4534056 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴れ、ときどき撮人 一線越えてない虎党 団塊ジュニア(35億に含まれる)

2008.11.10
XML
カテゴリ:映画 ス





あらすじ
タップダンサーのプロになる夢を諦めた修平(森山未來)は
恋人の静華(加藤ローサ)がいる北海道へ逃げるように帰るが
静華の父親に結婚の条件として少年アイスホッケーチーム
“スマイラーズ”を勝利に導くことを言い渡されてしまう。
まったくの素人の修平は、得意のタップダンスを活かした
練習法でチームを鍛え直していく・・・。


感想
実話を基にした陣内孝則の小説
陣内自らが監督して作り上げた作品。


ラパパンパン♪


と歌いたくなる映画やったスマイル


弱小アイスホッケーチームの快進撃という設定は
『飛べないアヒル』に似ているが
それ以上に感じたのは


マンガっぽい


このノリに乗れるか否かで、評価が分かれる所。

寒いギャグも多かったが、個人的には、そこそこ笑えたうっしっし


陣内監督は、子役にアイスホッケーを教えるより
アイスホッケー出来る子に芝居教えた方が早いからと
アイスホッケーが出来る子を集めただけあって

アイスホッケーの場面は
迫力あったな~
びっくり

私みたいに、アイスホッケーに詳しくなくても
分かりやすくて、巧く撮られてたし。


その演技未経験の子役陣なんやけど
それが気にならなかった点では、陣内監督の手腕は中々オーケー


ただ、楽しい映画ではあったけど
あまりにもベタな展開で、あまりにも
詰め込み過ぎな内容だったので
途中から、ダレてきたなぁしょんぼり


キャストは、森山未來、加藤ローサ、岡本杏理
田中好子、谷啓、高樹沙耶、坂口憲二、RIKIYA
佐藤二朗、モロ師岡、松重豊、森公美子、どーよテル
玉木宏、佐藤浩市、寺島進、原沙知絵、飯島直子、原田夏希など。






『スマイル 聖夜の奇跡』公式サイト


ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


ハシゴのマジックやりて~(笑)


電球が閃いて、スカウトしたシェフチェンコと
十文字なのに、あまり試合では役に立ってへんやん。
背中のネームとかで、笑いを取る為だけのお笑い担当かよ。


森公美子のオペラ早着替えと
ラリアット鼻血ブーが笑えた。


監督が、タップを踏みながら思考して
児童心理学を選考してたのを生かし
子供を上手く乗せて、快進撃というのは
途中までは良かったけど、最後は試合も観ないで
タップに夢中な感じがしたな~(´Д`)


礼奈の病気は、やっぱり白血病か。
邦画で美少女の病気って、8割は白血病だもんな(笑)


80年代という設定だったけど、森山やローサや子供達は
現在の設定だとしても、違和感ない気がした。
サンダーバーズの監督は、80年代やけどな(笑)
80年代にしたのは、最後を『天国から来たチャンピオン』
にする為だけやろな。


昌也の回想である筈なのに、過去は
監督目線で語られたから、どっちかと言うと
監督のその後の方が気になったな。

昌也役も、アイスホッケーが出来る事を基準に選んだから
昌也目線で描ける程の演技力がないから、仕方がないとは言えるが。
 
楽天以外の方は
コメントにURLをお忘れなく♪

TBは、承認後に反映されます。






Last updated  2008.12.26 00:46:32


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Comments

 夢穂@ Re:GWは武道館(04/28) 育ちざかりか。ぽっちゃりさんの お嬢さん…
 徳虎@ Re:猛虎ショー(04/01) お久しぶりです 8対1で勝たなきゃいけ…
 夢穂@ Re:ゲス御用達うどん(03/31) よ~わからんのはゲスはあかんのに 世界の…
 管理人@ Re:夢穂さん >今年も底辺で >混セになりそうですね …
 夢穂@ Re:侍が無料で見れるデー(03/28) オリックスファンでもないけど とりあえず…

Favorite Blog

劇場鑑賞「スマホを… BROOKさん

CS第4戦【7-142水島… トラトラ甲子園さん

半額の半額の飛騨牛… 夢穂さん

カラスの繁殖 タイガース非公式サイトさん

野村TOP野球 徳虎さん

殿上人日記(仮) 殿上人夢穂さん
パイプの部屋 yohkuraさん
ドリーミングピーチ 雨里2006さん
遠井の吾郎ちゃんの… 遠井の吾郎ちゃんさん

Rakuten Ranking

Free Space



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.