3838402 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

晴れ、ときどき撮人 一線越えてない虎党 団塊ジュニア(35億に含まれる)

2009.02.08
XML
カテゴリ:映画 カ行




あらすじ
大学生の五十嵐良一(佐藤隆太)は突然プロレス研究会に
入部するが、何でもメモを取る割に学生プロレスで
一番大事なこととされる“段取り”を覚えられずにいた。
そんな中、商店街でのデビュー戦を迎えた良一は
段取りを忘れたために本気でガチンコの試合をすることになるが
それが観客にウケて一躍人気レスラーになる・・・。


感想

五十嵐の
愛した
プロレス


この作品に出演している小椋毅が所属する劇団
モダンスイマーズが2004年に上演した
「五十嵐伝~五十嵐ハ燃エテイルカ」が原作らしい。


舞台劇の映画化で、映画製作会社はROBOT
そして、川岡大次郎とくれば
『サマータイムマシン・ブルース』を連想したが
印象としては、全然ちゃうかったな。


あの作品みたいに、凝った構成ではなくて

めっさ
ベタ


予告編で、映画の内容は、ほぼ分かる感じうっしっし


予告編の印象と違ったのは、もっと笑えると思ったら
『サマータイム~』みたいには笑えんかったとこ
(笑かそうとはしてるみたいだが、個人的には笑えず)


笑えない反面、泣ける涙ぽろり映画ではあったが。

さすが、難病泣かせ職人
『タイヨウのうた』の小泉徳宏監督やなうっしっし



今回の難病は、『博士の愛した数式』とほぼ同じ。

ただ、リアリティには欠けていて、舞台なら許せても
映画では、気になる部分ではあったなほえー


それから、アラサー佐藤隆太が
大学生役なのも、気になる部分ではあったうっしっし


共演に、アニ声のダルビッシュキラー
サエコに、向井理、泉谷しげる、宮川大輔
『ハチワンダイバー』の仲里依紗
『超星神グランセイザー』の瀬川亮
中谷竜、久保麻衣子、脚本も担当した西田征史。



『ガチ☆ボーイ』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


高次脳機能障害者の主人公がプロレスをする映画として
宣伝されていたから、あさこ等にバレるまでが
めっちゃダルビッシュ(笑)

そういう宣伝するなら、バレた状態からスタートし
回想シーンを織り交ぜながら描くか
ああいう思わせ振りに描くなら
主人公の事は伏せて宣伝するべきやと思う。


五十嵐は、みんなから教わった技で逆襲して
シーラカンズを、あと一歩まで
追い詰めるものの、最後は敗れる。
あまりにも体格が違うんで、勝ったら嘘っぽいもんな(^_^;)
まぁ十分、嘘っぽかったけど(笑)


日記を父親が読むところが良かったな。
 
楽天以外の方は
コメントにURLをお忘れなく♪

TBは、承認後に反映されます。






Last updated  2009.02.08 17:40:48

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Comments

 夢穂@ Re:GWは武道館(04/28) 育ちざかりか。ぽっちゃりさんの お嬢さん…
 徳虎@ Re:猛虎ショー(04/01) お久しぶりです 8対1で勝たなきゃいけ…
 夢穂@ Re:ゲス御用達うどん(03/31) よ~わからんのはゲスはあかんのに 世界の…
 管理人@ Re:夢穂さん >今年も底辺で >混セになりそうですね …
 夢穂@ Re:侍が無料で見れるデー(03/28) オリックスファンでもないけど とりあえず…

Favorite Blog

ドカベン/球道くん、… New! トラトラ甲子園さん

クリミナル・マイン… New! 雨里2006さん

劇場鑑賞「ジャステ… New! BROOKさん

晩秋の高原で雪見温… 夢穂さん

月刊 徳虎ニュース … 徳虎さん

プロの厳しさ タイガース非公式サイトさん

塞翁が馬。なすがまま 空帆さん
パイプの部屋 yohkuraさん
遠井の吾郎ちゃんの… 遠井の吾郎ちゃんさん

Rakuten Ranking

Free Space



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.