4346996 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴れ、ときどき撮人 一線越えてない虎党 団塊ジュニア(35億に含まれる)

2008.11.24
XML
カテゴリ:映画 オ




あらすじ
昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は
高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。
取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。
事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。
しかし、お嬢様育ちの美加と一平は喧嘩ばかり。
一方、一度淳之介を諦めた川渕だが、再び
茶川の所にやってくるようになっていた。
淳之介を渡したくない茶川は、再び
芥川賞に挑戦しようと決意する・・・。


感想
前作は、続きが観たくなる作品で
期待に答えて作られた続編ですけど
個人的には、あまり観たくなかった作品。


あの中途半端な結末の余韻が良かったので
こうして完璧に、完結してしまうと
ちょっと残念な感じがするしょんぼり


ただ、続編らしく、無難過ぎる作りではあったが
悪くはなかったですけどね。


ミエミエだけど
泣ける涙ぽろり



小雪
幸の薄そうな顔が良い大笑い







『ALWAYS 続・三丁目の夕日』公式サイト


ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


冒頭、別の映画になってるやんと思ったら
茶川の小説というオチが良かった。
思わぬ形でのゴジラ復活が嬉しかった♪


則文は、パワーダウンしてたな(^_^;)
六ちゃんは、すっかり垢抜けたやん。
訛りは、一向に抜けてないけど(笑)


則文とトモエにそれぞれ、旧友、昔の恋人と再会させ
明日への希望を全面に出した前作では描けなかった
戦争の影も描いてみましたって感じか。
トモエの方は、高速道路に覆われる前の日本橋を
出したいが為の付け足しエピソードっぽいので
省いても良い気がした。
スーツ姿が決まってた昔の恋人と
ステテコ姿で寝てた則文の対比は、おもろかったけどな(^_^;)


今のお行儀の良い映画館と違って
昔は心底、映画を楽しんでたんや。
裕次郎もどきだらけは、笑えたな(^_^;)


六ちゃん、犯人逃がしたらアカンやん!
映画を観てる人間は全て、初めから詐欺だと気付いてたが
六ちゃんは、状況を把握するのに時間かかったな~(^_^;)


踊り子の梅子は、物語の盛り上げ役やったな(笑)
予想通り、茶川の小説を読んで、ヒロミは帰ってきて
川渕も、あっさり引き下がり大団円。


初めは仲の悪かった一平と美加が結ばれ(笑)
別れを迎えるのも、ミエミエの展開やね。
途中、美加と淳之介が良い雰囲気やったけど
淳之介は、茶川に一途やからな(笑)


贅沢に暮らし、わがままだった美加は
家事を手伝う近所の子供達の姿や
トモエの母の愛情に触れ、良い子に変わる。
美加は、現代の子供を反映した存在であり
現代の子供を、昔の時代にホームステイさせ
更正させたい監督の願望か?(笑)

 
楽天以外の方は
コメントにURLをお忘れなく♪

TBは、承認後に反映されます。






Last updated  2008.11.24 19:30:10

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Comments

 夢穂@ Re:GWは武道館(04/28) 育ちざかりか。ぽっちゃりさんの お嬢さん…
 徳虎@ Re:猛虎ショー(04/01) お久しぶりです 8対1で勝たなきゃいけ…
 夢穂@ Re:ゲス御用達うどん(03/31) よ~わからんのはゲスはあかんのに 世界の…
 管理人@ Re:夢穂さん >今年も底辺で >混セになりそうですね …
 夢穂@ Re:侍が無料で見れるデー(03/28) オリックスファンでもないけど とりあえず…

Favorite Blog

高橋遥人、好投で3勝… New! トラトラ甲子園さん

とりあえず出世ベン… New! 夢穂さん

今日の収穫 (8月… New! BROOKさん

まだ力ありますね 徳虎さん

ノートルダムの鐘(T… 雨里2006さん

殿上人日記(仮) 殿上人夢穂さん
パイプの部屋 yohkuraさん
タイガース非公式サ… タイガース非公式サイトさん
遠井の吾郎ちゃんの… 遠井の吾郎ちゃんさん

Rakuten Ranking

Free Space



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.