000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ルナリバティ~Luna Liberty~ 日々、愛しむ。

結婚


元オットとは同じ会社で知り合った。
会社は全国・海外にも支店を持つゼネコンだった。

当時4年間付き合い、結婚しようね、とまで約束し親にも紹介した彼と
破局を迎えたばかりだった。
私は23才、元オットは30才だった。

元オットは仕事は出来た。
上司からも「アイツはいい男だ」と言われていた。
「これから出世もするだろう」とも。

外見はまったく好みじゃなかった元オット。
だけど、当時私の心に大きく出来た傷を埋めようと
一生懸命接してくれるのが分かって嬉しい気持ちは確かにあった。
なぜか彼はすごく私を好きだと言ってくれた。

「結婚を前提にお付き合いして下さい。」
と言われ、それから一ヵ月後に結納をして
それから半年後に結婚式を挙げた。

私は「この人を幸せにしてあげたい」というより
「この人に幸せにしてもらおう」と思っていたと思う。
こんなに想ってくれるんだから、結婚しても大事にしてもらえると
そう思っていた。

土地開発で土地や山が売れ、土地成金状態だった嫁ぎ先。
8畳間に所狭しと並べられた結納品に、両親が驚いた金額の結納金。
200坪の敷地に母屋と蔵と離れがある家。
親戚が「どんなスゴイ家にお嫁に行くの?」と驚いたくらいだ。

私も食べるのには困らない、こんなに望まれて結婚するんだから
いい人生が送れるだろう、とまるでひとごとのように思っていたところがある。

当時バブルの余韻がまだ抜けきらない時代。
ゼネコンには本当にいい時代だった。
元オットの給料も、ボーナスも今では考えられないくらいあり
私はそれはそれはのほほ~んと毎月無駄遣いをし、高級車を乗り回していた。

問題は元オットがとても忙しい、というのと
百姓家の跡取り息子だったということだ。
そうして、離れに立派な台所を付けてくれ元オットの生家での
両親との二世帯同居生活がスタートした。












Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.