1507247 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

バリコラ!

PR

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

バリ島de買う【その他】

2009.07.03
XML
中国の人は風水や縁起物に非常に敏感だ。
日本でもその風習が大陸から渡ってきて、
玄関に植える木は、これは良くてこれはいけないなどと、
真剣な顔をして語っているお年寄りがいる。
中国4千年の歴史から培われた統計学が海を渡って日本に根付いたものなんだけど、
中国の影響を少なからず受けているバリでも、そのよう言い伝えは結構あるようだ。

最近言われたのは、
ブーゲンビリアは庭に植えてはいけない。
パパイヤも庭に植えてはいけない。
というもの。

理由はわからないけど、とにかく運気が良くないそうだ。
次から次に実を付けるパパイヤは、浪費するという意味があるのか、
飢えた人が勝手に敷地に入ってパパイヤを盗もうとして物騒だからなのか、
真意の程は定かでない。

運気というと、バリにはこれを置くと運気が上がるという植物もある。
名前は忘れたけど、蘭を栽培しているような環境で大切に育てられている観葉植物。
バリにあっては恐るべし、なんと一鉢数万円のお値段で取引されている。

運をお金で買うのが良いことなのかどうかは解りませんが、
これを買う余裕のあるお金持ちは、
きっと座っていてもお金がお金を生んでくれる、
そんな大金持ちに違いありません。

こんな道端に生えていそうな葉っぱが数万円するとは・・・・
これを見てどう思われますか?






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように

copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2009.07.03 19:01:45
コメント(6) | コメントを書く


2009.06.05
バリではしょっちゅう警察による一斉検問がありますよね。
特にバイクが狙われやすい。
無免許運転から不携帯、期限切れまで、
取締りをする度にそれなりの成果が上がるんでしょう、
頻繁に、あちこちで行われています。

警官と目が合ったら最後、
道路の端に寄せられて、免許書、車検証拝見となるわけです。

それを防ぐ、という訳ではありませんが、こんなヘルメットが登場しました。

これを被っていると、あの上から目線の警察官ですら、ひるんでしまう程のインパクトがあります。

対向車も一瞬現れたモンスターのような風体に、
思わずブレーキを踏んでしまうほどです。

フルフェースでできているんですが、
強度の程は定かではありません。
検問逃れに、
あるいは日本へのお土産に、
ちょっといたずら心で購入するのも、楽しいかもしれませんね。






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように

copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2009.06.05 18:36:09
コメント(6) | コメントを書く
2009.03.23
日本人はそれほど意識はしていないみたいだけれど、
バリって、世界中の人から見ると最上級高級リゾートと考えられていて、
他のリゾート、例えばハワイなどを抜いて常に一位の座を確保しているらしい。
なので世界中のセレブや有名人がバリに集まってくる。
日本からは時差がほとんどなく直行便まで利用できる恵まれた環境だけど、
それでも遠いと贅沢を言う日本人がいらっしゃる。
でも他の諸国の人たちから見たら、日本は好条件に位置にあると思う。
極上を求めて欧米人が飛行機を乗り次ぎ、長時間をかけてまでわざわざやってくる価値が、バリにはあるんです。

ボク達とはまるで縁遠い別世界の有名人が気楽に住んでいて、
ひょっとしたら知らないうちに町ですれ違っているかもしれませんね。

現存するアーチスト(美術家)で作品の評価(お値段)がナンバーワンの【ダミアン・ハースト】もここの住人です。
仕事の場はニューヨークやヨーロッパですが、その間はバリに滞在しています。

【ダミアン・ハースト】についてお勉強してみましょう。

ダミアン・ハースト1965年7月7日 生まれ。

イギリスの現代美術家である。
ヤング・ブリティッシュ・アーティストと呼ばれる、1990年代に頭角を現してきたコンテンポラリー・アーティストの中でも代表的な存在である。
ダミアン・ハーストは、有名なイギリスの美術コレクター、チャールズ・サーチに見出され、
死んだ動物、薬品瓶などを作品に使用して生や死を省察するスタイルが、賛否両論を呼び、一躍有名になりました。
最近の作品はスカルにダイヤを埋め込んだもので、
ダイヤモンド総数8,601個、カラット総数1,106、
頭蓋骨の額に一粒52.40カラットの巨大ダイヤモンドが埋め込まれて、
制作費36億円が投入されたという。
売値120億円。

これが現存しているアーチストの中で、最も高い評価が付いた作品として有名です。


このダミアンがよく海山にくるんですよ。
今、輸入規制の為にバリではお酒が手に入らなくって飲食店からは悲鳴が出ています。
海山の例に漏れず、特に日本酒が足りません。

ダミアンが来ると『酒、入った~』が口癖で、とても日本びいきなんです。
なので皆さんがお食事をしているかたわらに、有名人がさらっと座って居ても、ちっとも不思議じゃないバリなんですよ。
ちなみに名前は忘れちゃったけど、現存する世界第二位のアーティストも海山のお客です。

どうですか?
何気に訪れているバリ島って、じつは評価のとても高い島なんですよ。
ちょっと考えを改めて、優遇されている日本人を実感したいですね。






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように

copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2009.03.23 18:09:38
コメント(2) | コメントを書く
2009.03.06
アジアン雑貨の宝庫、バリ島。
世界各国から影響された想像力と、土着の文化、手先の器用さがコラボレーションされて、
『これぞアジアン雑貨』と誇れる作品を生み出している。

バイヤーにとっては、おびただしい種類の雑貨の中から何を絞り込んで品揃えするかがキーポイントで、
絞り込んだ商品を買いつけ、発掘する為には本来、
バリ島中、もしくは近隣の島までも訪れなくてはならないほどの労力が必要となる。

滞在時間が極端に短く、隈なく雑貨を仕入れる事が出来ないバイヤーや、
バリ島でのレジャーが主目的で、ついでに雑貨を購入するバイヤーにとって、
お手軽なのがここ、『UNAGI』だろう。

消失されたクンバサリー・マーケットからクロボカンに移動してまだ日は浅いが、
世界中からのバイヤーが仕入れに訪れている。

大型倉庫を改装した店内に入ってビックリ、
どこかの自動車メーカーのスペアパーツの格納庫のように整理された環境で、
ものすごい数の商品が陳列されている。

一階と2階に通路を挟んで棚がうず高く設置され、
ひとマスごとに種類の異なった製品を在庫する念の入れよう。
イカットハンガーだけをとっても、30メートルほどの通路の両脇は、おびただしい数のハンガーで埋め尽くされ、サイズ、柄、大きさ、色と、どんなパターンにも対応されていて、
『これッ』って言うのに巡りあう可能性はとても高い。

商品には店員しか理解できないコードナンバーがついていて、いちいち聞かないと値段がわからない。
その値段もイチゲンさんや素人さんと大量買付けのバイヤーとでは割引率が異なっていて、
ここでも値切りの交渉力が必要となる。

実際に製造している工場から直接買い付けるのと、この『うなぎ』で買うのとは、値段に格差があるのは当然だ。
物によっては数倍のコストが違う事もあるかもしれない。
それでも楽をして仕入れをしたい方にとっては、便利な大型雑貨コンビニであるに違いない。






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように

copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2009.03.06 17:05:53
コメント(10) | コメントを書く
2009.02.20
バリフリーク2月号のフリーク&フリークで『UBUD PREMIUM』を大きく取り上げていただきました。
忙しい観光客にとって、また面倒くさがりの方にとっても、ウブドプレミアムに行くと一箇所でおみやげがまとめ買いが出来るからとても便利とご好評をいただいています。

開店して3ヶ月経過し、今回少しながらリノベーションをいたしました。

外に割れ門を配し、
店内には等身大のバリニーズカップル、
2mもあるラクササ像(いずれも軽いFRPで出来ています)
を展示販売しています。

またウブドで有名な、アパレルの『チタチタ』さんが新しく参加していただけるようになりました。

ULUのケラミックも充実して、300円から買えるバリの匂いぷんぷんの陶器は、バリ旅行の想い出に、おみやげにいかがでしょうか?

特価品として
自家製『ノニカプセル』60錠入り10万ルピア。
925シルバー・ガムランボール携帯ストラップ10万ルピア。
も充実しています。

また、ダンボール一箱100ドルで日本何処でも送れる宅配サービス、
レディのライフカウンセリング(要予約)も大好評です。

これからますます目が離せないウブドプレミアム。
バリ島にお越しの節は、ぜひお立寄りください。






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように

copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2009.02.20 18:28:47
コメント(7) | コメントを書く
2009.01.29
少し前まで、誰がこのような異常な円高を想像しただろうか?
バリでビジネスをしていると円とルピアの交換レートの目安を75くらいに置いていた。
バリで常に必要な通貨はルピアなので、
日本から送金したり持ち込んだりした場合、75の目安で動いていたし、75を基準に予算を建てていた。

しかしそれがアッと驚く90になり、
一呼吸おいた後100を超え、
ピークで120を超えた。

円安の頃は75なんて当たり前だった。
1万円で75万ルピアの両替だ。
しかし今現在(1月20日)
1万円で121万ルピアが手元に来る。
以前に比べて円が1.5倍強の貨幣価値になったという事だ。

これは大きな買い物をすればするほどお得になる。
例えば1000.000.000ルピアの住宅を購入しようとした場合、
以前は1333万円必要だったのが、
現在では820万円で済むと言う事だ。
500万円強も得した計算なんですよ。

いつまで続くか底知れぬ円高。
今はバリに旅行に行くチャンスです。
いくらバリは物価が安いからお金を使わないと言っても、
円高の恩恵は確実にあるはずです。
バリに不動産をお持ちになろうと計画されている方にとっても、千載一隅のチャンスに違いありません。

株や投資で資産が目減りすることに危惧する位なら、バリへの不動産投資をお考えになるのも円高基盤があるからこそです。






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように

copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2009.01.29 18:03:31
コメント(10) | コメントを書く
2008.12.27
バリで見かける大きな看板や、お店にあるポップ、ポスターの果てまで、
デジタルプリント真っ盛りです。
もうアナログで看板を描いている姿はめっきりと見なくなりました。

パソコンに画像や文字などのデーターを入力しサイズを決め、プリントする素材を選択すれば、後は機械が自動的にプリントしてくれる。
ビル一棟ほどのプリントも可能なんですって。

本業の自動車アクセサリー部門で、今、【2シータースポーツカー】を製作しています。
来年の初めに幕張メッセで行われる『東京オートサロン』でお披露目予定なんですが、
この車のコンセプト・キャッチコピーの垂れ幕をデジタルプリントでお願いしてみました。
長さ2mを超える屋外用のビニール素地(クオリティとしては中間くらい)に印刷していただいて1200円でした。

流れとしては日本でデザインを作りデーターとしてCDに焼いて現地に持ってゆきます。日本語のフォントが読み取れないのでJPEGなどの画像でもってゆくと良いでしょう。
勿論画像やレイアウトを考えたものを持ってゆけば、その場でデザイナーが形に仕上げてくれます。

今回お願いしたのはサンセットバイパスとイマンボンジョル交差点に有るJaya Printingというお店。
データーを渡し、パソコンで確認している間に素材を決め(平米いくらと標記してあります)サイズを確認したら、お金を支払う。
これだけで明後日には出来上がりなんですよ。

日本で看板を作ろうとしたらものすごく高いじゃないですか。
多分この垂れ幕も10倍くらいはするんじゃないかな?
観光だけではなく、バリはいろいろな使い道が残されていますよ。






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように

copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2008.12.27 16:08:49
コメント(12) | コメントを書く
2008.12.15
バリでお買い物をすると、ちゃんとしたお店なら凝ったショッピングバックに商品を入れていただけます。
紙の質や大きさ、色、取っての部分と、
それぞれ独自にデザインをお考えになって作っているようです。

ショッピングバックを一番簡単に造れるところは、JL.ナクラに何軒かあります。
シルクスクリーンといって、昔の謄写版みたいに一色ずつ色を重ねて印刷してゆきます。
袋は全部手作り。
紙の裁断、印刷、糊付けと、人が総ての作業をこなしてゆきます。
なので、こういう場所で袋をオーダーすると、
最低注文枚数が少なくても喜んで受注してくれます。

もう少し量が必要とか、クオリティを高くといった場合、
印刷を専門的に請け負ってくれる業者に依頼する事になります。

このお店『ii’MO』もそのひとつ。
紙袋だけでなく、名刺やブロッシャー、日本の自動車アクセサリーのパンフレットまで、ここでオーダーしています。
早ければ1~2週間で仕上げてくれるので、滞在中に出来上がるのでとても便利です。

こんな業態のお店はバリ島に沢山あります。
供給過多?と思えるほどなんですが、それでも皆さん忙しそう。
それだけバリは印刷の需要があるということなんでしょうね。
オーナーやスタッフもバリ島の外から来た人が大勢いらして、
自分達のスキルを生かす場所としてのバリ島は、絶好の土地なんでしょうね。

日本でお店を展開なさって、バリでこういった備品を揃えている方も結構多いようです。
日本と比べたらコストが大分違いますものね。






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように

copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2008.12.15 19:04:06
コメント(2) | コメントを書く
2008.12.12
バリには有名どころのスーパーマーケットがいくつかありますね。
皆さんはどこがお好きで、よく行かれますか?

デンパサールなら断トツ、ティアラデワタという方が多いでしょう。
サヌールならお値段他に比べては高いような気がするけど、ハーディーズ。
クタではマタハリ、スーパーノバ。
レギャン・スミニャックではビンタンでしょうか。

まとめ買いならカルフール。
マクロ。(もうすぐカルフールになるようですが)

それぞれのお住まいや滞在地域で、よく行かれる馴染みのスーパーが自然と決ってきますね。

日本と違ってバリのスーパーは、定番商品でもお値段が随分違うように思えます。
えっ、2倍もするの!って、断トツ高いのは、サヌールのハーディーズだと感じますが、いかがですか?

スーパーの楽しみは何と行っても品揃えの豊富な事。
何軒かのスーパーをハシゴすると、商品展開の特徴を感じますよ。
そしてもうひとつは営業時間が長い事。
ウブドでさえ、ビンタンスーパーマーケットは朝8時から夜の10時まで、ノンストップ営業です。

ウブドの早い夜が更けて行って、ポツリポツリと消灯される中、
煌々と光を放っているビンタンスーパーマーケットが、とても逞しく感じられます。

地元をもっと良く知る為の旅の寄り道はスーパーで。
いつもそう思っているボクは、旅に出るとその国のスーパーを必ず覗いてみます。
お国柄がしっかり出ていて、めずらしいものや、意表をついたものに度々出会えます。
観光巡りも良いけれど、深夜まで営業しているスーパーは、観光の後にも寄れるので、に必ず逝ってみてくださいね。
日常の生活感を通して、バリの置かれている立場が、とてもよく理解できますから。






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように

copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2008.12.12 19:20:12
コメント(6) | コメントを書く
2008.12.08
以前ご紹介をした【ウブド プレミアム】
前回の取材が帰国寸前だったので、くわしい画像がアップできませんでした。

各ブースごとの写真等を撮りましたので改めてご報告します。

場所はジャラン・デウィスリと言って、レギャンにある大きな道に面しています。
ひとつの建物にウブドプレミアムを挟んで左にSisiさん、右にSalju美容院があります。

ガラスのドアを開けて入ると、まずアジアン家具・石調パネル・ULUケラミックが展示されています。
家具やパネルはお持ち帰りになれるばかりでなく、日本のご自宅までお届けすることが出来るサービスもあります。

ULU(ウル)ケラミックは、チャナンやメガムンドゥンというバリらしいデザインをモチーフにしている、ウブドの人気店です。
ジェンガラとは異なったバリ色の濃い陶器は、日本に帰ってからもきっと、想い出の逸品になることでしょう。
300円台から商品があるので、おみやげには最高ですね。

視線を右に移してゆくと、バリのTシャツといえばココ、Barubangun(バルバングン)のコーナーです。ウブドでも売すじの商品のみが陳列されています。
手染めなので量産がきかずに、品薄になる商品ばかりです。

その後ろはウブドのトリマーのお店nyoDog(ニョドッグ)。
日本でお留守番をしているワンコにバティックのバンダナやパロディおもちゃをおみやげにいかがですか?

陳列棚の右手に移動すると、ウブドならではの少しスピリテュアルな匂いのする商品が顔を覗かせてきます。

まずはPuss(プース)。
人気のガムランボールがお腹の中に入っていて、揺するとシャリンシャリンと心地よい音を奏でてくれるバティック柄の熊。
天然石をあしらって心に響くように作られた数珠(ブレスレット)。

お隣はRu~Ce(ルーチェ)
人気のオリジナルデザインのシルバー・お姫様ペンダントをはじめ、カランガッセムで作られたクレイソープが充実。美白には最高の石鹸でしょう。

次はウブドでも有名なナチュラルソープのお店TRUTH(トゥルース)。
石鹸のなかでも売れ筋のフェイシャルソープが驚きの700円。一度使ったら病み付きになるほど、超人気商品です。しかもパッケージにトンボ球をあしらっていてとてもカワイイ商品です。

そしておみやげといったらJepun Bali(ジュプン・バリ)。
最高級でパッケージの愛らしいお香の売れ筋商品が並んでいます。
おみやげで数を多く買わなければならない時に、最適の商品。150円にはとても見えない、もらった人からも絶賛される商品です。

今現在、ウブドの有名店が、売れ筋商品を携えて出店していただいています。
ウブドへ行くチャンスがなかったり、滞在時間が少なくてお店に行き当らなかったりした時は、とても便利です。

更に毎週火・水・木(要予約)の3日間、バリ島のパワーによるスピリテュアルカウンセリングを行っています。既にいくつかの奇跡が起こったと聞いています。神々の島バリで、日本では味えない体験をしてみませんか?

ウブドプレミアムに行くには、タクシーなどの交通機関をお使いください。
Jl.DewiSri#7.Legian-Kuta
0361-762689






バリをもっとメジャーな島に!ランキング参加中ココ押してくださいね♪

バリがいつまでもステキな島でありますように

copyrightアジアン家具雑貨finestage






Last updated  2008.12.08 19:21:13
コメント(4) | コメントを書く

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.