4962625 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴れ、ときどき撮人 コロナぴえん リモートしか勝たん

2009.06.01
XML
カテゴリ:アニメ




あらすじ
1978年のテヘランに住む9歳の少女マルジ
(ガブリエル・ロペス)は、両親や祖母とともに
何不自由なく暮らしていた。
そんなある日、革命が始まり、新イスラム共和国が誕生。
反政府主義者として投獄されていたアヌーシュおじさん
(フランソワ・ジェローム)も解放され、マルジは彼から
さまざまなことを教えてもらうが、その後アヌーシュは
新政府に逮捕されてしまう・・・。


感想
アカデミー賞の長編アニメ賞にノミネートされ
アニメ部門のないゴールデングローブ賞では
外国語映画賞にノミネートされた作品。


なんか健康に良さそうな題名やな

それは、プロポリス大笑い


ペルセポリスとは、世界遺産に登録された
イランにあるアケメネス朝ペルシア帝国の都の
遺跡の事ですが、そんな昔の話ではなく
1979年に起こったイスラム革命
翻弄された女性の物語です。


監督のマルジャン・サトラピという人は、パリ在住の漫画家で
この作品の原作者なんですが
主人公の名前がマルジという事でも分かるように
彼女の実体験を基にしたお話で、言うなれば

イラン版
ちびまる子ちゃん

と言った感じでしょうかうっしっし


マルジはまる子に負けじ劣らずの面白キャラ
でしたが、舞台が平和な日本と違って、イランという事で
比べようもなく、重い内容でしたけどねほえー


政治に関心をもつ少女が主人公で
近代史の勉強になるという点では
『ぜんぶ、フィデルのせい』に似てましたが
あの作品ですら、軽く感じてしまいますね。


声優には、主人公をキアラ・マストロヤンニ
主人公の母を、実母
カトリーヌ・ドヌーヴが務める。


そして、『8人の女たち』
ドヌーヴの母を演じていたダニエル・ダリューが
またドヌーヴの母親役なのも面白い。


その他、『007 カジノ・ロワイヤル』
シモン・アブカリアンを、主人公の父親役に配している。




『ペルセポリス』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


ブルース・リー好きのマルジは、王子のおじいちゃんを
投獄した奴と教えられ、打倒シャー国王に燃え
100万人殺した親を持つラミンを苛めようとするが

「父親の罪を背負う必要はない
 罪を犯した者は必ず報いを受ける
 お前の務めは裁くことじゃない許すことだ」

神に言われ、ラミンを許す事にするが

「パパは共産主義者しか殺してない
 奴らは悪魔だ」

子供は、親の影響を強く受けるもんやな(^_^;)


国王が亡命すると、誰もが革命家づらし
隣人の顔のシミすら、名誉の傷になってしまう(^_^;)
シャー崇拝の先生は、王家の写真破れと言い出すし
180度変わってしまうのが、世論ってやつやね(笑)


父の兄アヌーシュは、9年も監獄にいた事で
マルジの憧れの存在となる(笑)

国民の半数は字が読めず、民衆を団結させるには
民主主義か宗教的倫理しかないという事で
99.99%の得票率で、イスラム共和国が誕生すると
アヌーシュは再び、逮捕されてしまい
おじさんから貰った2つのパンの白鳥を持ち
落ち込むマルジは、神を拒絶してしまう。


イラン・イラク戦争が勃発し、スーパーには商品がなく

「お前のような女は犯されてゴミ箱行きだ」

女性は抑圧されるようになるも、成長したマルジは
パンクの靴ナイキを履き、パンクは死なないTシャツで

「エスティーヴィー・ワンダー」
「フリオ・イグレシアス」
「ピンク・フロイド」
「ジャイケル・マクソン」(笑)

と口にする黒服の怪しい男達の中から
アイアン・メイデンのテープを買ったり
逞しく生きていた(^_^;)


ごちそうが並び、女にも困らない
天国に行けるプラスチックの鍵を餌に
兵隊を集め、殺す為に処女を奪うような国に
危機を感じた母親に、留学させられたマルジだが
自分だけ安全な場所にいる事に、罪悪感を抱く。


恋をした男は、ゲイだったり二股かけられたり
失意のマルジは帰国を決意する。

別れた男が、別人のようにブサイク
になったのが笑えた(笑)


しかし、帰国したマルジは、祖国なのに
異邦人のように感じ、うつ病となるも
神に救われたマルジは、ロッキー3の主題歌で復活(笑)


デートが罪になるので、仕方なく結婚するも
すぐに破綻してしまい、酒飲むのは命がけ
「ヴィーナスの誕生」は殆んど消される国(笑)から
再びヨーロッパへ、帰りたくても帰れず、祖国を想うマルジ。


毎日10分間氷水に胸を浸し、ブラジャーに
ジャスミンの花を入れてるおばあちゃんは
自分に公明正大でいるようにマルジに教え

「この先たくさんのバカに出会うだろう
 そいつらに傷つけられても
 相手が愚かだからと思えばいい
 この世で恨みや復讐ほど最悪なものはない」

「恐れが人に良心を失わせる
 恐れが人を卑怯にもさせる」

数々の名言を残したな。

そんなおばあちゃんも、切腹と怪獣の国
日本だけは理解不能か(笑)

ゴジラに、中国人みたいの出てきた(^_^;)
 
楽天以外の方は
コメントにURLをお忘れなく♪

TBは、承認後に反映されます。






Last updated  2009.06.01 22:05:52
[アニメ] カテゴリの最新記事


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Comments

 夢穂@ Re:GWは武道館(04/28) 育ちざかりか。ぽっちゃりさんの お嬢さん…
 徳虎@ Re:猛虎ショー(04/01) お久しぶりです 8対1で勝たなきゃいけ…
 夢穂@ Re:ゲス御用達うどん(03/31) よ~わからんのはゲスはあかんのに 世界の…
 管理人@ Re:夢穂さん >今年も底辺で >混セになりそうですね …
 夢穂@ Re:侍が無料で見れるデー(03/28) オリックスファンでもないけど とりあえず…

Favorite Blog

ブルーレイ「劇場版 … BROOKさん

柿の実も♬ 遠井の吾郎ちゃんさん

ウチって こんなに強… 徳虎さん

打線の粘りがすごい… トラトラ甲子園さん

愛がなんだ(2019 日) 雨里2006さん

まだいたんですね タイガース非公式サイトさん

4月後半のマラソン… 夢穂さん

殿上人日記(仮) 殿上人夢穂さん
パイプの部屋 yohkuraさん

Free Space



© Rakuten Group, Inc.