4298734 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴れ、ときどき撮人 一線越えてない虎党 団塊ジュニア(35億に含まれる)

2011.08.18
XML
カテゴリ:映画 タ行




あらすじ
1969年7月20日、アポロ11号は月面着陸に成功。
この歴史的偉業の陰にNASAと米国政府が
ひた隠しにした事実があった・・・。


感想
人気シリーズ
3作目で初の3D作品。


3D映画では、上の部類の映像だと思ったけど
予告編を観た期待値を超える程ではなかった下向き矢印


映像が売りで、ストーリーには期待してないし
スベリ気味ギャグが満載なのが、このシリーズの
特徴ではあるとは言え、1作目から脚本を担当してた
アレックス・カーツマンとロベルト・オーチーが降板し
2作目からのアーレン・クルーガー1人で脚本を
書いたせいか、これまでのシリーズで最もギャグと
ストーリーに不満を感じたなしょんぼり



降板と言えば、ヒロインのミーガン・フォックスが
スピルバーグの怒りを買って降板、代わりに
ジェイソン・ステイサムの彼女で、見るからに
モデル顔のロージー・ハンティントン=ホワイトレイが
新ヒロインに抜擢された。



ハリウッド映画続編の鉄則、より豪華にって事で


オスカー俳優


『バーン・アフター・リーディング』
フランシス・マクドーマンド、2度アカデミー賞候補の
『銀河ヒッチハイク・ガイド』のジョン・マルコヴィッチ
『メラニーは行く!』のパトリック・デンプシーが
新たにキャスティングされたが、豪華キャストを生かしきった
とは言えないし、どっちか言うと、人間なんかよりも
トランスフォーマーの方に、新キャラを増やして欲しかった



監督は『パール・ハーバー』のマイケル・ベイ。


出演は『ボビー』のシャイア・ラブーフ
『みんな私に恋をする』のジョシュ・デュアメル
『ワイルドスピードX2』のタイリース・ギブソン
『エージェント・ゾーハン』のジョン・タトゥーロ
『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』のアラン・テュディック
『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』
のケン・チョン
声の出演は、『マトリックス』のヒューゴ・ウィーヴィング
俳優業引退を発表したが、親戚の監督に頼まれて復帰した
『スタートレック』のレナード・ニモイ。







『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』公式サイト



ネタバレ感想
マウスでクリックしながら、なぞって下さい。


オルドリン、本物やん!
あそこが、この映画で1番興奮したな(笑)

ケネディの偽者は、あんま似てなかった(^_^;)


アポロ11号の陰には、月の陰には宇宙船がって
ハッタリ導入部は悪くないけど、題名は
『トランスフォーマー』なのに、、主人公はサム
ってのは分かってるけど、世界を2度救った男の
就活よりも、もっと、トランスフォーマーが
観たいよな(^_^;)

車(バンブルビー)でも仕事あるのにって
サム父、言う事きついな(笑)



なんでサムが合格したのか、さっぱり分からんかったけど
カーリーのボスの指示やったんか。

最後まで、ただのイカレ役(笑)のマルコヴィッチと違い
いちいちカメラの撮り方が、いやらしいカーリー(笑)の
体目当てで、たっかいベンツをプレゼントしたかのような
サムの恋のライバル役と見せかけ、ディセプティコンの
手先で、ベンツは監視役トランスフォーマーだった
社長役のパトリック・デンプシーの方が、おいしかったな。



ケン・チョンの下ネタは、笑うところなんだろうけど
とにかく、ひいた(笑)
でも、なんで裏切ったんやろ?


機能が多すぎる日本製コピー機って(^_^;)
意外な物がトランスフォームするのが、この作品の
魅力だったけど、前作で人間トランスフォーマーや
合体ロボ等と、やり尽くした感もあってか、今作では
巨大宇宙船やドリラーとか、デカさだけの勝負で
驚くようなトランスフォームがなかったな。



オートボットの副官であるアイアンハイドが
死んだのに、誰も大して気にしないなんて
扱い悪すぎ(^_^;)

実は裏切り者のセンチネル・プライムの声は
実はレナード・ニモイやってんや。



オートボットを追放って、アホ過ぎやろ(^_^;)
トランスフォーマーが乗れる巨大宇宙船を
スペースシャトルで打ち上げるなんて、多分
無理ちゃうん(笑)



ベイお得意のアメリカ軍万歳映画化(^_^;)

ムササビ部隊とか、やっぱ3Dは浮遊シーンで
最大の力を発揮する感じがするな。



主人公は不自然でも死なない(笑)という
ハリウッド映画の鉄則に守られたサム達は
ビルが倒壊しても生き残る(^_^;)


あのスタースクリームが、人間にやられちゃった(笑)

手強いのはショックウェーブだけだと言われてた割りには
あっさりとオプティマスに、やられちゃったな(^_^;)


最終的に地球を救ったのは、センチネル・プライムと
メガトロンの口論を目撃し、メガトロンをけしかけ
センチネル・プライムと仲間割れさせたカーリーかよ(^_^;)
弱ったメガトロンとセンチネル・プライムを
かつての仲間とか関係なく、情け容赦なしに
破壊するオプティマス。

そして、ハッピーエンドって、世界中にいた
ディセプティコンは、どうなってん?(笑)




 
このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/530827/26952136

虎団Jr. 虎ックバック専用機
承認後に反映されます。







Last updated  2011.08.18 21:15:39

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Comments

 夢穂@ Re:GWは武道館(04/28) 育ちざかりか。ぽっちゃりさんの お嬢さん…
 徳虎@ Re:猛虎ショー(04/01) お久しぶりです 8対1で勝たなきゃいけ…
 夢穂@ Re:ゲス御用達うどん(03/31) よ~わからんのはゲスはあかんのに 世界の…
 管理人@ Re:夢穂さん >今年も底辺で >混セになりそうですね …
 夢穂@ Re:侍が無料で見れるデー(03/28) オリックスファンでもないけど とりあえず…

Favorite Blog

狙い球 New! 徳虎さん

今日の収穫 (6月… New! BROOKさん

第1回助っ人入札【7-… トラトラ甲子園さん

夢の架け橋の九頭竜… 夢穂さん

オリエント急行殺人… 雨里2006さん

季節の花 タイガース非公式サイトさん

殿上人日記(仮) 殿上人夢穂さん
パイプの部屋 yohkuraさん
遠井の吾郎ちゃんの… 遠井の吾郎ちゃんさん

Rakuten Ranking

Free Space



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.