やっぱり「やまなこ」が大好き!

アンプラグドライブ

2000年6月24日(土) 生放送


冨・・・冨永みーなさん

ゆ・・・田村ゆかりさん

ほ・・・堀江由衣さん

伊・・・伊福部崇さん(放送作家)

鷲・・・鷲崎健さん(わしざきたけしさん・ギター演奏)

佐・・・おたっきい佐々木さん(パーカッション)

豊・・・豊口めぐみさん(パーカッション)

誤字はありません。全て本人の発言のままです。
演奏時は歌声、ギター、鈴、タンバリン等のみ。手拍子やコールは入ってません。




(TWO-MIXのドリカンジングル)




「Spring Spring Spring アコースティックバージョン」




冨「う~~!!」 (拍手)
冨「う~!と言うかフ~!と言うか」
伊「(笑)」
冨「フ~(低い声)と言うか」
伊「(笑)」
冨「ほっちゃんゆかり~ん!」


ゆ「イエ~!」

ほ「イ、イエ~!」


冨「やまとなでしこ『Spring Spring Spring』アン、プラグドライブバージョンでお届けしました。信じて頂けるでしょう!」
ゆ「うんうん」
冨「(笑)」
ほ「(笑)」
冨「ラジオの前の皆さん」
ゆ「て言うかみんな静かだからすごい緊張する」
冨「ね~」
ほ「緊張した!」
冨「でもとってもいい雰囲気で」
ゆ「う~ん、うん」
冨「え~、何かとってもいいわ~」
ほ「すごいドキドキしてる~」
ゆ「みんな、うしろを向いて下さい」
ほ「(爆笑)」
冨「何言ってんですか~!!」
ゆ「豊口さんも、佐々木さんも」
冨「ラジオの前のみんなももっともっと」
ゆ「鷲崎さんもうしろを向いて」

佐、豊(何か言ってるも聞き取れず)

冨「近くに、もっとラジオの近くに寄って下さいね~」

豊「二人の顔!」
佐「マジで」

冨「と言う事で今回は『やまとなでしこアンプラグドライブ』と題しましてやまとなでしこの、え、アコースティックライブ、お届けしています。え~ギターはですね、本業は警備と言う」
ほ「(笑)」
冨「鷲崎健(わしざきけん)さんに来て頂きました。よろしくお願いしま~す!」
ゆ、ほ「イエ~」 (タンバリンの音)


冨「え~宴もたけなわですが、二人からちょっとごあいさつして、下さい」


ゆ、ほ「せーの、今晩は、やまとなでしこ」
ゆ「の!」
ほ「です!」
ゆ「う~(泣)違った」
ほ「の!」

ゆ「田村ゆかりです!」
ほ「堀江由衣です!」
佐「イエ~!」(鈴の音)
ほ「(笑)」
豊「イエ~」
佐「イエ~」


冨「残念ながら今日最後の曲となりました」
ゆ「(笑)は~や~い!」
冨「(笑)」
ほ「早い!」
冨「それでは、お二人から曲紹介して」
ゆ「はい!」
冨「下さい」


ゆ、ほ「せーの、やまとなでしこで、『もうひとりの私』!」




「もうひとりの私 アコースティックバージョン」




ほ「ありがとうございました」
冨「フ~!フ~!」
ゆ「あ、ありがとうございました~」
冨「はいそれではやまとなでしこ」
ゆ、ほ「は~い」
冨「そしてですね、あの即興だったんですけども鈴、タンバリンなど、几帳面かつ」
ほ「あはは!(笑)」
冨「控えめな」
全員「(笑)」
冨「パーカッション担当のおたっきい佐々木さん」
佐「は~い!」
冨「ありがとうございました~」
佐「いえいえいえ、ちょっと遊びに来てたんで」


冨「そして」
ゆ、ほ「めぐ~、めぐ~」
冨「豊口めぐみさ~ん」
豊「は~い、おじゃましま~す」
佐「はい」
ほ「(笑)」
冨「ありがとうございました」


全員が口々に「ありがとうございました」


冨「あの~これが瞬部もちょっとずつうまくなってて」
ほ「(笑)だんだん何か、迷いが」
佐「どうし、最初迷いが、大分あった」
冨「(笑)あったけどね」
豊「どれくらい出していいのか」
佐「入れないほうがいいのかな」
豊「そうそう難しかった」
冨「私達も何かドキドキした時間だった」
豊「(笑)」
冨「何かいろんな意味でね」
ゆ「ドキドキした~!!」
豊「素晴らしい!」


拍手


冨「でもね~」
ほ「楽しかった~!」
冨「でも絶対、ラジオの前にいる人は、やまとなでしこの良さをまた一つわかってくれたと思うんだけど」
ゆ「このよちよち歩きが!」
全員「(笑)」
冨「とっても良かったです!」


冨「あのアコースティックライブと言う事で鷲崎さん、ありがとうございました」
鷲「わ、どうもありがとうございました~」
ほ「ありがとうございました」
ゆ「た~」
冨「ポアロポアロポアロポアロ」
鷲「ポアロポアロ」
ゆ「ポアロ~」
鷲「ポアロポアロポアロポアロ」
豊「(笑)」
ゆ「長~い」
鷲「こんな言っちゃっていん」

冨「アン、プラグドライブいかが(笑)でしたでしょうか~。来週はですね、いつものように」
ゆ「うん」
冨「『やまとなでしこの部屋へようこ』、そして『私のこだわりNo.1』をやる予定です」
ゆ「はい」

冨「こだわりのテーマはですね『好きな人へのこだわり』と言う事で、ちょっとわかりにくいかな。好きな人にこんな事をした、こんな事をされたと言う。もっとわかりにくくなりましたかね」

ほ「(笑)」
伊「(笑)」
冨「好きな人への思いを、え」
ほ「え(笑)」
冨「こだわりラブバージョンでお届けしたいと思います」
ゆ「あい!」
冨「え最後にまー、みんなにメッセージと言うか、アン、プラグドライブの感想をやまとなでしこからうかがいましょう」


ゆ、ほ「せーの、」
ほ「楽し」
ゆ、ほ「かったです!」


冨「あはは!(大笑)」
ゆ、ほ「ありがとうございました!」
冨「用意されてた?」
ゆ、ほ「うんうん?」
冨「CMの後はドリカンベスト5の発表です」


(TWO-MIXのドリカンジングル)


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.