000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フェレットちょっと噛む?かも 楽天版

PR

X

全8件 (8件中 1-8件目)

1

けがしちゃいました~膝のじん帯

2007.08.04
XML
ここしばらく書いてませんでしたが、自転車でのリハビリは継続中。
とはいうものの、去年みたいに20キロ近くがーーーっと走るには、まだまだ筋力不足。
夏休みになんとか挽回したいものですが、果たして.....。

実は恐ろしいことに、怪我をしてから運動不足で体重が一気に3キロ増えました。
去年あんなに苦労してやせたのは水のあわ.....。

やはり毎日体重計は乗るべきですな。






最終更新日  2007.08.08 12:14:13
コメント(1) | コメントを書く


2007.05.01
怪我をしてから5週間。

恐る恐るクラブの人間とやってきた志賀高原横手山を滑ってみました。
まずはリフトに座ると「いてー」思ったよりも足が曲げられています。
そして降りるときに「立ち上がれないよー。」
根性なしの足です。

横手山頂についた瞬間吹雪いているので「休憩したい....。」
すっかり軟弱者になっていました。

林間コースメインで1本滑ったところで足が悲鳴をあげていたのと
寒いのでとりあえず山頂のパン屋で休憩...何も買わなくてすみません。

そしてそのあと2本ほど滑りましたが、ゆるい斜面ならだんだん楽しくなってきました。
とはいうものの、足がつりそうに疲れたので、やっぱり早くあがらせてもらいました。

怪我明けの1日目としてはまずまず.....でしょうか。

草津にもどってからあわてて、接骨医にいって膝の治療+酸素とマッサージをうけましたが.....。ああ~極楽です。






最終更新日  2007.05.08 17:22:01
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.29
だいぶ膝も曲がるようになってきたので、サドルをあげれば自転車も乗れるかと試してみました。サドルはバレリーナストップになるくらいにあげています>歩道の縁石で止まるのがベスト

しっしかし。。。。漕ぎ出すと「ひざの曲がりが足りない。」ことに気がつきました。
サドルを極力あげているのに「いてー」という感じ。

ついでに、いろいろ動かしていたつもりでしたかが「腿の前も後ろも痙攣しそう....」なくらいにぱんぱん.....。普通の街中を電チャリで3キロほど走って、こんな状態とは.....。
ストレッチが足りなかったらしいです。

わずかなトレーニングに音をあげた、うりゃの右太ももは夜ネットを開こうとしたら、思いっきり吊りそうになっていました。
ああ軟弱な足だ.....ちなみに整形外科の先生からは「自転車はいいけど、スキーのポールとこぶはまだ筋力的に無理です。」といわれてしまいました。
ああっ本当だ.....ぐっすん。

やっぱりポールは入れなさそうです。






最終更新日  2007.04.30 06:05:15
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.19
病院で「先週とあんまりかわってない。」といわれてちょっと悲しかったのですが、とりあえず今までつけていたサポーターを取ってみました。

曲げるときにサポーターがうまくクッションになっていて「曲げすぎない。」を実現していたのですが、逆に「必要以上に曲げたいのにまげられない。」の原因にもなってるもよう.....。

で意を決してサポーターをとってみたら(怖いので一応キネシオは巻いている)わりと大丈夫~と思ったら、急な温度低下で「膝がまがらない。伸びない。痛い。」三拍子。
あわててインスタントカイロであっためるはめに.....。

朝目が覚めて「痛いよ~。」と思わずに気持ちいい目覚めで起きられる日が早くやってきてほしい.....。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   






最終更新日  2007.04.20 13:37:56
コメント(2) | コメントを書く
2007.04.18
私の生活する東京/横浜地方はここ一週間ずっとすっきりしない天気が続いてますなぁ...。
いたち達はずっと寝ているし(でぶ太となのちゃんは例外)、怪我した右足はずーーーーーーーっとしくしく痛みが続いています。

先週痛い目にあった整形外科にいく日がやってきました。
先週のことを思い出すと「やだなー。」と思いつつ、掛け捨ての傷害保険の給付のことを考えると(通院5000円/一日)「まじめに行かねば(笑)。」と思うところが、やはり貧乏な私らしいなぁと思う。

最近電車に乗っていてもだいぶ踏ん張れるようにはなってきたけれど、急なゆれやブレーキにはまだ対応できず、また人に押されたりすると踏ん張れずに「あれぇぇぇぇぇ~。」と流されたり(苦笑)つり革にぶらさがったりな状態なので、またいためるのではとちとひやひやしてます。

今日も病院の帰りに綱島温泉はいってからかえろっと(笑)

ちなみに家でリハビリするときには【プロ仕様 ゲルマエステ】入れてます。これ結構新陳代謝よくなるみたいで、汗もかくしかなり強く膝をまげても痛くない(笑)
でも、天然ラジウム温泉にはさすがに負けるみたいです。

ゴールデンウィークすべるぞー。






最終更新日  2007.04.18 16:04:01
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.11

怪我をしてから3週間。いい加減普通に歩きたいところですが、なかなか膝がまがってくれません。とはいうものの、階段を下りるのに曲げざるを得ないので強制リハビリ状態になっています。

とりあえず左足を思い切り爪先立ちすれば、段差の少ない階段ならなんとか下りられるようになってきました.....しかし...固まっている怪我した右足の太ももの大腿四頭筋がかたくなったせいか、1階分降りると攣りそうに痛いです。とほほ。







最終更新日  2007.04.11 11:47:05
コメント(2) | コメントを書く
2007.04.09

先月の22日に草津の白根ゲレンデでぶっこけてから17日が経過。最初の一週間は「テクニカル受験するんだ。」の気力で結構早めに回復してましたが、テクニカル受験断念後は牛歩の歩み。

膝の腫れはなんとか引きましたが、可動範囲が60度弱。階段をのぼれても降りることができない状態です。また、電車でも座ると足が前にどうしても出てしまうので、混んでいるといためている足を踏まれたり、蹴られたり.....の可能性があります。

とりあえず、土曜日にいってきたところで言われたことは

1.足の腫れがやっと引いてきた。
2.今無理するとまた腫れるから無理に動かさないこと。
3.やってもいいのはプール歩行とEMSを使った関節に負担のかからないトレーニング。
4.徐々にPNFストレッチなどもやったほうがいいかも-----。

ということで、とりあえず草津のマンションの近所のプールで1時間ほど歩行。そのあと温泉で温まりながら、痛まない程度に膝を動かしてみる。んでもってすぐアイシング(水をかけて冷やす) そのあとシップして包帯巻いて半固定のサポーターを巻く。

まだ、床に座った状態から立ち上がるのが苦しいのですわ。とほほ。







最終更新日  2007.04.09 17:40:55
コメント(2) | コメントを書く
2007.03.27
スキーをやっているとこの怪我に遭遇する率が高くなります。
私の場合はここ最近上半身の怪我が多かったのですが、今回は久しぶりに膝の怪我をしてしまいました>10年ぶりくらい??

他のブログにも書いていますが、場所は草津スキー場の逢の峰ゲレンデ。日時は3/22の午前中。拝啓は新しい板を下ろしてならしすべりの途中で、ちょっとがんばってみたら、止まり損ねて転倒の上、そばにあった防護ネットを突き破り林の中までOB.....。

当然体はあざだらけ。林に飛び込む前に外れたはずの板ではあったものの、右ひざの古傷を再び痛めてしまい、動かそうとしたら「じ~ん」という嫌な痺れ感(滝汗)新雪につっこんだのをこれ幸いに四つんばいになって脱出し、無理やりたってみたもののやはり違和感....(汗)

足をふったときには、いたみも特になく「休んだら大丈夫?」とちょっと体をひねったときに「ぐきっ」と膝ががくっとなった上にかなりの痛み.....「じん帯?」「前十字」「半月板?」の3つが頭をよぎり、一歩二歩.....あるけるので、完全には切れたりはしてない模様。
とはいうものの、捻挫レベルでの怪我はしているようなので、あわてて下山。

今にして思えば、このときにロープーウェイで降りるべきでした......。

普通に降りようとして1ターン目左足→右足に重心移動した瞬間「がくっ」と膝の力がぬけた+痛みがはしり、そのまま転倒。「げげっ」と思い、そのあとはシュテムで降りるものの、左を谷足にすると右足がふらふら+痛いため横滑りもできません。

そして再び「がくっ」→どて!→「いてー!」わずかな距離で2回も転倒するはめに>それもたいしたことない斜面なのに.....。遠くからみていたお客さんが「怪我したの?大丈夫?」と声をかけてくれたものの、ウェアーを着ている以上「大丈夫ではありません。」ともいえず「あはは、ちょっと膝痛めたみたいです。プルークでおりますわ。」と取り繕って再び下山開始。

平らなところは左足1本で、急なところはプルークで休み休み、普段なら10分くらいで下山できるところをそれこそやすみやすみ30分以上かかってやっと下山。
診療所の先生がたまたまこの日は整形外科の先生だったので、山から降りてきたところを捕まえて相談+応急処置。

町内には整形外科がなく接骨医のみですが、経験がかなり豊富な人なので、痛い右足で山道くだりを30分降りるよりは.....と夕方診てもらう。結局「膝の捻挫なんだけど、関節に血がたまっているので、昔の古キズ(半月板)のどっかもいためて出血してるかも....。」とのことで、近くの内科医に連絡して痛み止めと血止めを処方してもらうついでに、強打したわき腹もレントゲンをとり、足は半圧迫固定(車を運転できる程度)で帰ることに....。

この接骨医新し物好きなのか、ベッカムカプセルと痛くない超音波振動装置が標準装備なので、さっそくお願いしがてら、治療開始.....。

しかし...週末まじに滑れるのかな。安全のために、サポーターを探してみました。
とりあえず仲間内で評判がよくてただいま10倍中なので

チュアンヌ社製★07324野球10【送料無料】チュアンヌ・ジェヌプロ膝サポーターなんですが、果たして使えるかな??






最終更新日  2007.04.09 17:34:03
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全8件 (8件中 1-8件目)

1


© Rakuten Group, Inc.