000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

サティ歌いの音符帳

PR

プロフィール


葵♪satie

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

お気に入りブログ

ボンジュール・ド・パリ iqcotさん
銀色猫の部屋 sonnchanさん
ぼえ~でうま~い日… ねっぴ〜さん
メイクセラピスト葉月 RINKO_KUBOさん
りんごと家族の毎日☆ かおりんご722さん

コメント新着

コメントに書き込みはありません。
2005年10月21日
XML
カテゴリ:観劇・コンサート
今日は一生懸命仕事をして、いそいで職場を出ました!
そして、行ってきました。オーケストラのコンサート☆

【プログラム】
 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
 ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68


あんまりクラシックに精通しているわけではありませんので、
どちらも初めて聴くつもりで出かけました。

協奏曲の方は、第1楽章の第2主題(たぶん。。)の旋律が
とても甘美で私好みでした。
好みの旋律が流れると、いつまでも聴きたい気持ちになりますが、
もっと聴きたい、というところで主題が移っていってしまいます。
しばらくしてまた先ほどの主題がでてきて、そのたびに心が躍りました。

バイオリンの方の演奏もとても上手でした。
難しいパッセージも楽々こなしているようでした。

オーボエ奏者もよかったです!
オーボエの高音がふわ~と宙に広がって、キラキラッと余韻が残る。。
音色も表現力もよかったです☆*.・


交響曲第1番は、さらによかったです!!
オーケストラは一段と音の厚みを増して、
楽曲もさまざまなモティーフが次から次へと登場し、
あきることがありませんでした。

初めて聴く音の展開を楽しんでいると、第4楽章で聞き覚えのある旋律が登場しました。
おそらくCMやテレビの番組等でBGMに使われていたと思います。
「あぁ、この旋律はブラームスの交響曲第1番だったのか」
とてもうれしくなりました。

よく知っているその旋律は、弦によって演奏され、木管によって演奏され、
いくつかのバリエーションに形を変えていきます。
「ここでこんなふうに変奏されるのか!」
意外な旋律の展開に心ときめきました。

そして、いかにも「これから終わりに向かいます」という音楽に変わって行き、
とってももりあがって、それでも終わらなくて、
観客の期待も十分に高揚したところでフィナーレ!


大満足の演奏会でした。。
力いっぱい、拍手しました。。。

次回にこの曲を聴くときには、また印象が変わるでしょう。
この曲を初めて聴いた今回のようには、もう聴こえません。
よい形で出会えたこと、感謝しています。。

関連グッズ
朝比奈 隆 ブラームス:交響曲第一番/第二番
朝比奈 隆 ブラームス:交響曲第一番/第二番
【音楽CD】ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77(*)J.S.バッハ:パルティータ 第2番 ...
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77他






最終更新日  2005年10月22日 00時10分22秒
コメント(10) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.