~。
期待を裏切らないところが、この映画の良いところかな。

卑怯な島田だったが、いきなり黙って斬りかからずに
果し合いに応じたし、負けて切腹したし
奴にも武士の一分はあったんやな。
 
楽天以外の方は、本文中にURLを残して下さい。

TBは、承認制です。






Last updated  2010.09.14 21:26:54
[映画 フ] カテゴリの最新記事

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Comments

 夢穂@ Re:GWは武道館(04/28) 育ちざかりか。ぽっちゃりさんの お嬢さん…
 徳虎@ Re:猛虎ショー(04/01) お久しぶりです 8対1で勝たなきゃいけ…
 夢穂@ Re:ゲス御用達うどん(03/31) よ~わからんのはゲスはあかんのに 世界の…
 管理人@ Re:夢穂さん >今年も底辺で >混セになりそうですね …
 夢穂@ Re:侍が無料で見れるデー(03/28) オリックスファンでもないけど とりあえず…

Favorite Blog

晩秋の高原で雪見温… New! 夢穂さん

高慢と偏見とゾンビ… New! 雨里2006さん

第1回助っ人入札【7-… New! トラトラ甲子園さん

劇場鑑賞「ローガン… BROOKさん

月刊 徳虎ニュース … 徳虎さん

プロの厳しさ タイガース非公式サイトさん

塞翁が馬。なすがまま 空帆さん
パイプの部屋 yohkuraさん
遠井の吾郎ちゃんの… 遠井の吾郎ちゃんさん

Rakuten Ranking

Free Space



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.