356493 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フェレットちょっと噛む?かも 楽天版

PR

X

全3件 (3件中 1-3件目)

1

きちざ君2008年9月28日生まれ

2010.05.07
XML
フェレショーではやたらしジャッジを噛むきち君。
カラースペシャリティーでも「ジャッジを噛んだら失格」の文字.....うちのせいか?

飼い主にはべたべたの甘えた君なのですが、何がそんなに怖いんだろうか????

ある意味噛み助よりも激噛み君かもしれません>噛み助は飼い主限定

そんな彼はお風呂が大好き。
100均で買った桶に丸くおさまってくつろいでます。
ついでに風呂で泳がすともぐったりします。

もう少し暑くなったら泳ぐことをもって教えてあげようかな.....と思案中。






最終更新日  2010.05.08 04:25:56
コメント(0) | コメントを書く


2009.02.05
さて吉三君1月下旬で生後4ヶ月になりました。

体もだいぶ大きくなりましたが、未だに「ふげ~」となくおこちゃまモードです。
我が家の面々とはだいぶ仲良しになってきたのですが、ただ一頭、一番若いあんごらの
けんぱち君がやきもち全開で敵意むき出しになっています(困)

全員放牧するとけんぱち君は一目散に吉三君のところに一直線に走っていきます。
そして、ドリル噛み。

当然「ぎゃん~」「ふぎゃー」という悲鳴が聞こえます。
しかし.....よくみるときちざ君、やられっぱなしではなくて反撃しています。
(被害妄想系か?)

そして、昨日の夜くらいから逆にけんぱち君を追いかけるように......。
ただ、見ているとなみだ目のちっこい子が手を振り回していじめっ子を追い掛け回している
ような雰囲気です(苦笑)

勢いにびっくりしたけんぱち君はひたすら守勢にならざるをえなくなりました。

ここで、少し頭のいいごらならば、「自分がちょっかいださなかったら、この子どもは
反撃しない。」と気がつくのです。しかし、上海ごらのけんぱち君はそこらへんの学習機能がいまいちのようで、ケージにしまうたびに「実はあっちの方が強い。」ことを忘れて
スナイパードリル噛を決行してしまいます。




.......で、30秒後にきちざに追い掛け回される.......。





それでも多少は学習したらしくてケージから出したら一直線がなくなってきました。
1分位は別のところでうろうろするように.......。


はたして仲良くなれる日はやってくるのでしょうか?



なお.....





きちざ君をインゲマルと呼んでいる我が家の同居人。
昨日2回もがっぷりかまれてました(流血付)
→けんぱち君にぼこぼこにされた後の出来事です。



私のことはほとんど噛まなくなったのですが、同居人についてはまだまだ修行が必要なようです。






最終更新日  2009.02.05 13:32:24
コメント(3) | コメントを書く
2009.01.07
12月の初旬のある日 関西のとある知人から電話がありました。
たまたま、出張などがかさなってなかなか折り返しの連絡ができなかったのですが
電話してみたら「うりゃ生息地方でパスのブレイズのおこちゃまの里子がある。」とのお話。

もともと里子を希望していた友人のところには既にちびっこがお迎えされていたのですが
「飼い主さんがあまりに噛むので手に負えない状態」とのことなので、連絡を入ることに。

最悪10月にやしち君が天国にいってしまった我が家に1つだけ空席があるので、うちの子にすればいいや......と。

飼い主さんと連絡をとっている最中にものすごいタイミングで「マーシャルの女の子のブレイズの里子」の話も飛び込んできました。どちらも生後3ヶ月前後ですが、マーシャルさんはとても人懐こくて里子としては条件がかなり良い感じです。

噛み噛みブレイズ君の飼い主さんは里子でこの子をゆずってもらったそうなのですが、あまりの激噛みに恐怖感を感じているそうで、飼育継続は少し無理そうですが、大人しめのマーシャルさんなら飼育可能なかんじです。また先住さんもマーシャルなので、今の子を里子に出すことにかなり罪悪感を感じているのを少しでも軽減してもらうこともかねて、マーシャルの女の子の里親さんをお願いすることとになりました。

あまりのタイミングの良さに運命も感じていたりして.....(笑)

池袋にまずはマーシャルの女の子を迎えにいき、そのまま品川某所に連れて行きました。
そこで、噛み噛みブレイズ君とマーシャルブレイズちゃんをチェンジし、そのまま噛み噛み君は我が家に、マーシャルさんは元噛み噛みブレイズ君の飼い主さんへいくことになりました。

当初、このブレイズ君かかりつけの病院にお願いする予定だったのですが、あまりに小さすぎ
(生まれてから2ヶ月半だった)供血には当分使えないので、一旦病院に預けるも年末に再度我が家で引き取ることにしました。

名前はきちざ(吉三)同居人は「インゲマル」と呼んでいます。
シルバー系ブレイズですが、うりゃ家の子になったので、もしかすると来年は白いたちになっているかもしれません.....。

噛み噛みは私に対してはかなり加減するようになってきましたが(やはりご飯をくれる人には従順らしい)同居人にたいしては「おっきい鼬」扱いで鼬同士のバトルレベルで噛んでいます。ということで、毎日同居人は流血.......(で、毎日怒っているけれど効果まったくなし.....)

とりあえず12/28で無事に3ヶ月になった彼ですが、果たしてこれからどうなることやら.....。ちなみに噛み助君(予告なし電光石火噛み)とは違うタイプで、バトルで負けたりすると同居人が血祭りにあがる.....てな感じです。

猫つかみすると「ふぎゃー」と泣くし、やだコプターもばりばりにやる、まじなおこちゃまです。久しぶりのベビーなので、成長が楽しい反面「あと3ヶ月くらいは噛むんだろうなー。」と同居人が落ち込む事実もあるのですが、しばらくは走り回って、ごらっぱちをはじめとした先住にぼこぼこにされる日々をおくるものと思われます.....。

既にシリンジと免サポは好物になった彼は果たしてどのくらい大きくなれるでしょうか(笑)
できることならば1.5キロは越えてほしいなぁ.....。






最終更新日  2009.01.07 15:24:27
コメント(5) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.