666315 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぶらころんの日記

PR

プロフィール


ぶらころん

サイド自由欄

こたろうとハッピー







☆素材をお借りしています♪
cherish
http://goldferrari.com/bana-.png
ぱちくり屋のPOP-BLOG
http://popachi.exblog.jp/

☆にほんブログ村に参加しています♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
にほんブログ村

tweet/Google+/楽天プロタグ生成

記事編集ツール

PVアクセスランキング にほんブログ村

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

日々精進

2015.12.12
XML
テーマ:日々精進(12)
カテゴリ:日々精進

ベストセラー【置かれた場所で咲きなさい】

修道者・渡辺和子さんの本です


面倒だから、しよう

面倒だから、しよう.jpg





面倒なことなんて 誰しも本当はしたくないですよね。

それでも どうしてもしないとならない事なら

後回しにせず 面倒なことからさっさと片付けてしまおう。

私はいつもそう思って過ごしています。



価値があるから生きるのではない

生きているから価値がある


この世に”雑用”という名の用はない

用を雑にした時に生まれる


つまずくのはあたりまえ

つまずいたおかげで気付くものがある


などなど

あらためて胸に刻みたい言葉がたくさん書かれています


【目次】(「BOOK」データベースより)

   第1章 ていねいに生きる(小さなことに大きな愛をこめて/面倒だからする)

   第2章 幸せは、自分が決める(疲れた自分を癒す秘訣/不本意な出来事に向き合うには)

   第3章 私が歩んで来た道(与えられた試練に耐えるには/忘れられない母の背中)

   第4章 相手の気持ちを考える(嫌いな相手でも、その価値は否定しない/

                         叱ってもらえることに感謝する)







最終更新日  2015.12.12 22:15:45
コメント(2) | コメントを書く
2015.07.29
テーマ:日々精進(12)
カテゴリ:日々精進
「めんどくさい人」の取り扱い方法.jpg

内容(「BOOK」データベースより引用)

不平不満ばかり言う人、必ず横やりを入れる人、

えんえんとムダ話をしてくる人、自分で決められない人、

時間にルーズな人、失礼なことを平気で言っちゃう人、

いつも機嫌が悪く、威圧的な上司…etc.

自己中、無神経、常識が通じない、などなど、あなたの周りにもいませんか?

 一緒にいるとイライラして、「ああ、めんどくさい!!」と叫びたくなりますよね!


あなたの周りにいる要注意人物

彼らをうまく転がす技術を身につけ、一枚上手な人になりましょう。





そういう人達 いますね~

確かにめんどくさい‼ (笑)




ま、そういう私も その中の一人ですけど。

時と場合によりますが、周りに合わせないとならない時は

自分で決められない人になっちゃうし。

ついうっかり失礼なことを言ってしまうときもあるしね。

常々 気をつけてはいるのですけど。



出来れば避けたいと思うのは不平不満ばかり言う人との会話

聞いてるだけで どよ~んとした気分になるからイヤだわ。


多かれ少なかれ 人間だもの

誰にでもめんどくさい部分ってのはあると思うんだけど。


あっ! 私には1ミリも無いよ!っていう人がいたら 謝りますわ。

ごめんなさいね~(^^;







最終更新日  2015.07.30 10:54:47
コメント(4) | コメントを書く
2015.05.27
テーマ:日々精進(12)
カテゴリ:日々精進

26日の青年大学の講師は 茂木健一郎さんでした。

日々 脳を鍛えることに喜びを感じている私は

それはそれはとても楽しみにしておりました。


新緑


テーマは

゛いつからでも脳は鍛えられる”


人間いくつになっても 脳を強くすることが出来るなら

それはとても嬉しいことですね。


脳を強くするにはどうしたら良いのか。

それは脳内にドーパミンをたくさん出すことだそうです。

そうするには 新しいことを経験したり、

たくさんの驚きが必要なんだとか。


『自分には無理』だとか思わないで

自分の中で限界だと思っているラインを超えて

何かに挑戦すること

自分にムチャ振りをするのも一つの方法だそうです。


TVで拝見してる通りの

ユニークでとても楽しい方でした。


1時間30分の間 とにかく笑いっぱなし(^^)

面白くて 眠気にはほんの1秒も襲われませんでしたよ♪



花


先月の講演者の林真理子さんの新刊

中島ハルコの恋愛相談室

28日発売です

71vBNcTcOTL.jpg














最終更新日  2015.05.29 00:54:11
コメント(4) | コメントを書く
2015.04.23
テーマ:日々精進(12)
カテゴリ:日々精進

今回の講師は作家の林真理子さん。

小説を書く時間というテーマで講演されました。


20年ほど前に書かれた『白蓮れんれん』は

NHK朝ドラ『花子とアン』により

20年ぶりに10万部の増刷となったそうです。


白蓮れんれん.jpg


『白蓮れんれん』を執筆するにあたっては

柳原白蓮と宮崎龍介の書簡700通あまりを実際に読ませていただき 

それをもとに書いたそうなので 駆け落ちをするまでのお二人の心境なども

より深く知ることが出来る本に仕上がっているそうです。


白蓮れんれん帯.jpg


その他にも小説やエッセイを書くときの裏話など

大変興味深く楽しく聞いて参りました。


特に避けていたわけではありませんが

林真理子さんの本は実は1冊も読んだことがありません。

お話を聞くかぎりでは はっきりと物を仰る方で

とても面白く楽しい話を書かれているのだろうなと

想像しました。


新聞の連載を終えたものが本になる予定だそうで

それは読んでみたいと思いました。

実際にいらっしゃる方をモデルにしているらしく

とっても図々しいおばちゃんが人々の悩みを

自分流にばっさりと解決するらしい。


せっかく林真理子さんにふれる機会があったのですから

何か読んでみたいのですが なにしろ

今まで書かれた本が200冊ほどあるとのこと。

どれから読もうか悩んじゃいますね。










最終更新日  2015.04.24 11:05:50
コメント(2) | コメントを書く
2015.03.26
テーマ:日々精進(12)
カテゴリ:日々精進

昨日は青年大学3月の講座を聞いてきました

講師は宇宙物理学者の

佐治晴夫氏

”これから” が ”これまで” をきめる

ー宇宙研究最前線から人間を考えるー

というテーマでお話をされました。


数学や物理のお話と宇宙のお話。それに音楽も交えて

どちらかというと私の好きなジャンルでしたので

楽しくそして興味深く拝聴することが出来ました。


これまでの自分があるから 未来が決まるのではなく

この先の自分の在り方次第でこれまでの自分(過去)が決まる

未来に希望を持って過ごし より良い自分になれるならば

今までの挫折や苦労が決して無駄にはならないのだと。


佐治晴夫さん

鈴鹿短期大学名誉学長、大阪音楽大学大学院客員教授、

"量子論的無のゆらぎ"からの宇宙創生理論で知られる。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙連詩編纂委員会委員長


NASAの地球外知的生物(E.T.)探査計画にもかかわり、

宇宙探査機ボイジャーに地球からのメッセージとして

地球外の知的生命体に人類を紹介するレコードが積まれました。


「別の星の生命と会話をするなら、純粋な論理の形式である数学しかない。

音楽で地球の生命を伝えるには多くの曲を数学的に構成しているバッハの曲が良い」

とバッハの平均律クラビーア曲集の前奏曲を提案し収められました。




いつの日か E.T.がそのレコードを手に入れ

地球とコンタクトをとる日が来るかしら。



ジョディ・フォスター主演の映画「コンタクト」で

地球外生命体と交信するときには 数字だけではなく

音も加えると良いと助言もされたそうです。


随分前に観た映画ですが 改めてまた観てみたくなりました

映画 コンタクト.jpg














最終更新日  2015.03.26 17:21:35
コメント(4) | コメントを書く
2013.11.08
テーマ:日々精進(12)
カテゴリ:日々精進

職場で、日々の人間関係で

不機嫌で損をする人

ご機嫌で得する人  

 

「ああはなりたくないね」と思われる人は、すぐ悪感情を口にする

「他人が察してくれる」という甘えが不機嫌の原因

向学心のある人には「嫉妬」がない 等々

〜本書目次より抜粋〜 

 

 自分の感情と上手くつき合う法

機嫌のいい人が、周りに好かれる理由!  

 

 和田秀樹書 

「感情の整理」が上手い人 下手な人 

IMG_0056.JPG

 

 

人間関係に嫌いという感情を持ちこまず

全ての関係に好きという感情を持ちこむ

 

そのためにはおおらかさが必要で

他人の悪いところをさがすより、良いところを認める事

相手も精一杯生きているのだと気付く事。

 

~サラリーマンもOLも、みんな健気にがんばっています。

主婦も子どもも老人も、みんな健気にがんばっています。~

本文より抜粋

 

そう思うことで 周りの全ての人に「好き」という

感情を持つ事が出来るのではないかと

この本には書かれています

 

 

たしかに不機嫌な顔をしている人をみると

側にいるだけで自分も嫌な気持ちになります

いつも朗らかな人の側では

自分の気持ちも明るく楽しくなります

 

だからできるだけ不機嫌にならず

いつも朗らかでありたい

そのためには全ての人を「好き」になる事

 

そして「好き」という感情を持ちこむには

人をけなさない事が大事なのだと

 

全ての人間に「好き」という感情を持つのは

とても難しいとことだと思います。

けれど 人をけなさないというのは

気をつければできます。

 

たったそれだけのことでも自分の人生は変わると私は思っているので 

人をけなしたり、悪口を言わないように気をつけています。

 

マイナスのオーラを出している人の側にいると

自分もマイナスのオーラに包まれてしまうのです。

自分がマイナスのオーラを出すと

相手にも嫌な思いをさせてしまうのです。

 

 







最終更新日  2013.11.08 10:49:24
コメント(6) | コメントを書く
2013.05.04
テーマ:日々精進(12)
カテゴリ:日々精進

IMG_0604.JPG 

 

 

 

昨年【冥土めぐり】で芥川賞を受賞した 鹿島田 真希さん

北海道新聞に ご主人の事を書かれておりました。

 

鹿島田さんのご主人は日本に100人しかいないという

難病を抱えておられます。

 

けれど悲観する事なく、物事に対しては いつも前向きで

逆に鹿島田さんの方が支えられているのだとか。

 

その中から ご主人の言葉を引用させていただきます。

 

「怒るということが、いかに愚かか。

怒りは一過性で継続するものではない。

そんな感情は持たない方がいい」

 

私は対外的に怒る事はほとんどありません。

けれど、その感情がまったく無い訳ではないのです。

心の中で怒りの感情があっても

それを表に出さないだけ。

 

結局その感情をいつも心の内に籠らせて

自分で自分を苦しめているのかも知れませんね。

 

【そんな感情は持たない方がいい】

 

そう出来るのならどんなに良いでしょう。

 

 

 

 







最終更新日  2013.05.04 21:12:55
コメント(8) | コメントを書く
2012.10.28
カテゴリ:日々精進




 

 

「しぐさ」を見れば心の9割がわかる!

言葉、視線、声、手の動き、座り方、見た目・・・

相手の心理を見抜くコツ

 

人の心の8割は「目」を見ればわかる!?

手の位置だけで相手の“退屈度”を見抜く方法

触れてほしくないことがある人はよくしゃべる!

いい関係でいられる“ちょうどいい距離”のつかみ方

人間観察は、まず“足元”から始める!!

 

わかれば面白いかなと思って

図書館で借りて読んでみました

 

読むにつれ

あっ!! 自分が日頃やっている動作だ!! (笑)

 

それで私の隠したい本音は

他人にはすぐわかってしまう事に気付きました。




 







最終更新日  2012.10.29 09:11:30
コメント(3) | コメントを書く
2012.03.18
テーマ:日々精進(12)
カテゴリ:日々精進

ミソコシザル

味噌を漉すザルの事ですね

 

味噌を漉した後に残るのは

豆カスなどの役に立たないもの

 

昔の事を話す時

話題にするのは楽しかった事じゃなく

つまらない、つらい話ばかり

 

まるで

ミソコシザルで楽しい、素敵な話を全部

漉してしまったようなお話

 

それを

あたりかまわず まき散らしてはいけません

自分の過去をグチっているだけで

ある意味、それは心のストレス解消なのでしょうけれど

その分 周りの人は心のストレスをためている事になります

 

せっかく話をするのなら

美しい記憶、楽しい思い出のほうがいいですよね

ミソコシザルになってはいけません

 

今日も1つお勉強

斎藤茂太著

「あなたと一緒なら」と思われる人の共通点

より

斎藤茂太本







最終更新日  2012.03.18 11:33:49
コメント(12) | コメントを書く
2012.02.29
テーマ:日々精進(12)
カテゴリ:日々精進

~50代からの生きかた上手~ 

人生を豊かにする法則

斎藤茂太

50代からの生きかた上手

 

【二十歳の顔は自然の贈り物、五十歳の顔はあなたの功績】

                              by シャネル

 【人間、六十歳までは種まき、六十歳を過ぎてからは収穫期】

                              by 貝原益軒

 

 

50歳を過ぎると 子供達から手が離れ、

これから先の人生を夢見るよりも

後 何年くらいかなと考えるようになり

それをどこかで寂しく思っていた私がいました。

この本は

人生まだまだこれからなんだ!!!

と、とても前向きな気持ちを持てるものでした。

 

 モタ先生(斎藤茂太氏)の本は

気持ちが楽になる、豊かになる言葉が満載です

 

 人生50年の時代では

“50にして天命を知る”

でしたが、今この長寿社会では

50歳はまだまだ子供です。

たくさん勉強して、色々な経験をして

素敵な大人にならなくちゃ(*^_^*) ね。

 

 

 

 







最終更新日  2015.07.02 21:35:25
コメント(16) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.