251032 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Kausachun Qosqo

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

状態を探り、入れる… New! 松下一郎さん

黄色い庭 ゆうちゃん5702さん

Peaceful Light Shantia Luciさん
旅好き人の日々放浪記 旅好き人さん
インド洋に浮かぶフ… natsuki.kawさん

Comments

主婦が携帯スマホで月収100万を稼ぐ方法@ 主婦が携帯スマホで月収100万を稼ぐ方法 主婦が携帯スマホで月収100万を稼ぐ方法 …
Your Site Is Great, http://www.dafont.com/profile.@ Your Site Is Great, http://www.dafont.com/profile.php?user=573301 Discount buy l Your Site Is Great, <small> <a href="…
I like your work!, http://www.dafont.com/profile.p@ I like your work!, http://www.dafont.com/profile.php?user=573297 buy celexa onli I like your work!, <small> <a href="h…
I like it so much, @ I like it so much, <a href= http://www.dafont.com/profile.php?user=573293#1 >All I like it so much, &lt;a href= <small…
best for you, http://www.twitter.com/buymeridiaona@ best for you, http://www.twitter.com/buymeridiaonad Best buy meridia online, 8) best for you, <small> <a href="http:/…

Rakuten Ranking

Headline News

Freepage List

全232件 (232件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >

カテゴリ未分類

2007.09.22
XML
テーマ:ニュース(70211)
カテゴリ:カテゴリ未分類
フジモリのペルー召還をチリ最高裁が21日決定し、22日自宅近くから身柄の引渡しが実施に移されている途中だ。
ただ、
22日早朝、フジモリのチリ自宅近くからフジモリ氏を乗せたヘリコプターがペルー機が待つ空港に向けて飛び立った。

彼には汚職、人権侵害など12もの容疑がある。

フジモリもバカだね。日本にいたら身柄の引渡しをされることにならなければならなかったのに。
この2年日本での立候補などで著しく株を下げた。

これも元大統領を裁くというのはペルーが成長したことを思いたいけど、

同じく汚職の疑惑のあったアラン・ガルシアを誰が裁くのか?
ペルー司法当局に明確な証拠を示してフジモリを公平に裁けるのか?

さてフジモリ氏ペルー到着を私は見届けることはできないけど(仕事でね)、今後の動きが楽しみ・・。









Last updated  2007.09.22 20:50:24
コメント(64) | コメントを書く
2007.08.27
テーマ:海外生活(6662)
カテゴリ:カテゴリ未分類
この週末はコンサート三昧だった。木曜日がコロンビアのサルサグループ、グルーポ・ニチェ、金曜日がキューバのサルサ、ダンデン、土曜日がペルーの美空ひばり、エバ・アイジョンのコンサートだった。
ダンデンは日本ではあまり知られていないかもしれないけど、キューバ・サルサのなかではシンプルなサウンド(下手?)と、子どもっぽい歌詞がペルーでは大人気になっている。

急に仕事が入ったりしたけど、私の夜遊びへの情熱、音楽への情熱は消えず、最終日のエバ・アイジョンのコンサートのあとはダン・デンとエバの追いかけを深夜に決行して、メンバーと写真を撮ることに成功。
たったの2時間の睡眠で翌日はマチュピチュで行く羽目になった。

眠気覚ましに当然、Red Bullを持って・・。

Con Danden!
danden

コンサートの感想は後日・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへ











Last updated  2007.08.27 13:18:15
コメント(0) | コメントを書く
2007.08.23
テーマ:海外生活(6662)
カテゴリ:カテゴリ未分類
ペルー、ピスコ沖地震発生から一週間たった。

「服とか、毛布とかあまっていたら寄付してね」
と会社で言われたのが5日前、

「服なんてあんまり持っていないし、毛布なんて自分用のがあるだけだし、寄贈できるほどもっているのは本だけなのよね・・・。」

金銭の寄付は会社にして、それで食べ物が買われて救援物資となったけど、他に私ができることって・・。
献血もできるかしら?でもどこで募っているの?

それから3日後、なぜか仕事中に気づいた・・。

私は寝袋を持っていたのだ・・・


mont-bell(モンベル) U.L.スーパーストレッチ ダウンハガー#4 【スリーピングバッグ】【ギア】

長いことトレッキングしていないので使っていない。友達に貸してばかりで当人はもう数年間使っていなかった。

アドベンチャーなどを行うツアーオペレーターの多いクスコからはきっとテント
寝袋
などの寄贈が可能だろう。


【送料無料!】ベーシックで使いやすい!オルディナドームテント 6人用 (キャリーバック付) 

外国人観光客が利用したり、寒く雨の多い山岳地帯で利用するには耐えなくなった古いテントでも暖かい砂漠ではまだ使用に耐えるかもしれない・・。

そんなことを考えた翌日は仕事でマチュピチュに行っていたので寝袋の寄付に行くことができなかった。

昨日メールチェックをしているときに気づいたクスコのガイド協会からのメール。
“Convocatoria muy muy Urgente(非常に非常に緊急な招集)”という件名。

さてはまたデモや集会の召集か?と思ったが、
それは救援物資の寄付を募るメールだった。

日付は8月20日。地震発生から5日後。
どうして今頃?何が”非常に非常に緊急”なの!

寄付を要求しているもののリストは以下のようだった。

・ Techo y Albergue: Carpas, camas plegables, bolsas de dormir, etc.
・ Ropa: Prendas de vestir livianas y de abrigo en buen estado o nuevas, frazadas, mantas.
・Alimentos: Alimentos no perecibles (de larga caducidad y fácil cocción). Agua para beber.
・ Herramientas: Linternas, pilas.
・ Medicamentos: pastillas potabilizadoras de agua, botiquín de primeros auxilios.


避難場:テント、折りたたみベッド、寝袋
衣服;軽い衣服、状態のいい、もしくは新しい上着、毛布
食物:腐らない食物 (賞味期限が長く、料理が簡単なもの),飲料水

道具類: 懐中電灯、電池
医薬品; 水浄化剤、救急箱

内容はいかにもアドベンチャー系ツアーオペレータ&ガイド向け・・。
水浄化剤って・・。昔、チョケキラオに行く途中でアプリマック川の水を錠剤で浄化したことがあるけど、砂漠の中でどこから汲んできた水を浄化するの?

発生からもう一週間か・・・。

寝袋を持っていこうかな?

そしてちょうど一週間の今日お昼ごろ、ラジオを聴いていると、政府の救援発送情報が流れていた。
毛布やテント食料がXX地区に何個送られた・・などという感じのものだった。

すでに毛布が被災地に到着している。

私の寝袋って必要かな?
毛布のほうがたぶんありがたいかもしれない・・。

これからガイド協会に持っていっても、寄付が集まって発送されて、到着にはもう少し時間がかかる。

発生から10日以上経って寝袋が届いても使う人はいるのかな・・。

被災者以外に渡っていしまったららどうしよう?

もし寄贈のメールが地震発生直後に届いていれば、私だって寝袋を洗って、即座に寄付に行っていただろうに!

今まで地震の際にどんな援助ができるかなんて考えたこともなかったものだから、地震発生時に寄贈の指針となる情報ってほんとに必要だと思った。

それに必要とされる物資だって、刻々と変わってくるだろう。

救援物資の寄付を続けていく上で欲しい情報。
1.その時点で必要な救援物資と不要な物資の情報。
2.救援物資募集の締切日・発送日、
3.救援物資発送から被災地への到着までの時間。

以上の情報が的確に提供されない限り、きっと無駄になってしまう物資がでてくるだろう。
(ペルーに的確さを求めるのはどだい無理なことだろうけど・・)

寝袋一個にいろいろなことを考えさせられた。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ








Last updated  2007.08.23 13:17:56
コメント(4) | コメントを書く
2007.08.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
マチュピチュの一日あたりの入場者数が先日3000人を超えた・・。
と、クスコの地元紙で報道されていた(正確な日付、入場者数は明記されていなかった)。

「へぇ~。入場者数が増えてよかったじゃない!」

っておっしゃるかもしれませんが、

事はそう簡単にいかない・・。過剰な観光入場者は遺跡を傷めることになりかねない。
後世に残すべき世界遺産であるとして、また利用可能な観光資源として今後も長年にわたって見学、利用し続けることが必要なのだ。
過剰な入場者数は文化財保護の点だけでなく、観光資源の保護のためにもマイナスになりかねない。

実際に

2005年の文化庁のマチュピチュ・マスタープラン(基本計画)ではマチュピチュの入場者数一日当たり2500人までとされている。

私も報道の真偽が気になって、8月13日の夕方にマチュピチュの入場口でその日の入場者数文化庁職員に訊ねると、

2860人

という答えが返ってきた。。

マスタープランの入場者限度数を超えてしまっている。

でも2500人だって十分多い。

インカ時代(今から約500年前)にマチュピチュにどの程度の人口があったかというとだが、。

クスコ大学の考古学者、マニュエル・チャベス・バジョンは
1階建て    80戸  X4名   320名
2階建て    40戸  X4名   160名
その他の建物 16戸 X2名 = 32名

と試算し、マチュピチュの人口を512名と計算した。

アメリカの考古学者ジョン・ロウは住居を40戸とし、300人を収容できたと考えた。

なかには定住者数を300人、インカ皇帝がマチュピチュを訪れたときには1000人まで人口が膨れ上がったとする意見もある。

マチュピチュの人口ってそんなものだったの?

おまけに最近の研究ではマチュピチュは第9代皇帝の御用邸であったと考えられている。

NHKの番組は皇帝のエステート(estate=地所・農園)であったと表現し、クスコの冬の寒さを避けるために訪れていた場所としていた。

これはたぶんジョン・ロウやリチャード・バーガーなどの説からとったのだるう。

御用邸・別荘地、ようするにそこには定住者がそれほどいなかったことを示す。

300~500人の人間がたまにしかマチュピチュに滞在しなかったことを考えれば毎日2500人を超えるという状況は収容人員を大幅にオーバーしているということになる。

だったら、どうしたらいいんだろう?

入場者数の制限をするべきか?

入場料を上げる?

文化庁は来年からのマチュピチュ入場料を60ドルにすることを提案している。

地質学的にもろいこと指摘するペルー人地質学者は一週間に2日間休園日を設けることを提案した。

しかし、休演日を設けると、他の日の入場者数が集中し、逆にマイナス効果でるのではないか?

先週土曜日にディスコで3年ぶりに再会した友人。かつて観光学科の学生だった彼は大学院で観光を学ぶ傍ら、地方観光局にも勤めているのだという。
そこで早速、彼にこの件に関して意見を求めた。

「すべての入場者をガイドつきで見学させるようにするとかね・・・。でも、他にもいろんな策を今僕は考えていてね・・。これは遺跡内をどのように回るかって言うプランなんだけど。いずれ近いうちに関係者をあつめてのプレゼンテーションをするからね」

ねぇ~。今、教えてよ~。

「それはまだまだ極秘事項だからね。いずれ明らかになるから・・」

周辺住民、観光業界の利益を阻害しない形で入場者数を2500人にとどめるにはどうしたらいいんだろう?

もしよろしければみなさんの意見をお借りしたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

マチュピチュおススメ本






Last updated  2007.08.21 14:28:41
コメント(2) | コメントを書く
2007.08.17
カテゴリ:カテゴリ未分類
「うん、俺大丈夫だよ、こっちはなんともなかったから・・」

マチュピチュから帰ってきて、夕食後のホテルの公衆電話では列ができていた。

ペルー地震から一日が過ぎ、被害の拡大を知った人たちが家族に無事を知らせたいらしい。

「どうしても一言家族の声が訊きたくって・・」

地震当夜は電話回線がパンク状態で電話がつながりにくかった・・。

テレホンカードの使い方をお客様に教えてあげる。
テレホンカードの売り上げが増えて売店のオバチャンはホクホクだろう・・。

クスコ、マチュピチュのツアーを終え、翌日にはプーノへ行くことになっているグループ。明後日にはリマに戻り、その後はイカとナスカに行く予定になっている。

イカ方面の被害拡大のために、ナスカの地上絵遊覧飛行はまだ未定だという。

添乗員さんは深夜に日本のツアー会社から電話がかかってきて、寝ているお客様にツアー会社からお客様の緊急連絡先に被害状況の連絡をしていいか確認するように言われたらしい。
その確認に一時間もかかったと添乗員。

「寝不足ですよ」

きっとお客様も同じに違いない。

でも日本に帰ったら
「俺あの地震のとき、ペルーにいてよ~・・」
なんて自慢話をしていたりして・・。

マチュピチュに行く汽車の中で今回の地震について話した。

地震の多い国にもかかわらず、ペルーでは地震対策ができていないこと。
地震にすぐ崩れる日干しレンガ。
普通の焼きしめたレンガやコンクリートの家でもしっかりできていないものがある。

かつて建設会社を経営するお客様を案内したときに、彼がクスコ市内の家々を見て

「こんな建築によく許可を出したな~」

言ったことを思い出した。

日本では耐震建築をはじめ、災害の被害を極力最小限に抑える対策は立てられるけれど、ペルーはまだ貧しく、日々の暮らしをやりくりするのに精一杯の人々が多い。
いつ来るかわからない災害に備える余裕なんてない。

もし政府が耐震建築に対する法令を考えたら国民はどう反応するだろう。長期的にはそれが自分たちの安全に供すると考えられても、しっかりとした建築をする費用が準備できなくなるので、逆に法令に反対するかもしれない。

自動車保険が強制加入になったときにはそれに反対するバス会社がしょっちゅう交通ストをしていたな。

目の前の利益しか終えない国民性と経済の問題

「日本で同様の規模の地震があったとしたら、被害は最小限に抑えられていたはずです」、

死者が500人を超えけど、これが日本だったら死者は100人にも満たなかったに違いない。

テレビで寄付や献血を呼びかけている・・。

でも・・今後住宅が新しく建築されていくときには地震対策を考慮したものを作って欲しいと思うのだ。・



にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ









Last updated  2007.08.17 14:19:13
コメント(8) | コメントを書く
2007.08.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
クスコの市内観光を終え、市内のホテル内にお客様を案内しているときに玄関上のシャンデリアが揺れていることに気づいた。

何かしら?コレ?
最初は上階で工事をしている振動が伝わって揺れているのかと思っていた。

ホテルの中の宿泊客、レセプションの人が大騒ぎしている。

「外に避難してください!」

え?地震なの?

ホテル前の緑地にお客様は避難。
でも、揺れはわずかに感じる程度。

外国人客は大騒ぎしている。

揺れは収まったあとも、部屋に帰っていいか聞かれたりなんかして・・。

たいしたゆれじゃないんだけど・・。

「これって日本のニュースに出ますかね?」

どうでしょうか・・。他の地域で大地震があってその影響がクスコまで来ているならニュースになるかもしれませんが・・。

部屋に残っていた添乗員さんに電話をすると、
「大したことがなかったですよ。外国人はびっくりしてましたけど・・。日本人は慣れっこですから」

ディナーショーに出るまでの間、携帯電話をかけようとしてもまったくつながらない・・。
地震関係の連絡で電話がかかりにくくるのってペルーでもあるんだろうか?

仕事中の地震なんて初めての経験で対処の仕方がわからない。

タクシーの運転手がリマで地震があったのだと教えてくれた。ラジオからカジャオで停電があったと聞こえてきた。

両替商で見たテレビでようやく震源がペルー沖でマグニチュード7.9だということを知る。
スペイン人観光客がびっくりしていた。
でも両替商の人は・・

「クスコでは地震は稀だからね。85年(正確には86年)に大きいのがあったきりだから・・」

お客様と一緒にフォルクローレのディナーショーにいる最中に私の携帯がなった。

「東京のXX社のものです・・。○○ツアーに関してお聞きしたいんですが・・。ペルーの地震の影響はクスコではどうですか?」

「たいしたことありませんよ。みなさん少しびっくりしたようですが・・。鉄道も通常どおりでますよ」

「物的被害はいかがですか?」

「何も壊れていませんよ」

「添乗員さんと連絡がとれないんですけど・・」

どうやら添乗員さんに連絡をとりたいようだったのだが○○社が添乗員に渡す携帯はクスコではつながらないようなのだ・・。

まったく・・

帰宅後見たニュース・・。
地震時にミラフローレスで大渋滞となっている映像。

テレビに映って目立ちたい運転手が車から降りて

「No pasa nada」

と叫ぶ
思わず苦笑、通常この言葉は「どうってことないよ!」の意味で使われるけど、文字通りにこれを訳すと「何も通らない」ということになる。
「(地震が)大したことない!」と言う強がりと、「車が渋滞で通らない」という意味が二つか買っているようで面白かった。

ニュースでは被害状況の報道の他、地震にどのように備えるかのレクチャーも行われている。

アメリカ合衆国の地学サービス(USGS)によると午後6時40分の地震の震源はペルーピスコ沖西60キロメートル、深さ33キロメートルででマグニチュードは7.5。他に7時19分にチンチャ沖で、7時41分にはペルー内陸のワンカヨで、8時2分にはリマ南西でも地震があったという。

震源近いイカ県では停電があり、建物などに大きな被害があったようだ。
労働省は省の建物が被害を受けたため明日は仕事はしない。
アラン・ガルシア大統領は安全のために小中学校の休校を宣言した。
リマのホルヘ・チャベス国際空港は欠航が相次いでいる。

El Comercio紙のWeb版によると午後11時現在の死者は48名、怪我をした人は350人。

ちなみに地震に当たるスペイン語だが、小さな地震はtemblor,大きなのはterremotoというのだ。
リマあたりの地震はterremotoだったけど、クスコではtemblorだったかな?
被害状況ははっきりとはあくされていないけど、まあ大地震とはいえなさそう・・。

今のところリマ、クスコ、プーノの観光にはまったく支障がないようだ。




【防災用品/避難用品】非常持出袋セット避難セット(レディース21)



にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ






Last updated  2007.08.16 13:57:24
コメント(6) | コメントを書く
2007.07.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
引越し先がきまった・・。
引っ越すことを決意してから、引越しに持っていく荷物を少しでも減らそうと、食料品を除いて買い足すことを控えていた。

シャンプーのボトルも切れると、仕事でとまったホテルからもらってきた小瓶とか小袋のをコツコツと使い続けている。
石鹸だって同様・・。

ところが新居が決まった一日経った今日、台所で食器洗いをしている最中に、右手にはめている。ゴム手袋の中がぬれ始めていることに気づいた・・。おやあ~?

食器を洗い終えてから、蛇口からゴム手袋に水を注ぎ、手首のあたりをしめる。
シューっと細く、鋭く水が飛び出した。
よく見ると親指のところに小さな穴が開いていた。

私は極度の敏感肌で、洗い物、洗濯をするときには必ずゴム手袋をはめる・・。

しかし、何ヶ月かに一度、ゴム手袋に穴が開くのだ。

それも・必ず右手に。

一度、右手が破れたときに、左手をおいておいて、次にもし新しく買い換えた手袋の左手がやぶれたときには残った右手と前に残った左手を一緒に使おうと考えた。

しかし、何年経っても左手から破れることはなかった。


全品ポイント10倍 7/31(火)am9:59まで★ [ビニール手袋] ファミリー 【Mサイズ 中厚手】 ...

利き腕のせいかな?洗い物なんて日常生活の中でも比較的左右バランスよく使っているはずなんだけど、スポンジを握っているせいかねぇ~。右手が磨り減りやすいのかな~。

しようがない・・明日買いに行くか・・。
引越しまであと4日なのに・・。

荷物が増えてしまって悔しいなあ~


にほんブログ村 海外生活ブログへ


セレブなゴム手袋はホンジュラス製?


グローバブルズ グローブ(中厚手)ブラックギンガム リボン付き









Last updated  2007.07.29 12:32:13
コメント(4) | コメントを書く
2007.07.09
テーマ:海外生活(6662)
カテゴリ:カテゴリ未分類
今朝8時過ぎに起きたら、DVDデッキの時計が止まっていた。

ペルー時間7時(日本時間9時)からのNHKスペシャル、”マチュピチュ天空への道”を見るために録画予約をしていたけど、果たしてちゃんと録れたのだろうか・・

しばらく電気が回復するのを待っていたが、その気配はない・・。
朝食を作りながら様子を見る。20分、30分と待っていたが、電気はつかない。

前夜は午後9時に水が出なくなっていて、シャワーを浴びることはできなかった・・。
うちのシャワーはいわゆる電気シャワー(ducha electrica)。シャワーの口のところで電力で水を温めるシステム。

電気シャワー
これが電気シャワー

停電では使用できない。フツーの日曜日ならあきらめてもいいけど、今日は仕事・・。

朝食を食べ終えたあとたまりかねて電力会社に電話する。

すぐに電話に出た係員が即座に答えた。

「午前7時から午後1時まで、電気工事のためXX地区では電気を供給できません」

そんな知らせをまったく聞いていない・・。

いつもこういう知らせはテレビCMで入るようだ。
日本のように各戸に停電のお知らせのビラが入ることはない。

テレビでのお知らせの問題・・。
私はあんまりクスコの放送局の番組は見ないのだ。



たま~に朝のニュースを見ていると
”XX地区の断水”、”○○地区の停電”
なんていう知らせを眼にすることがあるけれど、不思議と自分が住む地区での水道工事、電気工事の知らせに気づくことはなく、事が起こってから慌てるのだ・・。

「ねえ、たぶんテレビで停電の知らせしていたんだろうけど、私、クスコのチャンネルあんまり見ないのよ。ジャーナリズムのレベルが低いでしょう・・。そういう人にはぜんぜん停電のお知らせが伝わらないの?忙しくてテレビを見られない人もいるし・・。どうして各戸にビラをくばらないのかしら・・」

答えは・・

「今後その後意見を検討させていただきます・・」

たぶん、その検討は実現されることはないだろう・・。

1階に住む家主のところに行く。

電気がないんだけど・・

「この地区みんながそうなの」

家主の母親が答えた。リビングではローソクが点されていた。

なにが原因かしら・・

「知らないわよ!そんなこと」

今、電力会社に電話したんだけど、電気工事で午前7時~午後1時まで電力工事で停電ですって。それに関する知らせ、なかったかしら・・。

「ないわよ!そんなの!」

仕様がないのでガスコンロでお湯を沸かして殺菌効果のあるティートゥリーのエッセンシャルオイルをたらし、そこに浸したタオルで体を拭く。


ティートゥリー 100ml 【生活の木 アロマ エッセンシャルオイル】


シャワーも浴びられず、さっぱりとはしない気分で空港に降りていく。
ティートゥリーで吹いても体臭は消せない。

ああ、あのNHKスペシャルどうなっていたんだろう・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ


銅の力でキレイな水に!お肌と髪にやさしいシャワーで快適バスタイムシャワー用浄水器さわやか...








Last updated  2007.07.09 11:43:36
コメント(0) | コメントを書く
2007.07.06
テーマ:髪型(62)
カテゴリ:カテゴリ未分類
私は若白髪である。

ペルーに来てしばらくしてからからではじめ、最近特に目立ってきた・・。
なぜかペルーでは、白髪持ちの私に対しよく

「あなた怒りっぽいでしょ・・」っていわれる。

そう、たしかにムカつくことがこちらでは多い。

「ペルー人のいい加減さのために怒っていなきゃいけないのよ」

笑いながら返していたが・・
いまいち白髪と怒りっぽいのの因果関係がわからなかった・・。

そのうち周囲からは

「染めたら?」

といわれることが増えてきた。

「ヘアマニキュア(Manicureをなぜかマニクールと発音する)ならそんなに髪が傷まないわよ・・」

日本にいたときはひどいアレルギーだった。
ペルーにきてからましになったけど、できるだけ化学物質を体にはつけたくない。

メガネがなくなった私にさらに周囲のイメージチェンジに対するアドバイスが増える・・。

「髪のイメージで若くも見えるし、年をとっても見えるんだからね」

そういわれても・・。
童顔の私には似つかわしくない白髪。

それよりもマリネラ・ノルテーニャのコンクールには白髪交じりの髪では出たくない。

ヘナなら刺激がつよくなさそうだからとクスコで探したけど見つからない。


髪を染めたい・・。そうこうするうちにコンクールの前日は来た。

月末で銀行に行ったり、なんだかんだと用事がたまっていて美容院を選ぶことなく(Centro comercial内の美容院で毛染めを決行した。
カラーリング
剤も選ぶ余裕はなかった・・。

液剤をつけ終わってからシャワーキャップをかぶって待つこと45分。シャワーカップを剥されたが、白髪の部分が染まっていないところがあるといわれ、白髪の部分を何度も液剤を塗りなおしていた。

「しようがないのよ。フツー白髪の部分は染まりにくいの

白髪があるから染めているんでしょ。白髪が染まらなかったら意味ないでしょ!

その後ようやく液剤を流すことになった。
しかし・・ここのシャンプー台はフツーの洗面所。温水がでるシャワーがあるわけでなく、

汲み置いたお湯を洗面器でかけて髪を洗うのだった・・。
クスコに来たばかりのころにそういったシャワー台があることを知って以来、髪を切りにいくときには自宅でシャワーをしてから出かけることになっていた。
もちろん、それなりの値段のいい美容院ではシャワーのついているシャンプー台が当然ある。
しまった・・ケチるんじゃなかった。

1時間で終わると言われた毛染め・・。結局終わったのは2時間後。
できあがりも妙に赤っぽくなって不満が残ったけど、コンクール出場申し込みと練習が待っているのでクレームをつける暇はなかった。

翌朝、コンクール当日の早朝練習に向かう前にシャワーを浴びたときには髪から赤みがかった水が流れ落ちた。

コンクールも無事終えた翌日、鏡の中の自分は以前とは少し変化をしていたような気がした。

空港で・・

「あら、見違えたわ~。髪そめたの?」

なんだかうれしい。
でもシャンプーの時にはまだまだすすぎ水が赤みがかっている。

アレルギーがいつ出るか・・。
今後、髪がどんどん傷んでくるのも考えられる。

新たな染毛方法とか白髪防止、ヘアケアをもう少し調べなくっては・・。


にほんブログ村 海外生活ブログへ










Last updated  2007.07.06 13:26:01
コメント(6) | コメントを書く
2007.07.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
”Vota por Machu Picchu”(マチュピチュに投票して!)

街のあちらこちらから聞こえてくる

世界の新七不思議の選定への投票が大詰めを迎えた。マチュピチュが候補になっているペルーでもあちらこちらで投票を呼びかけるキャンペーンをしている。

マチュピチュでは文化庁自ら投票を呼びかけるキャンペーンを数ヶ月前から展開していた。

マチュピチュ村の文化庁事務所では・・

bunnka

投票用のインターネットブースを準備。

途中経過も張り出されていた。
最終21候補のうち、上位10位と下位10位が発表されていた。正確な順位は定かではないがマチュピチュは上位10位以内に入っている。

tochuukeika

真偽は定かでないが、なんでもダントツの一位は万里の長城だという噂・・

ペルーの人口2700万人、中国12億人・・。国民みんなが投票したとしたらとてもじゃないがかなわない・・・

ペルーゆかりのインターネットサイトでも”Vota por Machu Picchu”キャンペーンが見られるようになった

締め切り間近の6月からはテレビでも投票を呼びかけるCMが行われはじめた。

この世界七不思議投票キャンペーンはペルーだけではないようでチチェン・イッツアが候補になっているメキシコのチャンネルでもチチェンイッツアへの投票を呼びかけるCMをやっていた。

そしてマチュピチュ遺跡・・

7月6日の投票締め切りまで一ヶ月を切った6月中旬、マチュピチュ遺跡入り口に大きなテントが登場した・・。

何コレ?

ぶす

「ちょっと~、ツアーグループまとめるのに邪魔なんですけど~~」

ガイド連中の愚痴がこぼれる。中身は・・。

投票

電話会社主催の投票ブース。

さて肝心の私・・
先週には文化庁事務所でマチュピチュに投票した。
7つ候補を選べるのだが、マチュピチュのライバルになりそうもない、上位10位以内に入っていないのをまずクリックする・・。
さて、7つ選んで・・。
しかし、投票のクリックをしようとした瞬間・・。

「あんた、マチュピチュにクリックするの忘れていない?」

あ~~、肝心のが!

文化庁職員チェックが厳しい・・。

7月6日の締め切りまでもう時間がない・・

再び投票して・・・

果たして結果や如何に・・

7月7日、リスボンで・・
すべてが明らかになる・・。


にほんブログ村 旅行ブログへ










Last updated  2007.07.05 14:03:37
コメント(0) | コメントを書く

全232件 (232件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.