000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フェレットちょっと噛む?かも 楽天版

PR

X

全3件 (3件中 1-3件目)

1

スノ-ボードはできるようになるのかな?

2008.03.23
XML
今日も暖かかったので雪がざくざくです。これくらいざくざくなら痛くないかも.....と
思っていたらリフト券の1日券を恵んでもらいました。
(これはきっと今日はリフトに乗れって神様のお告げなのだわ。)

スクールウェアなら、そのままリフトに乗れるのですが、なにせ初心者。
「スクールウエアでは絶対リフトに乗れない。」レベルなわけで.....(苦笑)
1日券のお古とっても嬉しかったです→どーせ一度か2度しか乗れないのだから
回数券かってもたいした出費ではありませんが、それでも嬉しいのです。



でも、初心者ゲレンデの第4リフトは降り場が狭くて意外と斜度があるので
初心者ゲレンデなのに初心者泣かせなのです。
で、根性決めて降り場が広くてプレッシャーの少ない天狗山のTパラリフトに乗ることに
しました。ただし、こちらは降りた後に狭い林間コースがあるので、それもプレッシャーになります。とほほ。

まずは、昨日の人のいないバーンでターンの練習>超浅回りならなんとなく回れます。
そのまま、ワンフットでけりながらTパラに移動....息が切れました。
ものすごく緊張してリフトにのりました。
あまりの初心者さにリフトのおじさんも補助してくれました(嬉)

でもって降りるときはもっと超緊張。
幸いすぐ後ろには人がいません。4つくらい後ろのハンキにはスクールスタッフが乗っているのでこっちが転んでも多分よけてくれるでしょう。

ドキドキしながらデッキに足を乗せて降りてみました.......





おお~こけずに止まった(笑)うれしいよぉ~。







Tパラにのった場合林間コースと夏道コースの二つの選択肢があるのですが、とにかく林間コースに。両足つけるとやはりこけまくるのですが、平らなので起きるのが大変です。
だんだん起き上がるのがうまくなると思いきや「体力温存」のために
くるりとまわって後ろ向きに立つことが増えていきました。

......いや、それだけ転んだのさ。けっ。


そして最大の難所。しゃくなげとの合流地点です。
なんと人がたくさんいます。
私の足前ではよけながら行くなどとんでもない。
迷わず板をはずして歩きました。
人間そういう決断って大事なんですわ。



で、第4ゲレンデに向かって.....また、たくさん転びました。
でも、なんとなく転ばないで滑れる距離が増えてきました。



日曜の夕方の第4ゲレンデは比較的人が少ないのでプレッシャーを感じることが少なく滑ることが出来ます。

とりあえず板まかせで滑ると、なんとなく調子がいい~。
出来損ないですが連続ターンみたいなこともたまに出来ます。



しかし...6ターンくらい調子よく滑ったところで自分で止まれないスピードに突入していること発見.....止まろうとしたらそのまま思い切り転びました(下手)


それでも連続ターンができる率が増えてきたので、かなりうれしいうりゃもばでした。。

シーズン終わりまでに初心者ゲレンデを転ばずに降りて来たいものです。
その前にゲレンデに大穴あけたり、戻ってこれないかもしれないけど.....。






最終更新日  2008.03.25 14:26:08
コメント(0) | コメントを書く


2008.03.22
どうしてもうまくできないフロントサイドの斜滑降をなんとかするために、イメトレ三昧してましたが、おかしくなってきたので、ここでゆっきーコーチに取りすがってヒントをもらう。

よく考えるとスキーと同じ動きなのに、ボードだとできないことがいっぱいあるのだ。

まずは「斜滑降をしっかりやってみて♪」なので苦手側の斜滑降を鬼のようにやってみました。で、次に「ちょっかりでいいのでテールを左右に振ってみて。」ということなので、それもやってみました。なんだか少し楽になった感じです。

次にワンフットで緩斜面をターンしてみるとなんとか曲がれます。
でも、まだ「行き先は板に聞いて。」の状態です。前に人がいると恐ろしくて滑れません。はい。これほど自分が信用できないってのもなんだかなぁ....。

で、リフトは降りるのが怖いのでとにかく踏み上げ踏み上げ。
汗で化粧が完全に崩れました。ついでに顔からも突っ込んだので
それも化粧を崩す原因になってるような気がします。

まじに、こんなことで初級者コースを滑れるようになるんだろうか.....。
だんだん不安に.....。

で、両足つけたら「立てない!!!!!」結局後ろにくるんとまわって膝をついてフロントサイド側から立つことに>体力温存しないと

30分で疲れて終了。

とぼとぼスクールまで帰る道すがら、お客さんが楽しそうにボードで滑っている光景が目の前に広がりました。世界で一番ボードが下手くそな気分でしたが、1本滑るごとに少しずつできることが増えているので、だんだん楽しくなってきたかも♪

30分くらいの短い時間だったけど、とりあえず桶!






最終更新日  2008.03.25 14:14:20
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.21
やってみたかったんだけどなかなか踏み切れなかったスノーボード。
苗場時代にちょこっとだけ体験したものの、結局そのままいろんな言い訳をして
やらずに終わってました。

もしあの頃から滑っていたら今頃はボードはお友達だったかも.....>後悔が多い私

言い訳というのは、うりゃもばはグーフィースタンスなのです。
だもので「誰かのボードをちょっと借りて。」は出来なかったのです。
→勝手にビンディング付け替えるのは申し訳ないので.....。

「出来ないままで終わるのも悔しい。」と去年一念発起して板とブーツを買ったのですが、そのままダンボールに入りっぱなし(困)雪があっというまになくなって練習する機会を逃してしまいました。

.....で、今年、気持ちが萎えかけていたときに、がおーが「板貸して。」とメールをよこしました。これ幸いと「ビンディング取り付けてワックス塗ってくれたらいいよ。」と返信。

多分リューシュコードもデッキパットも付いてないはずだけど、なんとかなるだろう.....。

当のがおーはそれらのものをスクールのスタッフにもらい受けて取り付け完了し、本人は青葉のゲレンデを滑っていたらしい>この人苗場時代にたしかボードをかじってました。
初心者を教えたりもしてたという記憶があります。

ただ、私がやる分にはまずはビンディングをグーフィーに付け替えが必要。
ポジションとかはよくわかんないのでボードのスタッフに「わかりません。」と正直に
申告してそのまま「普通の」ポジションに取り付けしてもらいました。で、初心者レッスンと同じ内容で教えてもらいました。

やることなすこと初めてなので、えらいこと戸惑いました。おまけに用具の名前を覚えてない.....(滝汗)ノーズとテール、フロントサイドとバックサイド、アンクルバックル??
???がいっぱいです。何度効いても覚えられません。とほほ。
ブーツ履くのも板を取り付けるのも何もかも要領が悪すぎて疲れまくってます。

スクール前の緩斜面で30分ほど基本トレーニングのあと、リフトに乗りました。
スキーの時ならぜんぜん怖くない斜面もリフトもボードで乗ると怖さ100倍。
初心者を実感しました>お客さんの気持ちがよくわかったー。

初日はバックサイドはなんとなく山回りできましたが、フロントサイドは全滅>どうやら内倒のせいでエッジが立ちすぎているもよう。こけまくって終了。
夕方リベンジするも下手くそなまま...とほほ。

果たしてこんなんでなんとかなるんだろうか。あうー。

こんな奴に丁寧に教えてくれた上にアフターサービスまでしてくれて.....。
ゆっきー感謝してます♪






最終更新日  2008.03.25 14:08:02
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.