やっぱり「やまなこ」が大好き!

やまな娘 全曲

ここでは、二人で歌った歌を紹介します。(CD発売順)


1.「もうひとりの私」
  (マキシ「やまとなでしこ」収録)

「辛い時でも励ましてくれる もうひとりの私」な内容が、王道アイドルポップ&アップテンポな曲調で歌われています。
1番はソロパートが ほっちゃん→ゆかりんで、サビのハモりもほっちゃんがメインに
2番はソロパートが ゆかりん→ほっちゃんで、サビのハモりもゆかりんがメインに なってます。

待望の「やまとなでしこ」デビュー曲! オリコンでは 91位、ドリカンでは 11週ランクイン(10位→2位)と、まさに大ブレイクしてますね~♪

ちなみに「もうひとりの私」とは、ゆかりんには「ほっちゃん」で、ほっちゃんには「私」とか(^^;

ジャケットは2人が手を繋いでいる写真♪ で、裏ジャケ?はその後ろ姿。ゆかりんがピースしてますね~♪
中に、2人の化粧&ネグリジェ姿?の写真も。




2.「Spring Spring Spring」
  (マキシ「やまとなでしこ」収録)

「雨上がりに虹の橋を渡って歩いていこう」なメルヘンチック&前向きな詞が、春めいた明るい感じ&ミディアムテンポな曲調で歌われています。
1番はソロパートが ゆかりん→ほっちゃんで、サビのハモりもゆかりんがメインに 
2番はソロパートが ほっちゃん→ゆかりんで、サビのハモりもほっちゃんがメインに なってます。

2番の「君にめぐり会えてよかった」等の内容が、やまなこの2人の仲良しぶりが表れていて、良いです♪
そして、やまなこ とファン達の出会いにも、感謝!




3.「ごきげんよう、かしこ。」
  (マキシ「やまとなでしこ」収録)

「二股男を二人でやり込める」な痛快な内容が、とても弾けた感じの楽しい曲調で歌われています。
1番はソロパートが ほっちゃん→ゆかりん→ほっちゃん、2番はソロパートが ゆかりん→ほっちゃん→ゆかりんで、サビは両方とも二人で一緒に。

詞の内容が「やまな娘」ファンとしては複雑になりますが(^^; 本当に二人で楽しく会話しているかのようで、とにかく楽しくなれます♪
「ウ~イエ~!」等の掛け声や、ドリカンサービス(笑)とか、聞き所も満載です♪




4.「Merry Merrily」
  (マキシ「Merry Merrily」収録)
 
「輝く未来へ歩いて行こう、叶えたい夢の為」な内容が、ポップなアイドルソングで歌われています。最初から最後まで二人が同時に歌っているので、終始重なり合う二人の美声が、さらなるハーモニーを聞かせてくれてます♪

約1年振りに発売された、待望の2ndマキシ! オリコンでは 78位、ドリカンでは 13週ランクイン(7位→1位)で、しかもV4(4週連続1位)を達成!!

ちなみに「Merry」は「陽気な、愉快な、(笑って)楽しい」で形容詞、「Merrily」は「Merry」の副詞なので、「愉快で楽しい」な意味合いに。
とにかく、人生も愛も、とことん楽しみましょ~~♪♪

ジャケットは白い服の二人が、無数の白い羽が舞う中で優しく受け止めている写真で、まさに「天使」ですね~~♪♪
そして二人で仲良く羽を分け合う写真も♪



5.「Trust me,trust you」
  (マキシ「Merry Merrily」収録)

「君だけを信じているから守りたい、君を好きだから私を信じて」な詞が、歌いつなぐ感じのバラードで歌われています。
1番はソロパート&サビのハモり後が ほっちゃん→ゆかりん、2番はソロパート&サビのハモり後が ゆかりん→ほっちゃんで、ハモり以外は交互に。
Bメロ?のメイン&コーラスの部分が絶品!!

しっとりとしたバラードに二人の美しい歌声&ハーモニーが優しく響いて、心に染み渡ります・・・。
心の奥底から癒されます♪♪




6.「恋の天使 舞い降りて」
  (マキシ「Merry Merrily」、「ラブひなヴォーカル・コンプリート・ボックス 届け、私たちの歌(はぁと)」収録)

「恋の天使の魔法で、聖なる夜に告白したら叶うよ」な詞が、可愛らしい感じのアイドルポップで歌われています。
1番は最初のサビからゆかりんがメインで、ソロパートが ゆかりん→ほっちゃん そしてサビ
2番はソロパートが ほっちゃん→ゆかりんで、サビはほっちゃんがメイン になってます。


二人がずっと「歌いたい」と各誌等で言っていた"クリスマスソング"が、遂に実現!! 2000年の年末以来、ドリカンの「やまとなでしこの部屋へようこそ」コーナーの最初で流れてました。
鐘の音が入ってるのもクリスマス風~~♪

その 2000年のクリスマスに放送された「ラブひな X’mas Special -Silent Eve-」の挿入歌で、やまとなでしこがアニメキャラとなって、画面の中で歌ってます♪ しのぶ、カオラ、亜紀子達がこの歌を聞いて「噂」について語り合うシーンで、1番の途中まで。
「先に噂があって、歌にした」そうで、この話の中核!重要な歌だ~~♪♪
DVD版では「Chapter 世紀末の恋の噂」ですぐに見られて便利♪♪

うのまこと先生キャラデによるほっちゃん&ゆかりんが、本人に似てて とても可愛いです!!
アニメKC「ラブひな 10」でコミック化されてるので、こちらでも堪能出来ますね~♪♪




7.「アイドルになっちゃうぞ」
  (イベント「やまとなでしこファーストライブツアー ’03」)

3年振りに開催されたライブツアーで発表された新曲4曲の内の一つで、夏っぽいアイドルテンポで歌われてました。歌詞の「パッパッパヤッパ~」や「ん~~」萌え~♪♪
イメージ的には「キャ○ディーズ風」でしょうか?

遂に実現したファーストライブツアー。メロプリのテレホンサービスや「黒ネコ集会 Vol.2」で公表された時には、驚きと嬉しさで爆発しそうでした(ぉ
しかもまさかの新曲発表。本当にありがとうございます!!

初日(5月25日)の仙台から最終日の東京(6月29日)まで、聞く機会が7回しか・・・僕が参加したのは2回ですが。何回でも聞きたいです!
アルバムの発売希望~~!!!




8.「Na・de・shi・ko 探偵」
  (イベント「やまとなでしこファーストライブツアー ’03」)

新曲4曲の内の1曲で、かっこいい曲調で歌われてました。「颯爽と活躍する女探偵」な感じで最高~♪♪ 雰囲気としては探偵小説の「金田一耕助」や「明智小五郎」な?「闇夜を暗躍する」ような世界観は探偵物の醍醐味!!
イメージ的には「ピン○レディー風」でしょうか?

ツアーでは「やまとなでしこ探偵事務所 第1回 盗まれた新曲」も上映され、イベント内容の進行に合わせた展開が素晴らしいです。しかも各会場で犯人が違ったそうで・・・ファンサービスも完璧です(^^;
捜査はコントでしたが(爆笑)

映像では「盗まれた新曲」が2枚のディスクに分けて2曲ずつ発見されてました。と言う事は・・・
マキシ2枚での発売希望~~!!!




9.「Berry Very Good Love」
  (イベント「やまとなでしこファーストライブツアー ’03」)

新曲4曲の内の1曲で、チャールストンぽい?曲調で歌われてました。早いテンポでアイドルらしく♪♪ ステージ後ろのスクリーンにはサビの歌声に合わせて「Dance」とか「Love」が出てたり。
イメージ的には「おニャ○子クラブ風」でしょうか?

歌う時の衣装がまるで魔法少女のような・・・ゆかりんはアイドルが好きで「クリーミーマミ」もですし、ほっちゃんは「ダーティペア」で探偵好き。二人の「大好き」が実現したイベントでした~。
ラジオでもゆかりんの「いたずら黒うさぎ」と、ほっちゃんの「天使のたまご」で裏話が満載!

イベントのトークでも二人のラブラブぶりが伝わって素敵過ぎでした。各衣装もかわいかったですし、また見たいので
ライブDVDの発売希望~~!!!




10.「アチチッ」
  (イベント「やまとなでしこファーストライブツアー ’03」)

新曲4曲の内の1曲で、かなりのアップテンポでドライブ感のある曲調で歌われてました。一度聞いたら忘れられない程の印象で、Aメロから一気にサビへ突入する勢いに乗って、イベントでも盛り上がり最高潮~~!!
イメージ的には・・・やはり「高○由美子」さんの歌をもっと加速した感じでしょうか? ゆかりんの思い出の歌ですし♪

他にもカバー曲が Qlair(乙女塾)、Wink、氷上恭子さん&丹下桜さん(声優)で、t.A.T.u.(外国の女子高生コンビ)のイメージも PV風等で使われてました・・・
「いろいろなアイドルユニット」が網羅されてたようで?
ちなみに氷上恭子さん&丹下桜さんの「C・H・O・C・O」は TVA「トラブルチョコレート」のOP。ほっちゃんがミント役で出演してたり。征服少女(^^;

夢のような一ヶ月間を、本当にありがとうございました・・・!!
次はセカンドライブツアーの実現希望~~!!!




*.「doki doki」(ラジオ「脱!やまとなでしこ宣言」放送)

文化放送のインターネットラジオ「どっとあい」で放送された「脱!やまとなでしこ宣言」(2000.4~6月)にて企画され、ユニット名「ももいろ2」として歌われたそうで・・・。

当時はパソコンを持ってなかったので、この歌だけは聞いた事ないです(泣)




*. 「We Wish You A Merry Christmas」(ラジオ「超機動放送アニゲマスター」放送)

2000.12.23 にスペシャル企画として、ドリカンとアニゲが集まって歌った時、そのOP?として歌われた歌。二人がアカペラでハモっていて、とても綺麗です♪♪

「東京魔人學園」版よりは短くなってました。録音しておいて良かった・・・!




*.「Myself・Yourself」
  (「ANGELIC CONCERT Song Collection」収録)

「夢や未来に迷っても信じて、最後に自分を救うのは自分自身」な詞が、アイドル風の曲調で明るく爽やかに歌われています。
詞の内容、曲調、歌のパート分け等、「もうひとりの私」の別バージョンと言っても良いような??

とは言え、「歌:サフィ=スィーニー クリノン=リヴァーレ」との表記通り、この歌は「やまとなでしこ本人」ではなく「やまとなでしこが演じるキャラクターの歌」です。歌声もほっちゃんがサフィ、ゆかりんがクリノンのキャラ声風で、まさしく「キャラソン」。
もちろん、やまなこ。の美しいハーモニーは健在です♪♪ さすが~~♪♪♪

そもそも、ここまで狙いまくった(^^; キャスティングとは・・・メーカーの工画堂様、ありがとうございますっっ!!!

PC「エンジェリック・コンサート」の挿入歌で、最後の難関として登場します。「もうひとりの私」に比べると軽目の印象を受けますが、このゲームはプレイヤーがタイピングで編曲を付ける、リズムアクションゲームなので・・・

ぶいよん「ただでさえクリア出来てない(爆)のに、これ以上編曲を増やされたら・・・お手上げです(汗)」

恋愛ゲームでもあります♪・・・ううっ(泣)

ちなみに、このCDは PC「エンジェリック・コンサート」の同梱CDです。




*.「Myself・Yourself」
  (「エンジェリック・コンサート ボーカルコレクション」収録)

上記「Myself・Yourself」のアレンジバージョン。静かめの雰囲気だったのがメロディアスで音の響きも良くなっていて、まるで新曲のようです・・・ね!?
改めて歌い直してるのかどうか不明ですが、「5分12秒」が「4分54秒」になってる上に、最初の歌い始めのサビがほっちゃんのソロ!?
他はほぼ変更されてないのに、謎な?

このCDは PS2版とXBOX版への移植に併せて発売されましたが、ゲーム中で使用されてるのは上記の PC版の方です。
ちなみに僕はXBOXのハードを持ってないので(^^; PS2版のみプレイし、今度は EDまで見られました~!
やはりリズムアクションは「慣れ」が重要ですねえ・・・曲のリズム感も、キー(ボタン)も(ぉ




*.「風見学園校歌」
  (「ダ・カーポ玉2」収録)

6人での歌。朝倉音夢、天枷美春、白河ことり、水越眞子、水越萌、芳乃さくらの合唱。


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.