1507760 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

バリコラ!

PR

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

バリ島de癒す【ヒーリング】

2010.01.25
XML
 

バリ島は島全体が地球上でも有数な巨大なパワースポット。

そのパワースポットの中に、より大きな力を秘めた特別なパワースポットが点在する。

 

その多くは寺院が建造されていたり、木だったり、水だったり、

スポットにはバリヒンドゥー信者が集まっているので、誰にでも存在がわかる。

 

パワースポットというと、エネルギーが降り注いでくるというイメージがあるけど、

エネルギーを受け止めるばかりでなく、

体に蓄積したネガティブなエネルギーを浄化してくれるパワースポットもある。

 

ウブドの町から30分ほど北へ上ると、

地元の人が利用する浄化のパワースポットがある。

渓谷の長く続く階段を降りてゆくと、聖水が滝のように流れ落ちている。

この滝の浄化作用が、ネガティブエネルギーを洗い流してくれる。

日本でも滝に打たれる修行があるように、

パワースポット内を流れる霊的な水が、クリーンな自分を取り戻す助けをしてくれる。

 

横たわった一人の若い女性が大勢の人に囲まれている。

女性はこの世のものではないような奇声をあげ、暴れまくる。

男連中が足や手を押さえ、動きを止め、

マンクー(僧侶)が杖のようなもので女性の頭を抑え、

マントラを唱えながらマジックを抜こうとしている。

聞くと、失恋した相手からブラックマジックをかけられた女性から、

マジックを抜こうと、聖なる水の力を借りて浄化しようとしている、という。

 

現代社会を生きていると、いつのまにか気がつかないうちにネガティブなパワーが体に溜まってしまうことがある。

そのネガティブエネルギーを抜くことができないと、

そのパワーが悪さをして、体調不良や不幸を招く結果になりかねない。

 

バリ人たちはネガティブパワーを抜く術を知っている。

その方法のひとつがここの滝である。

 







Last updated  2010.01.25 23:40:04
コメント(2) | コメントを書く


2010.01.20
 

バリの独自のカルチャーといったら、ひとつにヒンドゥー寺院が挙げられるだろう。

南の島に古から歴史に守られ、現在まで続いている寺院建築は

今もなお観光客を魅了してやまない。

 

観光客が訪れる多くの有名な寺院のひとつに、ここタマンアユン寺院がある。

ムングイというバドゥン県とタバナン県の境にある地域に忽然と姿を現す。

近隣に特別な観光地が無いせいか、ウブドからの帰り道に遠回りをして立ち寄るとか、

わざわざここを目指して行かないと、なかなか辿り着かない寺院だ。

 

でも、一度は尋ねてみる価値がある。

バリで2番目に大きな寺院という理由だけでなく、

他の寺院とは異なった、バリでは珍しくとても美しい寺院である。

敷地も芝生や池、蓮、木々で囲われ、整った公園のような趣がある。

 

寺院の周りは蓮池のお堀に守られて、寺院が穢れないようにバリアが張られている。

観光客は外歩道しか歩くことが許されないので、境内には立入ることができない。

 

しかし、周りからでも目の前にそびえ立つメグ(塔)に感動しない者は無いだろう。

荘厳ななかで奇数階の屋根を擁する空に向かって伸びているメグ。

大小あわせて10基のメグが空間を圧倒するように立ち上がっている姿は、

幻想的で、神の力を啓示するかのようにそびえたっている。

 

ウブド観光の後、タマンアユンに立ち寄って、夕日の時刻にタナロットまで足を伸ばす。

そんな一日観光で計画されてはいかがですか?

 







Last updated  2010.01.20 22:07:37
コメント(4) | コメントを書く
2009.11.11
インドネシアの公認五大宗教のなかに、勿論仏教は入っている。
バリヒンドゥー教と仏教は宗教の発祥の地が同じなので、
バリヒンドゥー教徒のバリ人にとって、仏教徒である日本人はとても身近に感じるらしい。

仏教徒のチャイニーズもバリに沢山住んでいるため、
宗教に欠かせない仏具を売っている店がデンパサールにある。

『ムティアラ・バリ』というのがその名称。
教本やお香、チベットシンバルや仏像等々、
外国の仏教寺院で見かける道具を沢山見ることが出来る。

今回訪ねた目的は、チベタンボウルを購入すること。
瞑想に使おうではないか、との意見からだった。

彫りのある物無いもの。
大きさもいろいろ取り揃えている。
選択でもっとも重要なのは形では無く『鳴り』。
一個ずつ掌に乗せて鳴りを確認してゆく。

バリのマンクーが祭事で使う鐘と同じものを持っていて、
それの『鳴り』たるものやとてつもなく響くもので、
それに匹敵するものをと、探している。

思っていた以上に全体に鳴りが薄い。
ようやく好みのものが見つかった。
鳴りは薄いが、温かみのこもった柔らかい音で鳴る。

このチベタンボウルの波動にチャクラが反応して、
どんなパルスを引き出すのか、楽しみだ。


Mutiara Bali
JL.Sutomo14A.Denpasar






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように

copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2009.11.11 21:02:24
コメント(7) | コメントを書く
2009.09.28
ジャパンヴィレッジ(日本人村)内のスパとヨガスタジオの完成を祝って、
満月の夕刻に、瞑想会が開催されました。
集ってくださったのは、在住の日本の方々ばかりで、
皆さん、こんな体験は初めてだったようです。

親友のRedyもアシスタントを連れて駆けつけてくれて、
彼が中心となって、瞑想会が始まりました。

まずは、隣に建立したお寺の神様にご挨拶。
これからこの地で瞑想を行う許しを請います。

チべタンボールやマンクーの持つ鐘の周りを木の撥でこすると、
えもいわれぬウワンウワンという和音がこだまして、静けさを突き破ってゆく。
広い地域をこの音で支配、制圧してしまうがごとく、
毛穴の隅々から体に入り込み、意識をどこか遠くへ飛ばされてしまうほどだ。

大勢の神様がやってきている。
Redyが言う。
ここの川に毎晩水浴びにやってくる、ビアンアユという神様も、
横座りになってこちらを見ている、という。

突然バトゥカウの山の神様が降りてきた。
ものすごく強く、ダイナミックな神様。
Redyの体に入り込み、瞑想を一緒にさせろという。
参加者一人ひとりを呼んで、悪いエネルギーを取り払う。
Redyに入ったバトゥカウの神様がそうさせているのだ。
人によってはとても長く、
頑なに住み着いたマイナスなエネルギーを取り払ってゆく。

全員の除去が終わり、今度はしばしの瞑想タイム。

耳にするものは、
川のせせらぎ、虫の声、竹笹を揺らす風。
ゆったりとした気持ちになって目を開くと、
そこには満月が輝いていました。

Redyの帰り道、車のエアコンが効かず、左のドアのパワーウィンドも上がらず、
途中でフューズを見たりしても原因がわからず、
家に着いたとたん、両方直ったそうです。
バトゥカウの神様が後部席に座って家まで一緒に来たようです。
エアコンが嫌いな神様が、エアコンを使えないように、
そして窓を開けさせて走らせたという落ちが、この瞑想会にありました。
とってもバリらしいと思いませんか。






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように


copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2009.09.28 21:19:33
コメント(5) | コメントを書く
2009.08.10
ジャパンヴィレッジの一番奥に、川が流れています。
川自体はきれいで、
ごみが浮いていたりヘドロが積もっていたりすることは無いんですが、
山から幾千もの田んぼに水を供給、回収して流れてくるために、
田んぼの土が混ざって薄っすらと濁っていたりします。
景観は渓流のような趣きなんですが、
日本の清流と呼ぶより南国の川といった風情です。

その川のすぐ上に蓮池を作りました。
最初は植えた蓮が育つ前に全滅してしまい、
それが大量に発生しているタニシ、アフリカマイマイ?が蓮を食べてしまうからと判明しました。
このタニシ、蓮の天敵のようです。

再度タニシを駆除して蓮を植えなおし、
やっと大柄な花が咲いてくれました。

蓮の花はお釈迦様と係わり合いのある縁起の良い花。
蓮池の隣にはスパ。
その隣にはパワースポットのお寺と、
誰もが清々しく感じる、気の流れの濃厚なエリアが完成されつつあります。

特別な空間をプロデュースするのはとても楽しいものです。
バリ人のその土地にまつわる言い伝えや宗教観を参考にし、
スピリテュアルな感性をお持ちのかたのご意見を尊重して、
それなりの形を創り上げてゆく。
なんだかとてもバリらしい仕事と感じています。

バリで仕事をさせていただく。
バリに住まわせていただく。
その通行手形を頂くための、儀式のようなものを楽しんでいます。






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように

copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2009.08.10 18:47:21
コメント(6) | コメントを書く
2008.12.06
バリ島という世界の中でも別格のエネルギーが詰った島に、
引き寄せられるように世界中からやって来た貴重な石たち。
石が自身をより磨く為か、よりエネルギーをチャージしたいがためか、
石の運命がバリに導かれたのか・・・・

人間の体には、尾底骨から頭の先まで七ヶ所のチャクラが存在し、
チャクラは、私たちにエネルギーを供給する大切な「エネルギーポイント」になっています。
チャクラは七層のオーラと繋がっていて、
チャクラが受けて活性化した宇宙エネルギーを七層のオーラに送り込み、
私たちはそのオーラといわれる何層ものヒューマンエネルギーフィールドによって、
心と体のバランスを取り、いつも健康でいることが出来るのです。

チャクラの位置は気功でいう「経路」(気が溜まる場所)、針灸の「ツボ」に当たります。
七つのチャクラが放つエネルギーの色がオーラの色となります。
七つのチャクラは、七層のオーラとつながっています。
それぞれのチャクラは、オーラの色にも関連し、私たちの感情、思考、精神にも関係してきます。
チャクラのエネルギーが不足したり活性されなくなると、肉体、精神に不調をきたします。
体に変調をきたすと、その前にオーラに”ゆがみ”が出るといわれています。
また、ケガや事故に遭遇した場合でも、その前にはオーラに変化が現われると言われているほど、密接な繋がりがあるんです。

7個の石があります。
それぞれが第一チャクラから第七チャクラに対応しています。
エネルギーをたっぷりと注入したこれらの石は、瞬く間に弱ったチャクラにエネルギーを浸透させることができます。
石の波長とチャクラの波長が合うと、音叉(おんさ)のように共鳴してバイブレーションし、不思議な力を発揮すると言われます。
そして七つのチャクラのバランスを取る働きをするのです。

どれだけのパワーがあるか実験してみました。
相手と相対してリラックスしてもらう。
相手の片方の腕を下に引く、と、体がバランスを崩し、引いた方に当然倒れます。
次にチャクラストーンを片手に握り締めてもらい、同じ事をする。
するとどうでしょう。殆ど体が固まったように動かない。
石からのエネルギーがチャクラに伝達され、肉体に届いたからなんです。

また片手にチャクラ・ストーンを握り締め、反対の手に持った電球を高い位置から落としてみる。
コン・コン・コンと、ピンポン球のように弾んで、ガラスが割れない。
チャクラ・ストーンのパワーが物質にも作用して、より強靭に変化させたからです。

私たちがパワーストーンに愛着を覚えるのは、美しい色合い、輝きだけではなく、パワーストーンがチャクラを活性化してくれるということを、潜在意識の中で知っているからでしょう。
パワーストーンはそのための石でもあるのです。
しかも特別にバリのエネルギーをたっぷりと注入したこのチャクラ・ストーン。
生きてゆくうえで、最強のお手伝いをしてくれる、魔法の石のようです。
バリだからこそ生まれる事の出来る、神秘的な石ですね。






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように

copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2008.12.06 14:17:10
コメント(8) | コメントを書く
2008.10.08
バリの濃厚な『気』と『エネルギィ』は、
世界中のヒーラーから注目を浴びていて、
毎年のように充電に、開発研鑽に訪れるヒーラーが後を絶たない。
そんな地域柄、桁外れの能力を持ったヒーラーがバリには数多くいらっしゃる。

バリ人とジャワ人のハーフに生まれた『Redy Supradianto』 もそのひとり。
彼の宗教はイスラム教だが、宗教に垣根はないといって、
正装してバリヒンドゥーのお寺にお参りするし、仏教の寺にも造詣が深い。

もともとアメリカや南米、欧州で永い間仕事をされていた世界観から、そんな信念が生まれたのかもしれない。
元々スピリテュアルな能力を持ち合わせていたようですが、
開花してきたのが数年前。
今も日々勉強していると、とても謙虚なヒーラーなんです。

バリでは『バリアン占い』なるツアーが行われていて、
占い=未来の吉凶を判断・予想すること
当るも八卦当らぬも八卦的な『占い』一言で済まされているようだけど、
彼の場合、見えたままを語ってくれるので、占いとは異なります。

先日、Redyに合うのは2回目と言う友人が再び守護霊を見てもらったら、
最初とまるで同じ事を言われたのでビックリしていた。
Redy自体、友人の顔の記憶はあった様だが、いつ会ったかすらも記憶していないのに。
だから脚色ナシ。
人によっては『黒いベールに覆われていて全く見えない』と言う場合すらある。
よほどエネルギィがダウンしているのだろう。
その場合は、ベールを取り除く事から始めなければならなく、クリアになるまでに時間もかかるけど、彼も力を貸してくれる。

そんな彼が毎週火曜日、水曜日、木曜日のエネルギィの強い曜日に,『ウブド・プレミアム』でカウンセリングをしてくださる事になった。
英語やインドネシア語が堪能な方はそのまま直接、
通訳が必要な方は優秀なインドネシア人の通訳をお付けします。

バリ島にいらして、エネルギィの強い空間で、新しい自分を発見してみませんか?
もうひとつの心に残る想い出になること請け合いです。






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように

copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2008.10.08 17:52:51
コメント(12) | コメントを書く
2008.07.23
インドネシアは寛大な国家である。
国民の大多数を占めるイスラム教ばかりでなく、
カトリック、プロテスタント、ヒンドゥー教、仏教と
国家が五大宗教を認めている。
その反面、この中のいずれかに必ず属していなければならず、
日本人のボクたちもヴィザの書き換えや免許書の更新の際には必ず5大宗教の内のどれかを書かなければならない。
信仰の自由とはいえ政府公認の5大宗教のうちいずれかを信仰しなければならないことから無宗教というのは認められない。
インドネシアでは共産党が非合法化されており、「無宗教=共産党」と考えられているためである。
『俺は無宗教論者だ』なんて威張っていると、バリでは人間扱いされないのでご用心ご用心。

宗教がそれだけあると教会もそれなりにある。
仏教徒が一番の少数派ではあるが、クタやタンジュンべノアにお寺はある。
今回はデンパサールにあるインドネシア語で『KONGCHO PURA TAMAN GANDA SARI』 英語読みで『KWAN KONG BIO』 漢字で『關公廟』に行って来ました。

インドネシア人の坊さんが寺を護っている。袈裟を着て坊主頭で何だか不思議な光景。
神様が大勢いらっしゃる。お参りの順番を伺った。
まずお布施を箱に入れて、一束の線香を箱からいただく。
ペットボトルに入ったオイルを一瓶、
ロウソクを取り出し、ロウソクを灯す場所で火を点ける。
そのろうそく火で線香に点火し、番号順にお参りをしてゆく。
一番から順番に番号が振ってあり、神様の名前が書かれた札が貼ってある。
そこで決められた本数の線香とオイルを灯火に注ぎ、次の神様へと進んでゆく。
最後の番号まで進み、これで終わったかと思いきや坊さんが裏にもあるから行って来いと言う。
裏に行って驚いた。
本来なら仏教の開祖であるお釈迦様が裏に祀られていた。






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように


copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2008.07.23 17:21:53
コメント(8) | コメントを書く
2007.10.09
以前はバリというと、ガムランやリンディック、縦笛のCDが主流だったFineStageのCD販売も、
最近はだいぶ方向が変わってきました。
スパやバリニーズマッサージのサロンに使うせいか、
癒し系の音楽がCD販売の主流になりつつあるんです。

此処の所、俄かにそれ風のタイトルのCDが多くなってきて、
お客さんからの問い合わせも多岐にわたってきています。

バリで仕入れるCDも、癒し系はまだまだ少数派のため、専門的なショップは皆無だから、
いかに安く、種類を持っているショップを探すかがポイントになってきます。

デンパサールに『イスタナ・ミュージック』というCDショップが有ります。
ここがお眼鏡に叶う、仕入先なんですよ。
今まで一通りの癒し系CDの品揃いはあったんだけど、この前仕入れに行って見て驚きました。
需要が多いのか、大きなポスターを、しかも日本語で書かれたポスターを、
店の真ん中に貼ってあったんですよ。
それだけ日本の社会の方向が『癒し』に向いているという事なんでしょうか?

この店の良い点は、在庫数が豊富にあるという事。
『これを10枚』なんて頼み方をしても、2階のストックルームからしっかりと希望の枚数を出してきてくれます。
あっちこっち回ってCDを一枚ずつ仕入れるなんて、大変だからね。
まして空港で買ったら、売るくらいの値段になっちゃうし・・・・

皆さんがお持ちのCDが、このポスターの中にありますか?
FineStageが取り扱っていないものもたくさん載っていてビックリです。
まだまだこれから癒し系CDは増え続ける事でしょうね。







バリがだ~い好きな人はココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように

copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2007.10.09 20:20:31
コメント(20) | コメントを書く
2007.06.19
バリアンはバリ島を離れるとその能力がなくなってしまう。
よく言われていることだ。
バリの中だからこそ出来るバリアン占い。
バリまで足を延ばさなくては、占いは受けられない。

でもね、『バリショー』でバリアン占いが実現しました♪

しかも占い師は人気の高い『ラノ』さん。
彼は以前日本に来たときに、こんな逸話を残しています。

『あの、白装束で頭に三角の布を着けた人は何なの?』

バリとは習慣やの異なる向こうの世界を日本でも見ているようです。
神社や仏閣を参拝しても、場所や歴史の説明は不要で、総てを理解しているようです。
そう、彼はバリから離れて日本に来ても、その能力は衰えないのです。

バリショー横浜ではラノさんのために特別な空間を設営して、彼の能力が充分発揮できるような環境を整えます。
土曜と日曜に、先着順で占いをさせていただく予定なので、
ご希望の方は早めにお越しくださいね。

今週末、横浜で会える生ラノさん、
デジカメの用意をお忘れなく、ネ♪


バリがだ~い好きな人はココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように







Last updated  2007.06.19 12:18:06
コメント(31) | コメントを書く

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.